柏市 側弯症の治療法

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 側弯症の治療法

側弯症の治療の第1歩は原因の解明と診断

側弯症とは、7つの頚椎・12つの胸椎・5つの腰椎で構成される脊椎が、前から見て10度以上曲がる状態です。
成長期の子供に発症しますが、自覚症状が乏しいことから本人も家族を含めた周囲の人も気づかないことが多いです。
ただ、このように成長期の子供に多く見られる病気ですが、中年以降に発症することもあるので、その点を知っておくことも大切です。

発症する原因は100種類以上ありますが、その多くは原因が分からない特発性と言われています。
ただ、大切なことは原因を調べることで、例えば腹痛といっても原因が便秘なのか癌によるものなのかで治療法も異なります。
つまり、治療の第1歩は原因の解明と診断と言えます。
特に、自覚症状や気づきにくいということがあるので、身体診察・X線検査・CT検査・MRI検査・超音波検査・血液検査などの必要な検査を重視する必要があります。
これらの検査によりしっかりとした診断を受けて治療を開始するべきです。

側弯症の治療法としては、定期的な経過観察・装具治療・手術の3つに大きく分けられます。
カーブの大きさがコブ角で25度以下の軽度の場合には、3~6ヶ月毎にレントゲン写真を撮影して進行の具合をチェックする定期的な経過観察となります。
ただ、年齢が15~16歳で骨の成長が止まってきている時は、それ以上の大きさであっても定期的な経過観察で様子を見るケースもあります。
装具療法で用いられる装具も様々あって、腰椎だけ曲がっている場合はボストン型装具が使用しています。
また、側弯装具として有名なミルウォーキー装具、その他にもUWEB(ユーウエッブ)・デュアルジャケット・ジャケット型TLSOなどもあります。

それから、こうした装具で十分な矯正が見られない場合には、矯正力の強いギプスを約1ヶ月~2ヶ月の間程度まいて矯正するギブス療法があります。
また、 首と腰にベルトをして自分の力で背骨を伸ばすコトレル牽引法というのもあります。
このように装具を長期間つけていると体の筋力低下を引き起こすことが考えられるので、装具を徐々にはずしていく時に筋力強化として運動療法も行います。
また、体が硬い場合には弯曲の凹側のストレッチを行いますし、家族や本人が希望する場合にも体操などの運動療法を行うことがあります。

早期に発見して先に触れたような治療を適切にすることにより手術にいたる可能性が少ない病気です。
ただ、症状が進行する場合やすでに進行してしまった場合には、手術が検討されることもあります。
その際は手術を受けることもためらわない方が良いですが、医師としっかりと相談して納得することも大事です。
ちなみに、このような病院での治療以外にも整体院や整骨院での治療もあります。
ただ、整体院や整骨院での治療を受けている場合であっても、最低限病院でレントゲン写真を撮影して、進行の具合をチェックする定期的な経過観察を受けておくことも大切です。

柏市 側弯症の治療法なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME