新着記事

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

<症例>腰の痛み、足のしびれ 柏市60代男性

 [記事URL]

Fさんは、現役でお仕事をされていて、

ゴルフの愛好家でもある方です。

数年前から腰の痛みを感じており、様々な治療を受けたにも関わらず、

痛みが取れない状態が続いていたそうです。

最近は足のしびれも感じ始め、長く歩けない「間欠跛行」のような症状に悩み、

ご来院いただきました。

初回の施術は、うつ伏せになるとしびれが出てしまうので横向きで行いました。

骨格の調整と、筋肉の調整を行いました。

2回目も同様に体全体を整えて終了。

この時点では症状の改善は芳しくなく、筋肉をほぐすので少し楽かなという程度でした。

 

3回目の施術では背骨と仙骨の調整を行いました。

その施術で劇的な症状改善が見られました。

「夜間の痺れが消失し、ゆっくり寝られるようになった。」

「かがむことがスムーズに行えるようになった。」

ということでした。

 

その後も仙骨周りの調整と筋肉をほぐすテクニックを用いて施術。

6回以降には体の状態が大幅に変わりました。

間欠跛行の症状がなくなり、長時間のウォーキングができるようになり、

仰向けで寝られるようになったそうです。

(それまでは足の違和感で横向きでしか寝られなかったとのこと。)

また、ゴルフの練習が思い切りできるようになり、

フルスイングしても脚にしびれが出ない。

ワンラウンド問題なくすることができ、ゴルフを楽しめると喜んでいらっしゃいました。

「(某有名)整形外科に1年半も通ってダメだった。針や様々な整体も受けたが

全く効果がなく、悪くなる一方だった。

わずか1か月でこんなに体が良くなるなんてびっくりだ。」

と、驚いていらっしゃいました。

現在は、ファズブレードで筋膜リリースを行いながら

全身の調整を行っています。

 

 

 


<症例>膝の痛み 柏市50代男性

 [記事URL]

膝の痛みでご来院いただいた50代男性のKさん。

1年半もの間整形外科をいくつも受診し、それでも痛みの軽減にはつながらず、

何とか良くなる方法を、と模索していたそうです。

HPで当院を知り、来院されました。

ここでは、筋膜リリースの手技「ファズブレード」を用いて

膝の関節周りに直接アプローチするとともに、

体のバランスを整えていく施術を行いました。

 

初回の施術で膝の可動域が広がり、Kさんもあまりに軽くなった膝にびっくりされていました。

2回目に来た時には、靴を履くときや動いた際の痛みが取れているとお話しくださいました。

 

「一年半も悩んだのが嘘みたいに良くなってきていて、ビックリしています。

このまま全快するまで続けて、走り回れる身体を取り戻したい。

少し前はもうだめかと思っていましたが、今は希望が湧いてきました。」

と、嬉しそうにおっしゃっていました。

まだ2回の施術ですが、劇的に違和感や痛みが変化してきました。

これからも継続して施術していくことでさらなる改善が期待できます。

これからも一緒に頑張っていきましょうね。


症例<肩の痛み>

 [記事URL]

