柏市 野球肩

 

柏市 野球肩

柏市 野球肩
 
柏市 野球肩
 肩に発症するスポーツ障害の総称が野球肩
 
野球の投球動作によって引き起こされるスポーツ障害の総称を野球肩と言って、肩の筋肉や関節を酷使することで発症するものです。
様々な症状がみられるので、どのような症状があるのかを知っておくと参考になります。
 
関節の動きを滑らかにする働きがあって、関節周囲にある液体を含んだ袋のことを滑液包と言います。
この滑液包に炎症が発生した状態のことを滑液包炎といって、肩関節を動かした時や圧迫した時に痛みが起こる症状がひとつ目としてあります。
2つ目は、肩後面上部深層に位置している筋肉で肩関節を安定させる役割がある棘上筋に炎症が起こった状態の棘上筋腱炎というものです。
肩の後面に痛みが発生しますし、肩を上げることができないとか、肩に引っかかりを感じるなどの症状が起こります。
 
上腕二頭筋に炎症が発生する状態のことを上腕二頭筋腱炎といって、これが3つ目の症状になります。
肩関節の痛みや二の腕から肘より先にかけての痛みなどが起こりますし、腕を外側に曲げる動作に制限が発生してしまう可能性も考えられます。
4つ目は肩甲骨部分の筋肉が萎縮する障害の棘下筋萎縮で、肩の神経がスポーツなどによって繰り返し引き伸ばされることで発症します。
肩の疲労感や脱力感・圧痛などが主な症状としてみられます。
肩を上げたり動かしたりする際に、腱板や滑液包などが関節内で衝突することで起こるのがインピンジメント症候群で5つ目の症状となります。
肩の真上付近の痛みや動かした時に引っかかり感などが起こるのが主な症状です。
6つ目は成長過程の小学生や中学生に多くみられるスポーツ障害の上腕骨骨端線障害で、上腕骨骨頭の成長線である骨端線に損傷が発生した状態です。
投球動作をした時に痛みや圧痛などが起こるのが主な症状で、何もせずにそのまま放置して運動を継続していると成長障害が発生する可能性もあります。
 
このような野球肩の痛みを改善・予防するためには、どのような対策をすると良いのでしょうか?
1つ目はストレッチで、固くなった筋肉をほぐすことで肩の痛みが緩和するので、症状の改善・予防に効果的な方法となります。
時間をかけてゆっくりと実施するのが大切で、首・背中・胸の筋肉をほぐし肩の筋肉をストレッチすると言った順番がおすすめです。
2つ目はアイシングで、冷やすことにより炎症が抑えられて痛みも和らくので、スポーツをした後時間を置くことなく10分~20分程度冷やすと良いです。
3つ目は筋肉強化で、肩周りのインナーマッスルを鍛えることにより、肩のスポーツ障害を予防することができます。
 
ただ発症してしまった場合には、基本的に病院で症状改善に適した治療を受けるのが一番です。
また、病院以外にも整体や整骨院で治療する方法も選択肢のひとつとしてあるので、医師と相談して利用を検討してみると良いです。
いずれにしても早めの治療が早期回復につながるので、痛みを我慢することなく適切な治療を受けることが大事です。
柏市 野球肩なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。
qrcode.png
http://hot-seikotsu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ほっと整体院・整骨院

 

柏高田院
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3
TEL.04-7197-1235
FAX.04-7197-1236

診療時間
月曜〜土曜日
AM 9:00〜12:30
PM 15:00〜19:30
定休日(日曜・祝祭日)

────────────

・整骨・整体・冷え症に

 関するお困りごとお気軽

 にご相談ください。 
・交通事故によるケガ、

 骨折、脱臼、捻挫、打撲、

 挫傷等
・骨盤矯正や、調整なども

 行っております。
─────────────

●柔道整復師免許


 

<<ほっと整骨院>> 〒277-0021 千葉県柏市高田601-3 TEL:04-7197-1235 FAX:04-7197-1236