柏市 棘上筋腱炎

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 棘上筋腱炎

2017-10-01

野球肩は総称で実際の診断名は意外と多く存在している

ボールを投げる動作から投げ終わった後に発生する肩の痛みが野球肩で、特に野球をしている人に多く発症することからこの名称で呼ばれています。
その為、野球以外のハンドボール・アメリカンフットボール・バレーボール・陸上の槍投げなど、肩に負担がかかる可能性が考えられるスポーツにも起こりうる症状なのです。
特に10~17歳のジュニア世代に起こりやすくて、原因としては投げ過ぎによる過度な負荷が多くの割合を占めているのですが、場合によっては一回の動作による負担で発症することもあります。
ただ肩が非常に複雑な構造になっているために、様々な病態が混合して症状を引き起こすことが多くて、なかなか正確な診断名をつけることが困難ということもあるのです。
その結果、総称して野球肩と呼ばれることが多いという現状もあるのですが、痛める場所や原因などによって様々な医学的な名称がつけられていて、実際の診断名というのは意外と多く存在しています。

その主なものとしては、棘上筋腱炎・上腕二頭筋長頭腱炎・インピンジメント症候群・滑液包炎・上腕骨骨端線傷害(リトルリーグショルダー)・腱板損傷・腱板断裂・関節唇損傷・肩甲上神経麻痺などです。
先にも触れましたが投げすぎなど過度な負荷が原因として考えられていますが、単にそれだけでは無くて投げる瞬間に肘が下がっていたり、無理に肘が捻られたりしていることなども原因になっているのです。
また成長期に重なりやすく筋が完成していない段階で何度も間違ったフォームで投げてしまうと、どうしても負担が蓄積されて肩を痛めてしまいます。
特に、肩甲骨周囲の筋肉・靭帯・回旋腱板(ローテーターカフ)が炎症して、肩の動きを妨げてしまいます。

この野球肩の半分以上はインピンジメント症候群であるといわれています。
インピンジメントというのは衝突・挟み込みといった意味の言葉で、肩の動作時に何らかの原因により、骨と骨の衝突や筋肉の挟み込みを生じて障害を起こして発症します。
初期の症状としては、投球動作などで肩を挙げた時に肩に引っ掛かり感や痛みなどの症状を感じる程度ですが、悪化すると日常生活にも支障をきたしますし、安静時や夜寝ている時にも痛みが起こってしまいます。
また、インピンジメント症候群も障害が起こる場所によって、いくつかの種類に分けられて、その中で最も発症頻度の高いのが肩峰下インピンジメント症候群です。

ちょうど肩の先端にある硬い部分の肩峰と呼ばれる骨の突起部分が肩甲骨にあって、腕を挙げる動作をすると腕の骨である上腕骨が肩甲骨の肩峰と呼ばれる部分の下を通ります。
その上腕骨と肩峰の間には、肩のインナーマッスルと言われる棘上筋と、関節の滑りを良くする役割を持っている肩峰下滑液包と呼ばれるものが存在します。
腕を挙げる際に、この棘上筋と肩峰下滑液包が上腕骨と肩峰に挟まれることにより症状を起こするのが肩峰下インピンジメント症候群です。
その名称の通り肩峰の下で衝突・挟み込みが生じて起こってしまうもので、最も発症頻度の高い症状ですから知っておくと参考になります。

柏市 棘上筋腱炎なら、「ほっと整骨院」にお任せください。

 

 


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME