ほっとブログ

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 慢性腰痛 ギックリ腰

 [記事URL]


柏市 腰痛 ギックリ腰

 [記事URL]


柏市の重症腰痛専門院のほっと整骨院です

 [記事URL]

柏市の重症腰痛専門院のほっと整骨院です。

30代女性ギックリ腰で来院。

腰が伸びない状態でかなり痛そうで愛想笑いもできないくらいの形相で来ました。

お話を伺っていると今回はギックリ腰で来ましたが実はかなりの慢性的な腰痛持ちの方でした。

日常の生活で前に屈んで物を取ることができない、だから前屈しながらしゃがむことができない。トイレに入って座ったら立ち上がるときにどこかにつかまらないと立てない。

仰向けで全く寝れない。もう何十年もそんな感じでいつ腰が痛くなったのか全く記憶がない人でした。

筋力もかなり落ちているためにインナーマッスルに刺激を入れながら施術していきました!

本人も簡単には良くならないことは理解されているので施術とトレーニングをしながら腰痛のない生活を取り戻せるようにサポートしていきます!


柏市 ヘルニア 治療

 [記事URL]

柏市重症腰痛専門院ほっと整骨院です。

台風の影響で風の強い一日となりました。

台風一過で明日の暑さが心配です。

 

以前にレントゲンではヘルニアかどうかの正確な判断は、できないと書いたことがありました。

今日、その話に近い方が来院しました。

約2年前に病院で椎間板ヘルニアと診断を受けて悩んだ末に手術を決断。

ヘルニア手術をしてやっとこのシビレと痛みから解放されるんだと思っていました。

ところが、術後に腰の痛みは緩和したもののシビレが残ったままでした。

その後の説明でいずれシビレている感覚もなくなるとのことでした。

2年経過した今もシビレが変わらずに今日、来院されました。

 

ん?

なんで?ってなりますよね!

シビレというのは、神経から引き起こされるものもあれば、そうではないものもあるということなんです。

筋肉を柔らかくして硬くなった関節を正常に戻してあげて良くなるシビレもあります!

また、その原因が腰以外からおこっているものもあります。


柏市 ヘルニア 治療

 [記事URL]

柏市重症腰痛専門院ほっと整骨院です。

暑さが、少し落ち着いてきましたが、また台風くるみたいですね。

事前に備えをしておきましょう!

 

今日は、ヘルニアと診断されて来院された男性の声を紹介します。

この男性は、今でも定期的にケアで来院されています。

ヘルニアと診断された男性患者さんの声

 


柏市 ヘルニア 治療

2018-08-19 [記事URL]

柏市重症腰痛専門院ほっと整骨院です。

 

昨日のブログでヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症と病院で診断されて

うつ伏せで施術を受けている方が多いと書きました、その続きで50代の女性で

一つ症例を紹介します。

当院のチラシをみて来院してくれた方ですが、やはり病院ですべり症とヘルニア

があると診断されてきました。

私の院に来る前に他の整骨院で施術を受けてて施術中と施術後の脚のシビレが辛くて

通うのをやめたとおっしゃっていました。

やはり施術はうつ伏せだったみたいです。

ヘルニアとすべり症をもっていてうつ伏せの施術は最悪です。

しかもその方は、体格の良い女性でした。なおさらダメです。

 

当院では横向きの施術だけを行い今は完治に近い状態です。

また体格の原因もあったので当院のダイエットプログラムで30キロ以上の減量に

成功して根本的に良くなっています。

ちなみに今でも予防で来ていただいています。

 

line友達追加

 

 


柏市 ヘルニア 治療

 [記事URL]

柏市重症腰痛専門院ほっと整骨院です。

 

腰痛で悩んでいて、病院ですべり症ヘルニア脊柱管狭窄症

と診断を受けたことがある人は、けっこう多いと思います。

病院では、投薬治療で症状を取り除いていくので全く問題ないと

思いますが、その治療で芳しくない人たちが、次に選択肢として

選ぶのが整体院、整骨院・接骨院、マッサージなどだと思います。

私の院に来て下さっている患者様もそのような経路をたどって

きています。

まずは、病院→整骨院→整体院→整骨院とこんな感じです。

 

私の院では、初回30分~40分ほどのお話を伺うのですが、そこで

毎回のように思うのが、施術をうつ伏せで受けている方が非常に多いと

いううことです。

腰痛の症状として腰を反るのが辛いと訴える方が多いのにうつ伏せで

施術を受ければ常に腰が反っている状態が続いて逆に筋肉が緊張してしまい

起き上がるときに痛みを伴うことが多いです。

腰痛持ちの方だと一度はこんな経験ないでしょうか?

ある程度、症状が落ち着くまでは、うつ伏せでの施術は避けましょう。

良くしに通っているのに行くたびに悪くなってるなんてこともありますからね。

 


柏市 ヘルニア 治療

 [記事URL]

柏市重症腰痛専門院ほっと整骨院です。

お盆も明けて今日から仕事の人も多いと思います。

私もお盆中は、家族とBBQをしたりプール遊びをしたりで

リフレッシュできました。

親戚や友人とも会えて楽しめました。

その時に腰痛・ヘルニアの話になり皆さん結構、勘違いをされていました。

病院でレントゲンをとってヘルニアと診断されその後ずっとヘルニアだと思い込んでいる。

レントゲンでは、ヘルニアかどうかの鑑別診断ができません。

ヘルニアがあるから腰痛だと思い込んでいる。

最近の研究では、ヘルニアと腰痛の関係はないことがわかっています。

このようにレントゲンなどをとってヘルニアと診断されたけどヘルニアではない

可能性があります。

それじゃ、いったい何なんだ?

と疑問がわくと思います。

答えは、ほとんどの方が筋肉のコリ関節の硬さから症状が出ています。

実際にこの連休中にヘルニアだと思っていたけど私の整体を受けてかなり症状が

緩和した友人がいました。

ヘルニアであれば整体を受けてもあまりシビレなど改善しない事がおおいです。

病院でヘルニアと診断されてあきらめている方がいれば是非相談してください。

もしくは、その病院でMRI検査を受けることをおすすめします。

MRIを撮ればしっかりと鑑別できます。


柏市 背中の痛み

2017-11-29 [記事URL]

ゴルフのスイングなどで起こる背中の痛み

ゴルフのスイングは、前傾姿勢・捻転・回旋など本来の自然な姿勢と相反した複雑で左右非対称の運動で、しかもその運動を繰り返します。
その為、姿勢の歪みの元になってスイングが安定しないことで、体の痛みを覚えるといった問題を引き起こしてしまいます。
その中でも背中の痛みの原因となるのは、インパクト時の衝撃やフォローにかけてクラブを引き上げる動作による負荷です。
そして、それにより姿勢を保ったり体を起こしたりする役割のある背骨に沿った筋肉の脊柱起立筋、肩甲骨を内側に引き寄せる役割をする菱形筋の左側を痛めることが多いのです。

また、スイングなどで肩甲骨が動くのと同時に、背骨と肋骨・背中の筋肉も動きます。
その時に、疲れや体の左右の動きの偏りなどにより筋肉が硬くなったり歪んだりすると、肩甲骨の動きが悪くなって背中のケガを引き起こしてしまうのです。
特に猫背の人は、背中の筋肉が常に左右に引っ張られているため、肩甲骨の動きが悪くなりやすいので要注意です。
ちなみに、食事の時やデスクワークなどで座り姿勢が続くと、最初のうちは背中を預けずお腹に力を入れ良い姿勢をキープしていても、気づかないうちに背中が丸まっていることがあります。
これは、人間の体には丸くなろうとする力があるからで、背中を丸めた方が楽に感じるからなのです。
実際に、電車を待っている間の立ち姿勢や歩いている時も、正しい姿勢をキープすることが、意識していないと難しいと感じる方も少なくないのです。

こうしたことを考えるとゴルフで背中の痛みを引き起こさないためには、背中の動きをスムーズにするためのストレッチと筋トレが必要になることが理解できます。
また、肩甲骨をスムーズに動かせるようになると、猫背解消や肩こり軽減にもつながりますし、頭までスッキリしてきます。
同時に負荷に強くなるための筋トレを行うと背中のケガを予防することになるのです。

具体的には、猫背や肩こり解消にもつながる菱形筋ストレッチというのがあります。
その方法は、まず手の甲を合わせて肩の高さで両腕を前に伸ばして、高さをキープした状態で両腕を後方へ外旋します。
そうして止まったところでこぶしを握り締めひじを曲げて腕を身体へ引き寄せます。
肩甲骨の可動域を広げるための肩甲骨ストレッチもあって、その方法はまず体をまっすぐ背筋を伸ばして立ちます。
そうして両手を頭の後ろで組んでそのまま右ひじをゆっくり下げていき5秒キープします。
そのあと、両手を頭の後ろに戻して左ひじも同様にゆっくり下げて5秒キープするのです。
その他にも、脊柱起立筋を鍛えるバックアーチや、菱形筋を鍛える手ぶらでローイングといったストレッチもあります。
こうしたストレッチと筋トレを予防策として実施してみると良いですが、ゴルフによる背中の痛みが治らない場合には専門医に診てもらうことも大切です。
また、整体院や整骨院で施術を受けてみるのもひとつの選択肢としてあります。

 

柏市 背中の痛みなら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 ゴルフによる手首のケガ

2017-11-15 [記事URL]

ゴルフによる手首のケガも比較的多い

激しくダッシュしたり、相手とコンタクトしたりするスポーツではないので、老若男女が無理なく楽しめる安全なスポーツというイメージがゴルフにはあります。
しかしスポーツですからケガのリスクはゼロではなくて、腰痛や手首のケガを引き起こしてしまうことも少なくないのです。
特に手首を痛める人は多くて、プロゴルファーでもそれにより苦しんでいたり、ツアーを欠場したりすることもあります。

アマチュアゴルファーがゴルフによる手首のケガの原因として考えられることは、ボールの手前を叩くダフリとボールの上を叩くトップ・チョロの2つです。
ダフリはボールではなくて地面を叩くのですから、その衝撃は大きいですし全て手に返ってきます。
コースを回る場合はある程度芝が削れて衝撃は減少しますが、練習場では硬い床を叩いてしまうことになるので衝撃は相当なものになります。
芯を食わないトップやチョロもボールの衝撃が手首に返ってくるもので、振り抜いているのでダフリよりは衝撃は少ないですが、手首への負担はかかります。
こうしたミスショットの多いアマチュアゴルファーは、このようなことから手首を痛めやすいのです。

また、なぜ手首が痛くなるのかと言うと、基本的に人間の体で曲がる部分は弱くて治りにくい部分だからで、手首だけでなく肘・膝・腰・肩などはスポーツでいためやすい部分です。
実は、こうした曲がる部分というのは腱や筋肉で繋がれていて、その腱や筋肉が外部からの衝撃を吸収したり、衝撃の力を利用してさらなる力を生み出したりするような役割をしています。
その為に外部からの衝撃に対して曲がらないようにするためには、腱や筋肉にかなりの負荷が生じてしまうのです。
その手首の腱や筋肉にかかる大きな負荷が限界を超えてしまうと炎症を引き起こして痛みが発生するのです。
それから、体の曲がる部分というのはスポーツを休止しても、日常生活で曲げ伸ばしをするので、どうしても負担がかかっている状態になります。
その為、ギプスで固めて全く動かない状態にしてしまえば治りも早いですが、それ以外の場合は何気ない生活で曲がる部分の腱や筋肉を使っているので治りにくいのです。

では、ゴルフで引き起こしてしまった手首のケガはどのように治療すれば良いのかというと、当たり前のことですが休養とケアが重要です。
腱や筋肉系のスポーツ障害の全般に共通して言えることですが、基本的にスポーツを一時中止してまずは休養することです。
ただ、先に触れたように日常生活でも負担がかかってしまうので、日常的な動きに関しても負担を軽減する心がけも大事になります。
また腱や筋肉系の障害で痛みがある場合は、炎症を起こしていることが考えられるのでアイシングが有効で、一日の終わりに手首のアイシングはしておくと良いです。
ただ冷やしすぎると筋肉が固くなってしまうので、痛みが引いて炎症が治まってきた時には患部を温めたり、マッサージなどで筋肉のケアをしたりすることも大切です。
しかし、痛みが強い場合やなかなか治らない時には病院を受診して検査や治療を受けることが大事です。

 

柏市 ゴルフによる手首のケガなら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 ゴルフで腰痛

 [記事URL]

ゴルフで腰痛になる人は腰だけが原因ではない?

ゴルフは本当に楽しいスポーツで、男性はもちろんのこと女性ゴルファーも増えていますが、その楽しさの反面で腰痛に悩まされている方も多くいます。
他のスポーツよりは体に良いと考えている方も少なくありませんが、スポーツである以上は体に負担を強いていることに変わりはないのです。
つまり健康のために行う運動ではなくて体に負荷をかけて楽しむスポーツと言うことを、しっかりと理解しておく必要があります。
ウォーキングやストレッチは体に良い効果を生む健康的に行う運動ですが、スポーツは体を壊すという概念があるものでこの違いを理解しておく必要があるのです。
健康のためにと急に打ちっぱなしに毎日通ったり、いつもはしていないマラソンを急に始めたりしては、体のどこかを痛めてしまうもので結局休まなくてはいけなくなるのです。

このように健康のために行う運動ではなくて、あくまでも体に負荷をかけて楽しむスポーツと言うことを理解した上で、なぜ腰の痛みを起こしてしまうのかを考えることです。
実は、ゴルフで腰痛になる方は以外と腰だけに問題点がある方は少ないもので、足首・股関節・頚椎といった所に問題があるという共通点があります。
9つの骨で構成される足関節は複雑なつくりになっている関節で、それにより歩行・地面から受ける衝撃の吸収・バランスをとるなどができるのです。
その為、常に衝撃を受け続けている関節ですから、捻挫などのケガをしてしまうことが多いのです。
実際スイングやプレーをする際には、上下・左右・内外反といった方向に動き、無意識のうちに力が入りやすい関節で、足首をまたぐふくらはぎ・すねの筋肉・足指を動かす筋肉などにストレスがかかります。
その為に足首を動かす滑車の役割をする距骨が歪んでしまいますし、上下や内外反の動きに制限されたままプレーを続けることでバランスを崩して、腰に大きな負担がかかってしまうのです。

前後・左右・捻りといつた三軸方向に動かすことができる股関節ですが、構造が似ている肩関節よりも靭帯が固い関節です。
また、歩く・立つ・しゃがむなどの日常生活に欠かせない様々な動作を安定させる重要な関節でもあります。
ただテイクバックからフォロー、スイングまで常に働く重要な関節で、同じ方向に捻る動作を繰り返すために筋肉量の多い股関節には一番負荷がかかります。
その結果、股関節の回旋制限や左右差がある方が多くて、その制限のままスイングをすることで腰により負荷がかかり痛みを引き起こしてしまうのです。

腰の痛みと首の骨の頚椎とは関係ないと考え方も少なくないですが、頚椎は重たい頭を支えて全身のバランスを取るといった大切な役割があります。
その為、スイングの時に前傾姿勢で地面を向くこと、スイングで体がぶれないように頭の位置を固定することなどで首に負担が常にかかってしまいます。
その結果として腰の痛みにつながることも少なくないので、ゴルフで腰痛に悩まされている方は、こうした様々な体への負荷を知ることが大事です。
またケアも大事になるので早めに専門家にみてもらうことも考えると良いです。

 

柏市 ゴルフで腰痛なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 シンスプリントと疲労骨折

2017-11-01 [記事URL]

シンスプリントを引き起こしやすくする足の歪み

シンスプリントとは、下腿内側に位置する脛骨の下方3分の1に痛みが発生することが特徴です。
痛みは疲労骨折の可能性も考えられる一点に集中する痛みとは違い、脛骨に付着する筋肉ラインに沿ってうずくような鈍痛が起こります。
また、部活を始めたばかりやスポーツ・ランニングなどを始めたばかりの人に多く発生することから、初心者病とも言われます。

ただ厄介なことは、症状が軽いうちは練習をしているうちに痛みが徐々になくなってくることで、発症した状態でも練習ができてしまうのです。
その為、痛みを我慢しながら練習を続ければ治ると言った間違った判断をしてしまうことも少なくないのです。
しかし、そんな言葉を信じて我慢しながら練習を続けてしまうと、疲労骨折を起こして半年以上も走ることができなくなることもあるので注意が必要です。

実は、シンスプリントと疲労骨折は痛む部位が類似していることから、症状のみで違いを見分ける判断がなかなか難しいのです。
特に、発症初期の疲労骨折はレントゲン検査でも異常がみられないケースがあるため区別が難しくて、2~3週間経過してから検査をすると骨折の所見がみられることもあるのです。
その為、発症初期は疲労骨折であっても異なる診断がされることもあるので、確定診断を望む場合にはMRI検査をすることをおすすめします。
それはなぜかというと、治療するためには発症した原因を正しく知ることが大切で、原因もわからずに治療をしてもなかなか治らないからです。
ですから、正しい判断と原因の解明が大事になるのです。

発症する原因としては、自分の体力以上の練習量をするオーバーユースが多いですし、練習・試合における硬い地面を走ることや踵の外側がすり減っている古いシューズで走ることも原因と考えられます。
また、ヒラメ筋などふくらはぎの筋群の柔軟性が低下して、その引っ張り力で炎症が起きることも有力な原因の説としてあります。
それから足の骨に歪みが生じることで筋肉が余分に緊張して、その筋肉が常に緊張した状態でスポーツをすることも原因と考えられていますが、まだ完全には原因が解明されていません。

ちなみに、原因につながる足の骨の歪みとしては、アキレス腱のラインより踵が外側に捻じられている状態の回内足というのがあります。
また、地面に着地をした時に衝撃を吸収する役割がある足のアーチのひとつとなる土踏まずがない状態の偏平足も歪みのひとつで、地面からの衝撃を吸収できないために足の筋肉にも負担がかかりやすいのです。
それから、骨盤の骨にある上前腸骨棘とお皿の骨の中央を結んだ線と、お皿の骨の中央とすねの骨にある脛骨粗面を結んだ線のなす角度のQアングルが標準より大きくなると、不安定な状態になって下腿の筋肉は緊張状態になります。
また大腿骨と脛骨が作る角度の大腿脛骨角が正常値を超えると、骨に付着する筋肉が常に緊張状態になるため負担になるのです。
こうしたことがシンスプリントを起こしやすくする足の骨の歪みです。

 

柏市 シンスプリントと疲労骨折なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME