お知らせ

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 上腕骨外側上顆が炎症

 [記事URL]

上腕骨外側上顆が炎症を起こすテニス肘

テニスで肘が痛む場所は外側・内側・肘頭(肘の先)の3ヵ所です。
テニスのラケットの振り方にはフォアハンドとバックハンドがあって、フォアハンドは肘の内側に負担をかけますし、バックハンドは肘の外側へ負担をかけます。
実はテニスで肘を痛めるケースでは、フォアハンドよりもバックハンドの方が圧倒的に多くて、そのため肘の外側(上腕骨外側上顆)の痛みのことをテニス肘と呼ぶのです。
つまり、上腕骨外側上顆が炎症を起こすことで痛くなる症状と言えます。

では、どのような原因によって炎症を起こしてしまうのかというと、手首を使い過ぎているからで、手首を使い過ぎると肘に負担がかかってしまうからです。
肘の外側には、長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・指伸筋・小指伸筋・尺側手根伸筋など、たくさんの筋肉がくっついていて、これらの筋肉はまとめて伸筋群と呼びます。
手を開いたり手首をクイッと反らしたりするような動きをする時に使用する筋肉で、特に手首を反らす動作がポイントになります。
この手首を反らす動作は伸筋群を結構使うため、それにより伸筋群が疲労してその負担が肘の外側にかかってくるのです。

手首を反らすような動作は日常生活で頻繁にやってないし、テニスもしていないので発症することはないと考えてしまう方もいます。
しかし日常で手首を反らすような動きはあふれている動作で、字を書く・PCを操作する・洗い物をする・草を抜く・鍋を振る・洗濯物を干すなどたくさんあるのです。
その為、仕事や家事が忙しい人も発症する可能性がありますし、実際テニスをしていなくてもテニス肘で悩んでいる人が少なくありません。

テニス肘になってしまったらどうすれば良いのかというと、治し方には保存療法・アイシング・ストレッチ・痛み止めの注射などが主なものとしてあります。
まず、できる限り肘に痛みが出ないように生活することが一番大事なことで、その為には腕をなるべく使わないといった保存療法が大切です。
痛みが生じてしまう動きは肘にダメージを与えていることなので、そのような時は安静にして体の回復を高めてあげることを心がけると良いです。
炎症で肘に熱を感じるような場合には、患部を氷などで冷やすアイシングをするのが一番で、10~15分を目安に1日3~5回程度やると効果的です。
ただ注意が必要なことは、冷湿布はアイシングとしての効果がないことを理解しておくことです。

手首を反らして手首を酷使すると腕の筋肉が硬くなって、肘に負担をかけて発症する原因になるので、硬くなった筋肉をストレッチで伸ばしてやると良くなります。
病院で痛み止めの注射をしてもらうことも対処方法として考えられますし、鎮痛剤や湿布を処方してもらうことも悪くはありません。
ただ根本原因となる腕の筋肉は放置されているため根本的な解決にならない可能性が高いので、痛み止めの注射などはあくまでも対処療法と理解しておくことが大事です。
ただ発症しないことが最も大事なので、手首を使い過ぎないように工夫することは、治療につながる最善策とも言えます。

 

柏市 上腕骨外側上顆が炎症なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


<症例>腰の痛み、足のしびれ 柏市60代男性

 [記事URL]

Fさんは、現役でお仕事をされていて、

ゴルフの愛好家でもある方です。

数年前から腰の痛みを感じており、様々な治療を受けたにも関わらず、

痛みが取れない状態が続いていたそうです。

最近は足のしびれも感じ始め、長く歩けない「間欠跛行」のような症状に悩み、

ご来院いただきました。

初回の施術は、うつ伏せになるとしびれが出てしまうので横向きで行いました。

骨格の調整と、筋肉の調整を行いました。

2回目も同様に体全体を整えて終了。

この時点では症状の改善は芳しくなく、筋肉をほぐすので少し楽かなという程度でした。

 

3回目の施術では背骨と仙骨の調整を行いました。

その施術で劇的な症状改善が見られました。

「夜間の痺れが消失し、ゆっくり寝られるようになった。」

「かがむことがスムーズに行えるようになった。」

ということでした。

 

その後も仙骨周りの調整と筋肉をほぐすテクニックを用いて施術。

6回以降には体の状態が大幅に変わりました。

間欠跛行の症状がなくなり、長時間のウォーキングができるようになり、

仰向けで寝られるようになったそうです。

(それまでは足の違和感で横向きでしか寝られなかったとのこと。)

また、ゴルフの練習が思い切りできるようになり、

フルスイングしても脚にしびれが出ない。

ワンラウンド問題なくすることができ、ゴルフを楽しめると喜んでいらっしゃいました。

「(某有名)整形外科に1年半も通ってダメだった。針や様々な整体も受けたが

全く効果がなく、悪くなる一方だった。

わずか1か月でこんなに体が良くなるなんてびっくりだ。」

と、驚いていらっしゃいました。

現在は、ファズブレードで筋膜リリースを行いながら

全身の調整を行っています。

 

 

 


柏市 棘上筋腱炎

2017-10-01 [記事URL]

野球肩は総称で実際の診断名は意外と多く存在している

ボールを投げる動作から投げ終わった後に発生する肩の痛みが野球肩で、特に野球をしている人に多く発症することからこの名称で呼ばれています。
その為、野球以外のハンドボール・アメリカンフットボール・バレーボール・陸上の槍投げなど、肩に負担がかかる可能性が考えられるスポーツにも起こりうる症状なのです。
特に10~17歳のジュニア世代に起こりやすくて、原因としては投げ過ぎによる過度な負荷が多くの割合を占めているのですが、場合によっては一回の動作による負担で発症することもあります。
ただ肩が非常に複雑な構造になっているために、様々な病態が混合して症状を引き起こすことが多くて、なかなか正確な診断名をつけることが困難ということもあるのです。
その結果、総称して野球肩と呼ばれることが多いという現状もあるのですが、痛める場所や原因などによって様々な医学的な名称がつけられていて、実際の診断名というのは意外と多く存在しています。

その主なものとしては、棘上筋腱炎・上腕二頭筋長頭腱炎・インピンジメント症候群・滑液包炎・上腕骨骨端線傷害(リトルリーグショルダー)・腱板損傷・腱板断裂・関節唇損傷・肩甲上神経麻痺などです。
先にも触れましたが投げすぎなど過度な負荷が原因として考えられていますが、単にそれだけでは無くて投げる瞬間に肘が下がっていたり、無理に肘が捻られたりしていることなども原因になっているのです。
また成長期に重なりやすく筋が完成していない段階で何度も間違ったフォームで投げてしまうと、どうしても負担が蓄積されて肩を痛めてしまいます。
特に、肩甲骨周囲の筋肉・靭帯・回旋腱板(ローテーターカフ)が炎症して、肩の動きを妨げてしまいます。

この野球肩の半分以上はインピンジメント症候群であるといわれています。
インピンジメントというのは衝突・挟み込みといった意味の言葉で、肩の動作時に何らかの原因により、骨と骨の衝突や筋肉の挟み込みを生じて障害を起こして発症します。
初期の症状としては、投球動作などで肩を挙げた時に肩に引っ掛かり感や痛みなどの症状を感じる程度ですが、悪化すると日常生活にも支障をきたしますし、安静時や夜寝ている時にも痛みが起こってしまいます。
また、インピンジメント症候群も障害が起こる場所によって、いくつかの種類に分けられて、その中で最も発症頻度の高いのが肩峰下インピンジメント症候群です。

ちょうど肩の先端にある硬い部分の肩峰と呼ばれる骨の突起部分が肩甲骨にあって、腕を挙げる動作をすると腕の骨である上腕骨が肩甲骨の肩峰と呼ばれる部分の下を通ります。
その上腕骨と肩峰の間には、肩のインナーマッスルと言われる棘上筋と、関節の滑りを良くする役割を持っている肩峰下滑液包と呼ばれるものが存在します。
腕を挙げる際に、この棘上筋と肩峰下滑液包が上腕骨と肩峰に挟まれることにより症状を起こするのが肩峰下インピンジメント症候群です。
その名称の通り肩峰の下で衝突・挟み込みが生じて起こってしまうもので、最も発症頻度の高い症状ですから知っておくと参考になります。

柏市 棘上筋腱炎なら、「ほっと整骨院」にお任せください。

 

 


柏市 有痛性分裂膝蓋骨

2017-09-30 [記事URL]

歩行や運動に支障をきたす有痛性分裂膝蓋骨

通常、分裂膝蓋骨の分裂部分は外側に多くみられて、特に外側広筋付着部の上外側部分で分裂しているものが多いです。
また2分裂するだけではなくて、3分裂やそれ以上の多分裂というケースもあります。
分裂膝蓋骨の原因については、現段階では解明されていませんが、先天性異常・後天的癒合不全・外傷性癒合不全など諸説があって、多様的な原因があると考えられています。
ただ分裂膝蓋骨は必ず障害を引き起こす症状ではなくて、臨床上問題として考えられているのは、疼痛や機能障害を生じる有痛性の有痛性分裂膝蓋骨だけです。
疼痛や機能障害により歩行や運動に支障をきたす疾患で、成長期の男子に多く見られる障害です。

有痛性分裂膝蓋骨の発症原因については、先に触れたように特定されていませんし、多様的な原因があると考えられています。
その中でも、骨の成長過程に起因するところが大きいと言われているのです。
膝蓋骨は成長軟骨より骨が形成される元となる部分の小さな骨核と、大部分の成長軟骨から始まって、成長する共に徐々に成長軟骨部分の骨化が進行して成人と同様の形に形成されていきます。
この過程において上外側に発症する確立が高いのは、成長軟骨部分の耐久性が劣るためで、外力に対する抵抗力が完成された骨と比べて物理的に脆弱なためです。
また膝蓋骨の上外側には大腿四頭筋の腱が付着していて、その大腿四頭筋の外側広筋の張力の影響を受けやすいといった環境下にあるため骨形成が部分的に阻害されてしまうからと考えられています。

この考えを裏付けているのは、治療方法のひとつとして外側広筋や外側支帯という腱を一部切離する処置して、膝蓋骨の上外側にかかる筋肉の張力を除外すると、疼痛が消失したり分離した部分の癒合が起こったりするなどの改善が見られるからです。
ただし、様々な分裂タイプがあることから、膝蓋骨の形成過程でその他の因子が影響していることも考えられるので、はっきりと断定することはできません。
有痛性のものに限っては、外傷やスポーツによる過剰負荷など何らかの外力が加わることにより、分離骨片と膝蓋骨本体の間を繋ぐ軟骨や線維を損傷し症状が発生することが多いです。
しかし、スポーツなどを誘因として起こるものには、分裂部分の境目の軟骨を中心に骨折や疲労骨折を生じた症例もあって、膝蓋骨骨折と診断されることもあります。

有痛性分裂膝蓋骨の治療ですが、運動を中断して安静にしていると疼痛は軽快するので、基本的には安静が必要と考えられます。
ままスポーツなどの負荷で癒合不全が発生していると考えられるものについては、癒合促進のために低周波や超音波療法が実施されます。
ある程度疼痛が消失後は、分裂部分に負担がかからない運動だけ許可されて、運動中は患部をテーピングやサポーターなどで固定することになります。
ただし、3ヶ月以上経過しても症状に改善の傾向がみられない場合は、分裂骨片の摘出・分裂骨片の接合・外側広筋や外側支帯の切離などの手術が行われます。

 

柏市 有痛性分裂膝蓋骨なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


<症例>膝の痛み 柏市50代男性

 [記事URL]

膝の痛みでご来院いただいた50代男性のKさん。

1年半もの間整形外科をいくつも受診し、それでも痛みの軽減にはつながらず、

何とか良くなる方法を、と模索していたそうです。

HPで当院を知り、来院されました。

ここでは、筋膜リリースの手技「ファズブレード」を用いて

膝の関節周りに直接アプローチするとともに、

体のバランスを整えていく施術を行いました。

 

