柏市 顎関節症

 

柏市 顎関節症

柏市 顎関節症
 
柏市 顎関節症
 顎関節症は早期治療することが大事
 
顎関節症とは、顎の関節や周囲の筋肉に痛みが発生したり、口を開けにくくなったり、顎関節の音がするなどといった症状が見られる慢性的な疾患です。
このような症状に早く気付いて早期治療することで比較的短期間に改善されるのですが、何もせずに放置していると顎関節の軟骨や骨が変形して完治しにくくなる可能性もあるので注意が必要です。
ちなみに顎関節は、下顎の一番後ろで上方に突き出ている先端と耳の穴の前にある頭骸骨のくぼみでできている関節で左右に1つずつ存在しています。
 
顎関節症を引き起こす要因としては様々なことが考えられます。
1つ目には、小さな下顎頭や左右下顎頭形態差といった構造要因で、必ずしも発症するとはいえないのですがリスクは高いことは否定できません。
2つ目は、深いかみ合わせや奥歯の反対咬合と言った咬合要因で、一番多いのが歯の欠損の放置でそれにより、関節内や周囲の神経を圧迫したり関節円盤をずらしたりするのです。
3つ目は、奥歯の接触癖や夜間歯ぎしりと言った行動要因で、睡眠中の歯ぎしりに関しては昔から危険要因とされてきました。
しかし、感情的なストレスを発散させるための行為であると考えられるので、必ずしも全ての歯ぎしりが有害とは言えません。
ただ、寄与因子のひとつであることには変わりがないので、あまりにも続く時や強い場合には注意しなくてはなりません。
 
4つ目は、神経質な性格や不安・うつ状態と言った精神的要因で、それにより筋肉の緊張を招きやすくなって、筋肉の緊張が継続することで顎関節に対しての負担も増大することになります。
また精神的緊張が続くことで、歯の接触の長時間化につながって引き起こす要因になることもあるのです。
5つ目は、家族の心配事・介護・家事労働・受験勉強などいった生活要因や家庭要因で、こうした要因も同様に歯の接触を長引かせるという形で寄与因子になってしまいます。
また何かの作業に一心不乱に夢中になってしまうことも、上下の歯を軽く噛んでいる状態を長時間化させてしまうことになるのです。
6つ目は、パソコン作業・緊張持続環境・エアコンなどと言った職場要因で、パソコン作業や緊張持続環境で歯の接触を持続させてしまうと筋肉や関節に負荷をかけてしまいます。
また、エアコンの効きすぎで筋肉がこわばることもストレスになって、知らず知らずのうちに歯を食いしばっているのです。
このように様々な要因があるので注意が必要です。
 
病院で行われる主な治療方法としては、歯を覆うスプリントという装置をはめて関節や筋肉の負担・緊張を緩和するスプリント療法があります。
また噛み合わせの異常が生じている場合には、噛み合わせの治療が実施されます。
それから薬で炎症を鎮めたり症状に応じた投薬をしたりすることで改善を図る薬物療法もありますし、外科的に関節内の異常を治療する外科療法もあります。
症状や発症要因などを考えて適切な治療方法が選択されます。
こうした病院での治療以外にも、関節そのものが変形などを起こしていなければ整体や整骨院で治療することも可能です。
柏市 顎関節症なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。
qrcode.png
http://hot-seikotsu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ほっと整体院・整骨院

 

柏高田院
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3
TEL.04-7197-1235
FAX.04-7197-1236

診療時間
月曜〜土曜日
AM 9:00〜12:30
PM 15:00〜19:30
定休日(日曜・祝祭日)

────────────

・整骨・整体・冷え症に

 関するお困りごとお気軽

 にご相談ください。 
・交通事故によるケガ、

 骨折、脱臼、捻挫、打撲、

 挫傷等
・骨盤矯正や、調整なども

 行っております。
─────────────

●柔道整復師免許


 

<<ほっと整骨院>> 〒277-0021 千葉県柏市高田601-3 TEL:04-7197-1235 FAX:04-7197-1236