症例<肩の痛み>70代マスターズスイマー

70代の男性Nさんは、若いころからずっと競泳の選手をされています。

現在は年代別でタイムを競うマスターズ水泳の選手でいらっしゃいます。

全国記録保持者でもあり、リレーは世界記録を作ったこともあるという経歴。

セサミンのバタフライを泳ぐCMに出演もされています。

長く運動を続けてきただけあって、ご自身の体のことは敏感で、

ケアの重要性も認識なさっていました。

そんなNさん、5年間も肩の痛みと格闘していたそうです。

「大会のスケジュールは決まっている、リレーの選手になっている、

仲間の手前みっともない泳ぎはできない」

そう思って、痛みを隠しながら練習・大会をこなしてきたそうです。

Nさんが何もしなかったわけではありません。

整形外科でのブロック注射、ヒアルロン酸注射、針、マッサージ、整体。

良い鵜と聞けばどこでも行ってみたそうです。

けれど、痛みが引くことはなく、

どんどん肩が上がらなくなってしまったそうです。

3月の大会出場時にとうとう腕が上がらなくなり、

泳ぎも崩れ、タイムも出ず、肩の痛みは増し、

もう選手は難しいのではないか、水泳はやめようかと考えたそうです。

当院には紹介でいらっしゃいました。

どこに行ってもダメだったので、あきらめ半分でいらっしゃったそうです。

施術前、右腕は肩のラインまで上がらず、肩を回すこともできませんでした。

股関節を調整し、身体のケアを行ってから、

肩はファズブレードの手技を用いました。

すると、施術後は両腕が上がり、痛みも大幅に軽減されました。

肩の可動域が広がりスムーズに動かすことができるようになったのには、

Nさんだけでなく、スタッフ一同びっくりしました。

3回目の施術終了後には日常生活では全く問題がないくらい

症状が改善されました。

腕も上がるし、まわるようになり、

首回り肩甲骨も正常に動かせ、問題はなくなってきました。

ただ、泳ぐ動作(特にバタフライ)は力を入れると痛みが起きるということで

継続して施術を受けていただいております。

「これまでの施術との違いに興味と期待を抱いています。

 この施術に望みを託します」と、Nさん。

新たな記録を樹立できる健全な体に治るまで、がんばっていきましょう!

私たちも、Nさんの水泳人生が輝くものになるよう精一杯お手伝いいたします。


症例<運動による腰痛・足の痛み>

 [記事URL]

症例<30代男性 運動による腰痛・足の痛み>

30代男性、ゴルフのドライビングコンテストの選手の方です。

急な腰痛と足、特にふくらはぎの痛みでこちらにいらっしゃいました。

身体を鍛え、ゴルフ以外の運動もされるスポーツマンです。

自身の体の状態にも敏感で、お体のケアも大事にされてきたそうです。

急な腰の痛みにびっくりし、

整体・ハリ・マッサージなどいいと言われるものは何でも受けたそうです。

けれど、あまり芳しい効果がなかったそうです。

当院のほっとアスリートボディプログラムのことを聞いて来院されました。

当院では体の調整、筋肉の状態ケア、運動療法の他に

「ファズブレード」という手技を行っています。

Uさんにもこちらの施術を受けていただきました。

受け終わってすぐに、

「すごい!動く!」とビックリされたのが印象的でした。

「今まで受けたことがない施術で、

こんなにすぐ効果を実感する施術は初めてです」とおっしゃっていました。

実際、身体の状態を確認してみると、

腰も肩も可動域がぐっと広がり、

ご自身が思っていた以上に身体が動いていたようです。

痛みもなくなっていたことをとても驚いていました。

「痛くないし、可動域は広がるし、肩はまわるし、腰の心配もなくなった。

 足は疲労感が無くなって、こちらも全く痛くない」

そんな風におっしゃっていただきました。

その後。体のケアとして何度か施術を受けていただいています。

「この施術があると無理をしても安心なんだよね。逆に施術を受けないことが心配になってくる感じ」とおっしゃっていました。

「運動をしているアスリートにとって、

パフォーマンスがあがるこの施術はお勧めですよ。

ファズブレードを受けないでいると

体の動きが心配になるくらい効果は大きいですよ」

と、Uさん。

アスリートの皆さん、是非この施術を試してみてください!


症例<柏市腰痛股関節痛・痺れ>50代女性

 [記事URL]

症例<柏市腰痛ー股関節痛・痺れ>50代女性

Kさんは、HPを見てご予約された患者様です。

スマートで小柄な体形と、

丸顔でくりっとしたはっきりした目元の、

本当にお若く見えるおきれいな方でした。

でも、その表情は暗く、覇気がなく、ご病気のようにも見えました。

お話を伺っていくと、5年前に右の足の指の骨折、

右足首の捻挫というお怪我をされたそうです。

その後、骨折は治り、捻挫も良くなってきたにもかかわらず、

足の痺れに悩まされるようになったということです。

現在は両下腿ともにしびれが出ており、股関節・腰の痛みにも苦しみ、

立っていると突然力が抜け、崩れ落ちてしまうことがあるということでした。

歩くことに自信が無くなり、

だんだんと外出できなくなり、気持ちも沈んでいったそうです。

5年間痛みとしびれになやまされてきたKさん。

何もしなかったわけではありません。

骨盤調整、トリガーポイントへの針治療、ブロック注射、

薬物療法、整体、そして整形外科。

沢山のところに通われたそうです。

でもどこに行っても改善が見られず、悩みは深くなるばかりだったそうです。

「どこを受診しても1ミリも変化がないんです。

腰や足を揉まれても全然良くならないんです。

このまま一生治らないのかもと思うと、本当に辛いんです」

そうおっしゃっていました。

一回目の施術時に気になったことは、左右の足のサイズの違いでした。

明らかに右のほうがサイズが大きい。

確認していくと、足のアーチが崩れて

足首にも負担がかかっているようでした。

入念に足回りの調整をし、全体をほぐして施術を終えました。

するとKさんが、

「立つのが辛くない。立てる!」と本当に喜ばれました。

2回目も同様な施術を行いました。

3回目は股関節の可動域を見て、右側の開きが悪かったため、

その調整を中心に行っていきました。

すると、3回目の施術を終えた時に、

「すごい、しびれがない!こんなにしびれを感じないのは5年ぶりです。」

と、とても喜ばれたのが印象的でした。

5回目の施術の時に、

「昨日はこの5年の中で一番体の調子が良かったです」

とおっしゃっていました。

Kさんは現在も通院されています。

現在初診から3週間。

いい状態になるのですが、やはり時間とともに

痛みとしびれの症状が少し出るそうです。

でも、5年も苦しんだ痛みとしびれが、

短期間に改善したことにKさん自身が驚いていました。

その表情は明るくなり、肌はすべすべでほほに赤みが差し、

すっかりお元気になられたご様子にスタッフ一同、

本当にうれしく思いました。

現在は筋肉の状態の調整だけでなく、

冷えの対策・自律神経を整える取り組みも行っています。

これからも完全治癒を目指し、がんばっていきましょうね!


症例<柏市腰痛ー急な痛み>40代女性

 [記事URL]

症例<柏市腰痛ー急な痛み>40代女性

急な腰痛でお越しいただいたKさん。

当院の近隣にお住いのKさんのご両親も、

スポーツをしている甥っ子さんも当院をご利用いただいております。

「昨日から急に腰に違和感があって、骨盤がずれている気がするんです。

体の動きもぎこちなくて痛くて、整体を受けたいんです。」

と、ご来院いただきました。

筋線維が切れている腰椎捻挫(ぎっくり腰)は、痛みは緩和するけれど

完全に治るのは筋線維が修復された時なので、

痛みはしばらく続きます。

そのことをご案内して施術に入りました。

ぎっくり腰の方ほど腰を痛がっていないこと、

体の動きが ぎっくり腰の方ほどぎこちなくないことから、

骨盤と股関節の関係に重点を置き、体を調整していきました。

うつ伏せになっていただくと左右の骨盤の高さが違い、

足の長さも、右足のほうが左足に比べ2センチも長くなっていました。

背中、太ももの硬さを取りながら筋肉をほぐし、

骨盤と股関節を調整しました。

Kさんの症状は、骨盤と股関節の周りの筋肉が一定箇所だけ

張りが強くなり、縮んだことで

骨格をゆがめてしまった状態でした。

ぎっくり腰に至らなくてよかったなと思いました。

施術後、まだ右側の筋肉が引っ張られるような違和感は少し残ったものの

痛みや骨盤の違和感はなくなり、

1回の施術で終了となりました。

Kさんには 骨盤の位置がズレてしまう生活習慣を見直し、

インナーマッスルを鍛える運動をお勧めしました。

ひどくなる前に相談に来てもらうことで、

腰椎捻挫(ぎっくり腰)など

重症化することなく改善することが可能です。

ほっと整体院・整骨院が

どんなことも相談に来てもらえる場所となれば幸いです。

Kさんは、お子さんたちと今後体幹トレーニングを始める予定です。

腰痛を起こさない健康な体作りをしていきましょう!

重症腰痛専門院 ほっと整骨院 ☎04-7197-1235


症例<柏市腰痛ーぎっくり腰>中学生Mさん

 [記事URL]

症例<柏市腰痛ーぎっくり腰>中学生Mさん

ぎっくり腰の症状で2度来院いただいたMちゃんの症例です。

Mちゃんのお母さん、Sさんがこちらに通院されていたこともあり、

「Mちゃんが急に腰が痛くて歩けない」

とSさんから連絡をもらったときはびっくりしました。

当時小学校6年生だったMちゃん。

翌日に吹奏楽部のコンテストを控えており、

何とか動けるようにということでいらっしゃいました。

動きの確認をしてみると、肩から背中、

腰までがガチガチに固まってしまっていました。

まず、熱をもった部位を冷やしていきました。

刺激に弱いタイプなので、少しの動きでも痛がります。

出来るだけゆっくりとソフトに、身体を動かすようにしながら

筋肉をほぐしていきました。

一番の原因は背中の筋肉の張りだったようで、

背中と肩がほぐれると、腰の痛みも軽減していきました。

テーピングをして、翌日のコンテストは無事出演できたそうです。

その日から3日間連続で通ってもらい、体全体をほぐして整え、

ストレッチと体幹トレーニングを覚えてもらいました。

ちょうど成長期で、体のバランスが日々変わる年代です。

また、Mちゃんは、少し筋肉量が少なく、やせ形でしたので、

骨格を支えるためには適度な筋肉が必要なことを説明し、

運動をするように伝えて施術終了となりました。

2回目に来院いただいたときは、Mちゃんは中学一年生になっていました。

前回同様にぎっくり腰で歩けなくなってしまっての来院でした。

その痛がり様がすごかったそうで、

痛めた当日は総合病院でレントゲンなどの検査を受けたそうですが、

骨の異常もなく、内臓系の病気もなく、

痛み止めと張り薬を処方されたということでした。

こちらでは、1年前と同様に背面の筋肉の張りを取る施術を行いました。

その時も、筋肉の緊張をほぐすことで症状は軽減し、施術は1回で終了。

翌日からは普段通り学校にも登校できたそうです。

ぎっくり腰は大人の症状と思う方が多いと思います。

子どもはならないと思っている方が多いと思います。

そんなことはありません。

主に筋肉に負荷がかかった状態を続けることで、

腰痛(ぎっくり腰を含む)で来院する小学校高学年から中学生も多いのです。

この年代だからこそ、

きちんとした施術、そうならない予防が大事になってきます。

「子供だから大丈夫」というわけではありません。

当院ではお子さんへの施術も承っております。

重症腰痛専門院 ほっと整骨院 ☎04-7197-1235


症例<我孫子市腰痛>40代女性

 [記事URL]

症例<我孫子市腰痛>40代女性

当院のチラシを見て来院いただいたNさん。

我孫子市から車でお越しいただきました。

長引く腰痛(鈍痛)で、様々な検査をしたけれど、異常が見つからず、

整形外科では痛み止めと湿布を処方されたそうです。

「腰の鈍痛がいつも取れず、気持ちもおちこんでしまうんです。

家事も仕事も腰が痛いために思うように動けず、困っているんです。」

動きを確認したところ、体をそらす動作があまりできませんでしたが、

側屈もでき、腰の状態はそんなに問題ではなさそうでした。

ベッドでうつ伏せで施術を行いました。

臀部と太ももの全面が異常に硬く、そのあたりを重点的に

筋肉を弛緩させる施術を行っていきました。

すると、1回の施術で、腰の痛みが収まり、痛みも取れてしまいました。

2回目に来ていただいたときに、

「1回目の施術以降、腰の痛みが取れて、びっくりです。」とNさん。

2回目は体全体のバランスを整え、

3回目は臀部と太もものストレッチの仕方を指導し終了となりました。

「腰痛の原因が太ももの張りだったなんてびっくりです。

どこに行っても腰の検査ばかりで、

ほかに原因があるなんて考えもしませんでした。

こんなにすぐに楽になるなんて、長く悩んでいたのがもったいなかったです。

早く来て施術を受ければよかった。

今まで、様々なところで受けた検査って何だったのかとおもいます。」

Nさんがそうおっしゃっていたのが、印象的でした。

座り仕事が多い方は臀部と太ももが硬くなる方が多いように思います。

座面の高さと座り方で、体に負担がかかる場合があります。

クッションなどで高さを調節したり、

座った時の体の状態を再度確認してみてください。

Nさん、お体のストレッチを頻繁に行って、

健康な体を維持してくださいね。

重症腰痛専門院 ほっと整骨院 ☎04-7197-1235


症例<柏市腰痛-すべり症>ケース①

 [記事URL]

柏市 腰痛-すべり症 40代女性の症例

腰痛・足のしびれで来院されたMさん。

以前から腰痛に悩まされていて、多くの整形や整骨院に通われたそうです。

整形外科ですべり症と診断されて、

何とか腰痛を治したいとのことで来院されました。

すべり症とは椎骨が滑ることで

腰痛・下肢の痛み・しびれなどの症状が出ます。

背骨には自然な湾曲があるため、それを支えるじん帯や筋肉が衰えたり、

何らかの原因で支える力が弱くなると椎骨が滑ってしまうのです。

急激な体重増加や激しいスポーツで腰に負担がかかる場合,

発症するとされています。

Kさんのふくよかな体形も症状の一因かもしれませんが、

それ以上に他の整骨院や整体院で腰をもまれる際に

上から強い力で押されたということで、

そのような力のかかり具合もすべり症の要因かと思われました。

当院では細かいことまで、お話を聞いていきます。

日常の生活から、スポーツ歴、既往症まで。

その中で、「すべり症」と診断を受けたことがあるという話でした。

それまでの整体、整骨院では、

Mさんからすべり症の既往を申告しなかったこともあり、

無理なうつ伏せや上からの圧をかける施術も多かったようです。

Mさん自身も、その行為がすべり症を悪化させるとは思いもせず、

良くなりたい一心で足しげく通っていたそうです。

「整体院での施術後に起き上がれないほど痛かったんです。

それが筋肉に効いていると思っていました。

でも、どんどん体の状態が悪くなるので、整骨院や

整体院を転々としていたんです。

こちらでの施術は他と違うんですね。

何よりもお話をしっかり聞いてくれたことが嬉しかったです。」

初回の施術後にそうMさんが話してくれました。

こちらではうつ伏せはせず、横向きの姿勢で施術をしていきました。

腰回り・背中・下肢の緊張を取るようにほぐしていくことから始め、

骨格の調整をしながら腰の状態を良くなるように施術をすすめていきました。

最初の3回で、腰の痛みはかなり軽減し、足のしびれもかなり改善しました。

しかし、施術の間隔が2週間空くと違和感が出る状態で、

現在も定期的に来院いただいております。

施術だけでなく、インナーマッスルを鍛えるような運動や、

腹式呼吸・腸腰筋ストレッチなどトレーニングも少しづつ織り交ぜながら、

いい状態を維持できる体づくりを目指しています。

家での宿題を出して、きちんと運動をしてくれるからこそ、

少ない回数で改善がなされているのだとおもいます。

これからの生活が豊かなものであるように、

身体づくりという面からこれからもサポートしていきますので、

Mさん、一緒に頑張っていきましょう!


症例<柏市腰痛-ヘルニア>ケース④

 [記事URL]

柏市 腰痛-ヘルニア④ 40代男性の症例

「痛くなったのは10年ぐらい前からです。

仕事で重いものを持つので、徐々に痛くなりました。

痛みがひどくなったのは今年の4月からです。

整形外科を受診し、MRIを撮りました。

その結果、ヘルニアと診断され、痛み止めのロキソニンと

湿布薬を出されました。

現在の症状は、腰痛としびれです。

特に寝起きが痛いです。

以前は休息をとれば少しは楽になったのに、

今は痛みが取れないんです。

たまに腰だけでなく背中や首も痛くなります。

何とか良くなりたくて伺いました。」

Kさんは、こんな風に症状をお話してくれました。

しっかりした体格の精悍な印象のKさん。

お仕事がハードなこともあり、お体を酷使されているのかなと思いました。

お体を使うのに対して、ケアが少ないことも不調の要因と考え、

体のバランスを整えて、硬い部分の筋肉をほぐしていくことから始めました。

初回の施術で、腰の痛みがぐっと軽減し、動くのが楽になったようでした。

2回目終了後には、ぼやけて痛かった痛みが、

どこが痛いかが明確にわかるようになってきました。

そのため、3回目からはより具体的に痛い動作や態勢を再現しながら

その改善のための施術を施していきました。

4回の施術を終えた時点で、腰痛は軽くなり、

尾てい骨の上の一点だけが痛いとのことでした。

ここが大元の痛みの場所だったのではないかと思います。

しびれは4回目の施術時以降、出ていません。

「これから先の生活を考えた時に、何とかよくしなくてはと思うんです。

だから続けて通います。」

現在もKさんは週に1度通われています。

6回目の施術を終えたところです。

背中の痛みや首の痛みも消失し、体の状態は良くなって、

身体が軽く楽になったということです。

腰の不調がとれるまであと少し、

一緒に頑張っていきましょう!


症例<柏市腰痛-ヘルニア>ケース③

 [記事URL]

柏市 腰痛-ヘルニア 40代男性の症例

以前から腰痛で、時折いらっしゃった Fさん。

あまり症状についても、痛みについてもおっしゃらず、

施術の構成についても考えてしまう患者様でした。

初診から3か月ぐらいたった時にFさんからこう切り出されました。

「ちょっと、先生に相談がありまして。

実は腰痛に悩んでいて、整形外科でヘルニアと診断され、

手術をすすめられたんです。

何とかよくなりたくて、いくつもの接骨院、

整体院を掛け持ちして通っているんです。

その中で、こちらで施術を受けた後が一番痛みが軽減すると感じました。

今後、こちらで何とかしていただけないかと思うのですが。」

その時に感じたのは、深刻に悩んでいる人ほど、慎重に考え、

どこでどんな施術を受けるかにこだわっているのだということでした。

3か月の間にお会いした回数は3回ほどでしたが、

そこまで強い痛みと深刻な悩みを抱えていたとは感じられず、

施術家として申し訳ない思いがしました。

まずは、初回できちんとできなかった問診をやり直しさせていただきました .

そのうえで、毎週一回、決まった曜日に通っていただくこと、

家での宿題をやっていただくことをお願いし、施術内容を決めていきました。

Fさんの症状は、腰痛と臀部から右足までのしびれという症状でした。

股関節が硬く、動きに制約があったので、

柔らかくほぐし、可動域を広げる施術を行っていきました。

同時に臀部の硬さを和らげるよう施術を行いました。

その結果、3回目の施術後には腰の痛みもほとんどなくなり、

しびれも軽減しました。

5回目の施術後にはしびれも消失しました。

Fさんは現在も通院されています。

病院で定期的にMRIをとって、ヘルニアの状態を確認されています。

現在は小康状態を保っていて、うまくヘルニアと付き合っている状態です。

症状はほとんど出ていませんが、Fさん自身、お体に気を付けていて、

週に一度、体のケアを続けられています。

仕事が忙しく、ハードなので、お体の疲れをとる施術は不可欠と

感じていらっしゃるようです。

Fさんとは様々な話ができるようになりました。

夏休みなどはお子さんを連れていらっしゃったりすることもあります。

良い信頼関係が作れたのではないかと感じています。

施術の内容ももちろん重要ですが、

何よりも信頼関係が重要だと私自身も感じたケースです。

これからもFさんの生活の質が向上するよう施術していきますね。

これからも一緒に頑張っていきましょう!

重症腰痛専門院 ほっと整骨院 ☎04-7197-1235


症例<柏市腰痛-狭窄症>ケース①

 [記事URL]

柏市(腰痛-狭窄症 )ケース① 80代後半男性Sさん

柏市腰痛-狭窄症 ケース① 80代後半男性Sさん

「病院では狭窄症と言われて、ずっと腰の治療を受けたんです。

でも全く良くならないし、原因は腰ではないと思ったんですが、

医者は全く話も聞いてくれなかったんですよ。

もう、腰の治療は30年受けていると思います。

腰の痛みと、足のしびれ、足のむくみに悩んでいます。

今は、一番足が辛いから、足をマッサージしてほしいと言ったら、

腰が原因だと言って、病院のリハビリでも

腰ばかりぎゅうぎゅうやるんですよ。

どこの接骨院に行っても、これまた同じでね。

腰ばっかり押すんだけれども、一向に良くならない。

何とか治りたくてね。

もうすぐ90だけど、いつまでも自分で歩けて自分で動けないとね。」

初めてお会いした時に、そんな風にお話してくれたSさん。

当院では、一番最初は時間を長めにお取りしています。

お話をしながら、症状や生活習慣、患者さんの思いをお聞きします。

Sさんは、一番足が辛いということだったので、

一回目の施術は太ももから足先にかけてをほぐす施術を行いました。

「話をじっくりと聞いていただいただけでも満足でしたが、

こんなに丁寧に足をほぐしていただいて、

とても満足です。ありがとう」

そうおっしゃって、Sさんは帰られました。

2回目の施術では、

Sさんの脚の状態が気になっていたので、

やはり下腿部を中心に施術を行いました。

Sさんの足は、アーチが無くなり、偏平足になっていました。

また、アーチの崩れから、指が反り返っている状態でした。

その点も考慮して足の施術を行っていきました。

施術回数を重ねる中で、家でもできる体操や、エクササイズを教え、

宿題としてお家でも行ってもらいました。

3回目くらいで腰の痛みはなくなり、

足の不快感も改善に向かっています。

現在週一回のペースで通っていただき、

8回の施術を行ったところですが、

腰痛はなくなり、足のむくみも改善しました。

しびれが少し残っていますが、だいぶ状態が落ち着いています。

毎週自転車で通ってくるSさん。

これからも元気に生き生きと過ごしてほしいと思います。

重症腰痛専門院 ほっと整骨院 ☎04-7197-1235


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME