qrcode.png
http://hot-seikotsu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ほっと整体院・整骨院

 

柏高田院
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3
TEL.04-7197-1235
FAX.04-7197-1236

診療時間
月曜〜土曜日
AM 9:00〜12:30
PM 15:00〜19:30
定休日(日曜・祝祭日)

────────────

・整骨・整体・冷え症に

 関するお困りごとお気軽

 にご相談ください。 
・交通事故によるケガ、

 骨折、脱臼、捻挫、打撲、

 挫傷等
・骨盤矯正や、調整なども

 行っております。
─────────────

●柔道整復師免許


 

 

柏市 保存療法

 

柏市 保存療法

柏市 保存療法
 
柏市 保存療法
 肩鎖関節脱臼の治療は徒手整復が可能であれば保存療法で
 
肩甲骨の肩峰と鎖骨の外側端(肩峰端)により肩鎖関節(けんさかんせつ)は構成されています。
ただ鎖骨の肩峰端はほんの少しの凸面を形成しているだけで、しかも対する肩峰の関節面はほぼ平面になっているのです。
その為、肩関節や股関節のようなソケット状にしっかりと収まる関節では無いことから、骨性の支持力が無く靱帯や周囲筋肉に関節の支持力を依存しているのです。
 
このような構造をしていることから、転倒して肩を突いた時に肩鎖関節損傷を起こしてしまいます。
また、転倒した際に手や肘を突いて介達的に肩鎖関節に外力が加わることでも起こってしまうこともあるのです。
具体的な原因としては、レスリングや柔道など投げ倒す格闘技系のスポーツで多く発生しますし、サッカーやラグビーなどコンタクトがあるスポーツでも発生する頻度は高くなります。
その他、日常生活における作業中の転倒や転落、交通事故による肩周囲への打撃や圧迫などによっても発症してしまうのです。
 
最も多く見られるケースは鎖骨肩峰端が上方へ脱臼してしまうもので、打撃など直接外力が肩鎖関節や鎖骨外端部へかかる場合には、下方脱臼や後方脱臼など特殊な脱臼を生じる可能性もあります。
それから介達性の外力で肩鎖関節が損傷する場合は程度が軽いことが多く、捻挫や亜脱臼になることが多いです。
このように肩鎖関節損傷と一口に言っても、病態により捻挫・亜脱臼・上方脱臼・後方脱臼・下方脱臼に分けられるのです。
 
最も多く見られる肩鎖関節脱臼の治療ですが、肩鎖関節に大きな負荷の掛かる作業やスポーツをする場合には、手術を選択するのが最も適していると考えられます。
手術の方法としては、靱帯再建術・キリシュナー鋼線やスクリューなどによる観血的な内固定などがあって、損傷の程度などを考慮した医師の方針で適切な方法が選択されます。
ただし単純な上方脱臼ならば手術をしないということも選択肢としてあって、ギプス固定・肩鎖関節専用固定バンドによる固定・経皮的なキリシュナー鋼線固定などの保存療法で治療することもあります。
固定する期間は一般的に4~6週程度で、固定除去後3ヶ月程度で日常生活動作は問題なくできるようになります。
しかし重いものを持つなどの重労働が普通にできるようになるには、2年以上経過を要する可能性も少なくありません。
 
その他の後方脱臼や下方脱臼と言った肩鎖関節脱臼の場合も同様に、保存療法による整復が困難と考えられる時には手術による治療が実施されます。
ただ徒手整復が可能であれば保存療法で治療することもあります。
手術を実施した場合も保存療法による治療をした場合でも、問題なく日常動作が行えるようになるためには、大体4~6ヶ月程度必要となります。
また、スポーツなどへの復帰に関しては1年近くを要します。
 
徒手整復が可能で保存療法が選択できる肩鎖関節脱臼であれば、病院での治療だけでなく整体や整骨院での治療も考えてみると良いです。
整体や整骨院は、捻挫や脱臼の治療を得意としているので受診を考えてみるのも良いです。
 
柏市 保存療法なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。

<<ほっと整骨院>> 〒277-0021 千葉県柏市高田601-3 TEL:04-7197-1235 FAX:04-7197-1236