こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 寒いと感じていないのに手足が冷たい
  • 就寝時、手足がなかなか温まらず眠れない
  • 入浴後、すぐに手足が冷えてしまう
  • 手袋やブーツでも手足が冷える
  • 冷えると足腰が痛くなる
  • 肩や腰を温めると楽になる
  • 下痢や便秘になりやすい
  • 食事制限をしても痩せにくい
  • 夏場でも手足が冷たい

冷え性の原因

冷え症は、血行が悪くなり温かい血液が毛細血管に十分に流れなくなって血管が収縮することで手足が冷えてしまう状態をいいます。手足は心臓から遠い末梢にあり、血行の悪化による影響を最初に受けるため冷えの症状が現れやすい場所なのです。また、身体は重要な臓器のある胴体や脳のある頭部の血行をまず確保するため、血行が悪くなるとどうしても手足へ行く血液が減少してしまいます。
気温が低い時には特に強い自覚症状がありますが、血行悪化による冷えは季節に関係なく起こっていますので真夏でも冷えの症状は起こります。
血行が悪いと、身体のすみずみまで酸素や栄養素が届きにくくなり、老廃物もうまく排出されずにたまりやすくなりますから、冷える以外にもさまざまな不調につながる可能性があります。
血行が悪化する原因には下記のようなものがあります。

筋力の低下

運動不足は全身の筋肉を衰えさせますが、特にふくらはぎの筋肉が衰えることは足の冷えに大きく影響します。ふくらはぎの筋肉は重力に逆らって心臓まで血液を戻すために、ポンプのような役割を果たしています。ふくらあぎの筋肉が衰えるとこのポンプ機能が低下してしまい、血液が心臓に戻りにくくなって血行が悪化します。

基礎代謝の低下

生命活動を行うために必要最低限のエネルギーが基礎代謝です。基礎代謝は主に体温維持に使われているため、基礎代謝が低くなると体温が低くなり、冷えやすくなります。

食生活

栄養バランスの悪い食事は、ミネラルやビタミン不足になりやすく、血液の循環を悪化させます。また脂肪分の多い食事などで血液がドロドロになると流れが滞るため、血行は悪化します。

鉄分不足

鉄分不足は女性に多く、生理やダイエットなどで鉄分不足になり、適切に鉄分を摂取しなければ、いずれは貧血を起こします。酸素を運搬する役目を持った赤血球が減少するため酸素不足が生じます。これにより、体調不良、倦怠感、手足の冷えが起こります。

ストレス

緊張すると手足が冷たくなることがあることからわかるように、血行不良にはストレスも大きくかかわっています。

自律神経の乱れ

身体の体温調節を司っているのは自律神経です。暑い時には血管を拡げて体温を逃がしますし、寒い時には血管を収縮させて体温を逃がさないようにします。エアコンなどで季節に関係なく一定の温度が保たれた環境では、気温に対する感覚が鈍くなってしまいます。これにより体温調節機能がうまく働かなくなり、冷えにつながります。
また、腸の蠕動運動のコントロールも自律神経が担っているため、自律神経が乱れると便秘や下痢を起こしやすくなり、基礎代謝が低くなって冷えにつながります。
ホルモンのバランスが崩れることで自律神経が失調し冷え症になります。更年期を迎える女性に多い症状です。

喫煙

喫煙すると血管は急激に収縮し、血流を悪化させます。

冷え症のタイプ

手足が冷えるタイプ

血管が細い、または脂質異常症で血液がドロドロなどの血行が悪い状態だと、十分な血液が手足の先まで行きわたらなくなって冷えの症状が起こります。このタイプの冷え症は冷えのある手足だけを温めてもなかなか症状は改善しません。人間はまずは内蔵を温めようとします。そのため、血液を内蔵に集中させるため、手足などの末端には十分に熱がいきわたらなくなります。お腹や腰などの保温も心がけ体全体に熱がいきわたるようにしてみましょう。

下半身全体が冷えるタイプ

姿勢が悪い、長時間同じ姿勢で過ごす(同じ方向を向いて就寝する、同じ方向に足を組むなど)などで身体が歪み、特に骨盤のゆがみが原因で下半身を中心に血行不良となって冷えが起こるタイプです。冷えることで代謝が悪くなり、お尻や太ももに老廃物が蓄積されセルライトという塊になり、冷えがますますひどくなります。できるだけ正しい姿勢を保ち、デスクワークの場合はこまめに立ち上がって歩くよう心がけてください。また、入浴・下半身浴などで代謝をよくすることを心がけてください。

全体が冷えるタイプ

基礎代謝が低いため体温も低下し、身体全体が冷えているタイプです。身体がだるい、風邪をひきやすい、すぐお腹が壊れるなどの症状が現れますが、手足はそれほど冷えを感じないケースもよくあります。冷え性という自覚がない方が多いのですが、免疫力も低下している状態なので注意が必要です。

内臓が冷えるタイプ

自律神経の異常で手足の末端の血管が収縮できなくなり、そのため、内蔵臓器に血液を集められなくなるため内蔵が冷えてしまいます。ストレスとの関連が深い冷え症と言えます。 このタイプは手足は温かいことが多いので、冷え症と気付かないことがあります。しかし、お腹を下しやすくなった、体がだるい、風邪をひきやすくなった、などの症状があったら、このタイプの冷え症かもしれません。体を温める食べ物(生姜など)をとることで内蔵の冷えを予防することができます。

同じ冷え性でも原因は複数存在し、あなたの原因に合わせた施術をする必要があります。あなたがもし、これまで上記のような指摘を受けてこなかったのなら、当院の施術を受けていただく価値があります!
あなたのお悩みを根本改善し、血行を改善します。趣味ややりたいことを我慢せず、思いきり楽しんでいただける健康的なお身体へと導いていきます。

お客様の声

当院の他とは違う
3つの強み

①施術×アフターフォローで再発しない体作り

施術と施術後にご自身でもできるセルフケアをお伝えしたり、アフターフォローまでしっかりと行います!
再発しない体作り、痛みに応じて症状が回復する運動、施術が提供できる、脊柱管狭窄症や坐骨神経痛、ヘルニアから解放された方は続出です!

②ぎっくり腰に絶対的な自信あり!

腰が曲がってまともに歩けないギックリ腰も私にお任せください!!
長くても6回以内に治して見せます!!
1発で直す事もあるほどぎっくり腰の施術には絶対的な自信があります!

③院長が直接施術

私自身が大病経験者で左手左脚の運動神経障害・麻痺・痛みを約2年かけて自力で治した経験があります。
臨床経験も実体験も豊富です!
どの治療家よりも痛み、辛さを理解できます!

アクセス / 院情報

運営元 ほっと整体院
代表 榎本 尚幸
住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 TEL 04-7197-1235
駐車場 駐車場2台

院情報

完全予約制
土曜営業・受付時間 9:00~20:00
〒277-0861
千葉県柏市高田601-3