qrcode.png
http://hot-seikotsu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ほっと整体院・整骨院

 

柏高田院
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3
TEL.04-7197-1235
FAX.04-7197-1236

診療時間
月曜〜土曜日
AM 9:00〜12:30
PM 15:00〜19:30
定休日(日曜・祝祭日)

────────────

・整骨・整体・冷え症に

 関するお困りごとお気軽

 にご相談ください。 
・交通事故によるケガ、

 骨折、脱臼、捻挫、打撲、

 挫傷等
・骨盤矯正や、調整なども

 行っております。
─────────────

●柔道整復師免許


 

 

柏市 スポーツ障害

 

柏市 スポーツ障害

柏市 スポーツ障害
 
柏市 スポーツ障害
 TFCC損傷というスポーツ障害が発生した場合には
 
TFCCというのは「Triangular Fibrocartilage Complex」の略で、日本語に訳すと三角線繊維軟骨複合体のことです。
このTFCCとは、手首の関節の小指側にある尺骨の先端と手の骨との間にある三角形のクッション組織で軟骨でできています。
そしてTFCC部分の腱炎や腱鞘炎がTFCC損傷で、急性のケガとして発生することもありますし、慢性的な経過で起こることもあるのです。
 
急性のケガとして発症する原因には2つのパターンがあって、そのひとつは転倒した際に手を着いて、その時に小指側に体重の大部分がかかってしまうものです。
これはサッカーをはじめとする様々な球技で見られるパターンです。
もうひとつはスポーツで選手同士の衝突を手で受け止めて、手の小指側に大きな負荷が加わったパターンです。
これはラグビーやアメリカンフットボールで見られるパターンと言えます。
慢性的な経過で発生する原因は、手首をやや小指側に反らせた状態でカを入れるような動作を繰り返すことです。
これはテニスなどのラケットスポーツやチアリーディングなどで見られるパターンです。
また、仕事などでパソコン操作を日常的に長時間行うことで発症するケースもあります。
 
主な症状としては、患部に痛みが起こったり物が挟まっているような感じがしたりしますし、急性のケガの時には患部の腫れも伴います。
その為に、日常生活においてコップを持つことやドアのノブを回すなどと言った動作ができなくなる可能性があります。
 
TFCC損傷が発症した時の応急処置や治療としては、まずは患部をアイシングして包帯などにより手首を支えるようしてTFCCに負担がかからないように対処します。
ただ包帯などでの支えでは痛みが緩和しない場合には、ギプスによって固定して確実にTFCCに負荷がかからないにします。
一般的に固定する期間は3週間程で、その後は状態を見ながら少しずつ動きを広げていきます。
ただ、しばらくの間は動作による負担がTFCCにかからないように、テーピングや取り外し可能な固定具などを使用することになります。
こうした保存療法を行っても痛みが再発する場合には炎症止めの薬を注射して治療しますし、スポーツに必要な動作や日常動作かできない時には手術を検討する必要かあります。
ちなみに治療する前の診断においては、骨折などの骨の異常が発生していないかを調べることも必要ですし、尺骨が撓骨より長いなど発症しやすい形になっていないかも確認すると良いです。
 
発症する原因からも分かるように発症を予防することは困難ですが、慢性的な経過の場合は軽い症状が感じられた時点で、テーピングなどでTFCCにかかる負担を減らす予防策ができます。
また、先にも触れましたが尺骨が撓骨より長いなど発症しやすい形になっている場合には、尺骨を短くする手術を受けることで今後の予防になります。
ただし手術をすると骨が癒合するまでに最低でも3ヵ月程度かかりますし、その後のリハビリを含めると長期間復帰することができなくなるので、安易に手術を選択しない方が良いです。
 
柏市 スポーツ障害なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。
<<ほっと整骨院>> 〒277-0021 千葉県柏市高田601-3 TEL:04-7197-1235 FAX:04-7197-1236