ぎっくり腰

 

ぎっくり腰

ぎっくり腰
 
ぎっくり腰の原因は?
突然の激痛が走る、ぎっくり腰。
 
ぎっくり腰は腰椎の捻挫や肉離れ、
腰の筋肉や筋膜の炎症のことです。
 
動けないほどの重症から、歩けるけれどかがめない状態、
違和感程度のものまで痛みも程度も様々なものがあります。
 
ここではぎっくり腰を引き起こす原因についてお話します。
 
 
1.筋肉疲労
 
ぎっくり腰は突然ですが、原因となる筋肉疲労は少しずつ蓄積しています。
このため、筋肉疲労が負荷の許容量を超えたときにぎっくり腰が発症します。
 
背中・腰・臀部・太ももの違和感はそのまま放置してはいけません。
セルフマッサージやストレッチも効果的です。
 
2.骨格の歪み
 
立ちっぱなし、座りっぱなしなど、
長時間同じ姿勢でいたりすると同じ筋肉ばかり使っています。
 
いつも使われる筋肉には負荷がかかり、
使われない筋肉はゆるんできます。
 
この筋肉のアンバランスが骨格の歪みにつながります。
ゆがんだ骨格は左右のアンバランスを生み、
 
周辺筋肉のさらなる緊張を生みます。
そして負荷の許容量・限界値を超えるとぎっくり腰になるのです。
 
 
3.急激な負荷による筋の損傷
 
若い方やスポーツをしている方に比較的多いぎっくり腰です。
 
いきなり筋肉に負荷のかかる動作をしたときに
筋繊維が切れたり損傷することによって激痛が起き、
動けなくなるぎっくり腰です。
 
いきなり重いものを持つ、思いがけない動きを急にすると、
筋繊維を痛めます。
 
運動前に柔軟体操をする必要があるように、
筋肉を使う前に少し体をほぐして動かしておく必要があります。
 
 
 
 
 
整骨院での処置
ぎっくり腰の方への処置はその方の状態によって異なります。
 
筋肉の緊張からくるぎっくり腰の場合は、
筋肉の緊張を和らげほぐすだけで
びっくりするほど改善する場合もあります。
 
それに対し、筋繊維の損傷の場合は、
損傷が修復されるまでは痛みが続きます。
(肉離れに近い感じです。)
 
どんな場合のぎっくり腰も、低周波治療や骨格調整、
筋肉を緩める手技で痛みの軽減を図ることができます。
 
 
一度でもぎっくり腰を経験されている方はひどくなる前の
お体のケアを行うことをお勧めいたします。
 
 
 
 
qrcode.png
http://hot-seikotsu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ほっと整体院・整骨院

 

柏高田院
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3
TEL.04-7197-1235
FAX.04-7197-1236

診療時間
月曜〜土曜日
AM 9:00〜12:30
PM 15:00〜19:30
定休日(日曜・祝祭日)

────────────

・整骨・整体・冷え症に

 関するお困りごとお気軽

 にご相談ください。 
・交通事故によるケガ、

 骨折、脱臼、捻挫、打撲、

 挫傷等
・骨盤矯正や、調整なども

 行っております。
─────────────

●柔道整復師免許


 

<<ほっと整骨院>> 〒277-0021 千葉県柏市高田601-3 TEL:04-7197-1235 FAX:04-7197-1236