柏市 野球肩の予防ストレッチ

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 野球肩の予防ストレッチ

次の症状に心当りのある方は、もしかすると「野球肩」かもしれません。

・投球などの動作で肩を動かすと痛い

・肩を上げる途中で痛みを感じる

・手のひらを返すと痛い

・腕を90度挙げた状態を長く維持できない

・野球をしており、投球しすぎると痛い

・野球をしており、変化球を多く投げる

野球肩とは、何も野球選手だけに起こる症状ではありません。

水泳、バレーボール、テニス、アメフト、ハンドボール、陸上のやり投げなどの肩を大きく振りかざすスポーツ全般で発症します。

原因については、一概にはいえませんが、肩を繰り返し酷使するもの、そしてフォームの悪さなどが考えられます。

【野球肩を発症しやすい年齢・年代】

どの年代でも発症の可能性はあります。

しかし、その中でも発症しやすい年齢としては、筋肉や腱、その他の組織が成長段階にあって、不完全である幼少期、思春期のお子様に多く発症する傾向があります。

お子様は、あらゆる機能が柔らかく、付着する腱の牽引によって損傷を受けやすいのが原因です。

成人の場合では、肩関節の柔軟性が低くなる事が原因で、加齢や運動不足、ストレス、血行不良などが原因として考えられます。

【野球肩の予防ストレッチ】

野球肩は、一度なってしまうと治療に長い期間を要しますが、毎日の丁寧なストレッチで症状が緩和できることもありますので、この機会に覚えておきましょう。

特に、毎日ハードに運動をしている方、今後も長く運動を続けたい方、運動能力を落としたくない方は、必見です。

・肩を内側にひねる

野球肩の代表的なストレッチで、プロのアスリートも取り入れる方法から紹介します。

まず、正座します。

この状態から、両手を前に伸ばし、上体を倒します。

このとき、肩を内側に入れるようにして、30秒キープします。

次に、腕を斜め45度方向床上に伸ばし、腕を内側にひねり肩を入れながら上体を倒します。

30秒キープしたら左右同じように行ないます。

・上体そらし

上体をそらしたり、胸を張りながら、筋肉の柔軟性を高めることで野球肩の改善に効果的です。

うつ伏せの上体から両手を床につけて、上体だけを持ち上げ、腰をそらします。

腹筋が伸びている事も意識しながら、そのまま30秒キープしましょう。

今度は、まっすぐに立ちます。

両手を後ろで組み、左右の肩甲骨を寄せるように、腕を持ち上げて胸を張ります。

そのまま30秒キープしましょう。

・投球前のストレッチ

次は、運動をする直前にお勧めのストレッチです。

両手を上げ、投球する側の肘を曲げ、反対の手で肘を頭の後ろに引き寄せて、30秒キープします。

そのまま体を横に倒し、わき腹、肩周辺の筋肉をさらに伸ばしましょう。

30秒キープしたら、左右同じように行ないます。

ストレッチは、無理に反動をつけてはいけません。

呼吸を整えながら、ゆっくりとした動作で、筋肉の伸縮に意識することが大事です。

運動前後のストレッチを丁寧に行なうことで、野球肩だけでなく、あらゆるスポーツ障害の予防へと繋がりますよ。

柏市 野球肩の予防ストレッチなら、ほっと整骨院」にお任せください。


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME