柏市 変形性腰椎症

 

柏市 変形性腰椎症

柏市 変形性腰椎症
 
柏市 変形性腰椎症
 高齢者に多く見られる症状の一つに「変形性腰椎症」があります。
ただ、「歳のせいだから」と治療を諦めている方が多いのも事実です。
 
しかし、対処次第では、痛みやしびれを緩和することもできますので、症状がひどくなる前に正しいケアを取り入れてください。
 
【変形性腰椎症の原因と症状について】
 
主な原因は加齢です。
私たち人間の体の動きをスムーズにしている機能の一つに、椎間板というものがあります。
 
椎間板とは、骨と骨の間に存在し、硬いものがぶつかることで発生するさまざまなトラブルを回避するとともに、動きの円滑化をはかっています。
しかし、水分により弾力性を保っている椎間板は、加齢とともに劣化し、水分が抜けてしまいます。
 
すると、弾力性が失われ、本来の働きがなくなります。
このような状態が起こると、骨の変形によって、周りの神経や神経根を傷つけたり、働きを阻害することで、あらゆる症状を発症させます。
 
主な症状は、腰痛や腰のこわばり、痺れなどがあります。
特徴としては、寝返りの際や立ち上がるときに強い痛みが起こります。
 
また動作の始まりに強い痛みを感じますが、次第に症状が緩和されるのも変形性腰椎症の特徴の一つです。
レントゲンなどの検査で、骨が棘のようになっている事が確認できます。
 
【変形性腰椎症の治療方法は?】
 
強い痛みを感じる場合は、お薬で痛みを抑える事もできます。
この場合、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などが一般的です。
 
その他、痛みがある部分に直接注射を行うことで瞬間的に痛みを取り除く事もできます。
また、コルセットや固定器具を使って、腰部を安定させて、痛みを軽減する方法もあります。
 
ただし、コルセット等による治療は、変形性腰椎症の症状を軽減するだけであって、治すものではありませんので、注意が必要です。
整体や接骨院の施術によっても痛みを軽減できる場合もありますので、お気軽に相談してください。
 
軽度の症状の場合は、次のストレッチがおススメです。
 
1・体幹を安定させる
 
変形性腰椎症などの腰痛には、体幹を鍛える事が効果的です。
ただし、痛みが強い場合は、無理は禁物です。
 
仰向けになって、両膝を軽く立てましょう。
足裏をしっかりと床につけたら、両手をおへその部分におきます。
 
体を伸ばしながら、お腹をへこませます。
10秒キープしたら、今度は、首を持ち上げて10秒キープしましょう。
 
この動作を繰り返し20回続けます。
 
2・正しい姿勢を作る
 
すでに変形性腰椎症がある場合は、正しい姿勢を取り入れて痛みを和らげるストレッチを取り入れましょう。
背中にあてるタオル、クッションなどを準備してください。
 
仰向けになって、背中にタオルやクッションをはさみいれます。
両膝を立てて、おなかに力を入れながら、両手を左右に大きくのばし、胸を開きます。
 
10秒キープしたら元の位置に戻り、繰り返し10回続けましょう。
 
3・ウォーキング
 
若いうちから適度な運動を取り入れることで変形性腰椎症を予防できます。
中でもおススメなのが、ウォーキングです。
 
腰に負担をかけず、筋力アップが期待できます。
1日30分から1時間程度、早歩き程度のスピードで毎日楽しく続けるようにしてください。
 
柏市 変形性腰椎症なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。
qrcode.png
http://hot-seikotsu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ほっと整体院・整骨院

 

柏高田院
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3
TEL.04-7197-1235
FAX.04-7197-1236

診療時間
月曜〜土曜日
AM 9:00〜12:30
PM 15:00〜19:30
定休日(日曜・祝祭日)

────────────

・整骨・整体・冷え症に

 関するお困りごとお気軽

 にご相談ください。 
・交通事故によるケガ、

 骨折、脱臼、捻挫、打撲、

 挫傷等
・骨盤矯正や、調整なども

 行っております。
─────────────

●柔道整復師免許


 

<<ほっと整骨院>> 〒277-0021 千葉県柏市高田601-3 TEL:04-7197-1235 FAX:04-7197-1236