初回の施術で膝の可動域が広がり、Kさんもあまりに軽くなった膝にびっくりされていました。

2回目に来た時には、靴を履くときや動いた際の痛みが取れているとお話しくださいました。

 

「一年半も悩んだのが嘘みたいに良くなってきていて、ビックリしています。

このまま全快するまで続けて、走り回れる身体を取り戻したい。

少し前はもうだめかと思っていましたが、今は希望が湧いてきました。」

と、嬉しそうにおっしゃっていました。

まだ2回の施術ですが、劇的に違和感や痛みが変化してきました。

これからも継続して施術していくことでさらなる改善が期待できます。

これからも一緒に頑張っていきましょうね。


月刊ゴルフダイジェスト掲載記念!!

 [記事URL]

皆さんこんにちは。

柏市重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院です。

本日9月21日発売の月刊ゴルフダイジェストに

ほっと整骨院榎本先生が掲載されています。

 

108ページエクササイズ特集で取材を受けました!

月刊ゴルフダイジェスト掲載記念!!ということで、

「ゴルフダイジェストを見た」そして「ゴルフで80めざしてます!」とおっしゃっていただいた方、

通常10800円のGL整体を「半額の5400円」で提供いたします。

 

今月9/31までの記念特価です!!

ゴルフをされる方、腰痛の方、この機会に当院にいらしてください!

 

ご予約のお電話お待ちしています。

 

 


柏市 アキレス腱に痛み

2017-09-10 [記事URL]

アキレス腱炎は在宅治療で治る可能性は高いけど

ふくらはぎの筋肉と踵をつないでいるのがアキレス腱で、この腱を使うことでジャンプ・歩く・走る・母指球で立つなどが可能になるのです。
ただ、走ったりジャンプしたりするなど激しい身体活動を続けると、アキレス腱に負担がかかって炎症を起こすこともあって、これをアキレス腱炎と言います。
ほとんどの場合は自宅で簡単に治療することができますが、在宅治療で治らない場合は医師に相談することが大切で、悪化すると腱を断裂することにもなりかねないので注意が必要です。
主な症状は、歩いたり走ったりするときの痛みや踵の腫れですが、その他にもふくらはぎの筋肉が引っ張られたり、足を曲げようとした時に可動範囲が限られるなどの症状もあります。
また、踵の皮膚に触れると異常に温かくなっていることもあるのです。

アキレス腱炎の原因として考えられることは過剰な運動ですが、運動とは関係のない関節リウマチや感染症がリスクをもたらすこともあります。
ただ、最も多い原因は繰り返しアキレス腱に負担をかける運動で、その要因となるのがウォーミングアップなしで、本番の運動を急に始めることです。
また、運動や身体活動でふくらはぎの筋肉に繰り返し負担をかけることや、すばやく止まり方向を変えることが必要なスポーツをすることも要因になります。
それから、古い靴や足に合わない靴を着用することやハイヒールを毎日履くことも要因の一つになるのです。

治療法としては、まずは身体活動を制限することで、その上でふくらはぎの筋肉のストレッチ体操や強化をします。
また、運動後や痛みがある場合には患部を冷やす、足を高い位置に上げて腫れを低下させる、ブレースや圧縮される弾性包帯を着用するなどもあります。
それから、必要に応じて踵が動かないようにする激しさの少ない別のスポーツに変更することを検討することもあります。
治療しないまま放置すると病状が酷くなって、アキレス腱断裂のリスクが非常に高くなりますし、修復に手術が必要になることもあるので注意が必要です。

治療と共に大事になることは予防で、アキレス腱炎のリスクを軽減するためには、治療でも触れましたがふくらはぎの筋肉のストレッチ体操を行うことです。
日々の活動をスタートする前にストレッチを行なうことで、機敏さが改善してケガをする可能性が減少します。
一般的にアキレス腱をストレッチする場合には、背筋を伸ばして起立して踵を地面につけたまま体を前かがみにしますが、痛みがある場合には医師と相談する必要があります。
また、できる限り突然の動きで踵やふくらはぎに衝撃を与えるような動作は制限するべきで、それにより発症のリスクも少なくなります。
それから女性の場合には、ハイヒールから平坦な靴に履き替えることも大切ですが、急に履き替えるとアキレス腱に痛みを感じることもあります。
その為、徐々にヒールの高さを低くするのがベストで、そうすることで腱がゆっくりと伸ばされ動きの範囲を広げていくことができます。

柏市 アキレス腱に痛みなら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 シンスプリントの症状

2017-09-01 [記事URL]

疲労骨折に至る可能性も考えられるシンスプリント

すねの内側の下1/3に痛みが発生するシンスプリントは、正式には脛骨過労性骨膜炎という診断名になります。
脛骨に付着している筋肉が運動で繰り返し伸び縮みすることにより、脛骨の表面の骨膜を引っ張るために炎症が生じて発生します。
走ったりジャンプしたりすることで繰り返しかかる負担が原因で発症する疾患で、部活を始めたばかりの人やランニングを始めたばかりの人に起こりやすいといった特徴があります。
また15歳前後のスポーツをしている女性に多くみられる傾向にあることも特徴のひとつです。

シンスプリントの症状は4つに分類することができて、ステージ1は痛みはあるけど軽い運動をすることで消失する、ステージ2は軽い運動で痛みは消失するが運動後に再度痛みが生じるのです。
ステージ3は日常生活には支障はないけど運動中に痛みが生じる、ステージ4は局所の痛みが常にあって日常生活にも支障をきたすのです。
このように初期の段階では運動の後にすねの内側に違和感が起こる程度ですが、少しずつ症状の悪化と共に運動時にも痛みが出現します。
またステージ1や2の段階では、運動に支障がないために発症を見逃してしまうことも多くて、そのまま放置して運動を続けると悪化してスポーツが困難になったり日常生活に支障がでたりします。
それから痛みを我慢して運動を続けていると疲労骨折に至る可能性も考えられて、そうなると長期的な治療が必要となるため注意が必要です。

発症する原因の一つは足のアーチが機能していないです。
足には衝撃を吸収したりバランスをとって安定させたりするのに重要となるアーチと呼ばれるものが存在していて、分かりやすいのが土踏まずの部分で内側縦アーチと呼びます。
この内側縦アーチが機能しないと本来果たす役割の運動時の衝撃を吸収できなくなって、脛骨にストレスがかかり発症しやすくなります。
また、このアーチの機能不全により膝・腰・肩などにケガを起こす原因になることもあります。
2つ目の原因は踵の骨が傾いているで、踵の骨が内側に傾いているのを回内足、外側に傾いているのを回外足と読んで、これも発症を引き起こす原因になるのです。

3つ目の原因はシューズが悪いで、靴のクッション性が乏しいと足への衝撃が強まるために発症する可能性が高まります。
4つ目はアスファルトでばかり走るで、硬い路面を走るとすねに衝撃がくるので注意が必要です。
5つ目はスパイクで走ることで、サッカーや野球のスパイクで長時間ランニングすることも負担になるので望ましくありません。

シンスプリントの治療は、原因がオーバーユースなので、基本的に痛みが生じている場合は安静にすることが大切です。
また筋肉や骨膜に炎症が起こっている状態なら運動後にアイシングが重要になりますし、患部を温めるホットパックや超音波などの温熱療法をするのもおすすめです。
重症化すると疲労骨折に至る可能性もありますが、できる限り手術は行わずに、こうした保存療法で経過を見ることが多いです。
それから原因となっている筋肉の硬さや働きを改善することも大切で、ストレッチや筋トレで筋肉の質を高め完治を目指します。

柏市 シンスプリントの症状なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 腰痛 腰のこわばり

 [記事URL]


柏市 左側の腰の痛み

 [記事URL]


柏市 上腕 肩の痛み

 [記事URL]


柏市 交通事故による首 腰 ふくはぎの痛み めまい

 [記事URL]


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME