柏市 肩鎖関節脱臼

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 肩鎖関節脱臼

幅広い年代で発症の危険がある肩鎖関節脱臼

鎖骨と肩甲骨が接する関節が肩鎖関節で肩鎖靭帯と呼ばれる靭帯によってつなぎ留められているのですが、損傷すると抑えがなくなって外面からも分かる程変形します。

この肩鎖関節にある3本の靭帯が損傷して鎖骨が浮き上がってしまうのが肩鎖関節脱臼で、酷い痛みがあり腕を上げられないケースもあります。

ただ首付近ということもあって手術は危険が伴うために、手を三角巾で吊ることで安定させ数日固定して温熱治療をすることが多いです。

症状によって6つのレベルに分類されていて、肩鎖靭帯に痛みが走る症状はあるけど靭帯の断裂は確認できないのが最も軽度なI型です。

肩鎖靭帯が完全に断裂して鎖骨が肩甲骨の上方に移動した状態がII型で、それよりも重度の脱臼で肩鎖靭帯・烏口鎖骨靭帯共に断裂が確認できる状態がIII型です。

それから鎖骨のずれaが大きな後方脱臼がIV型で高度脱臼がV型、鎖骨の先端が下にずれる下方脱臼がVI型です。

症状が重度になると痛みだけでなく外見に異変が確認できるので、その場合には早急に医療機関を受診することが大事です。

肩から激しく転倒することで肩鎖関節の靭帯を損傷することが最大の原因で、後ろから押されたり押さえつけられたり、肩と肩をぶつけ合ったり肩から床や地面に着地する行為が引き金になります。

サッカーや柔道などのスポーツで起こるケースが多いですが、幼い子供では腕を強く引っ張られるケースや自転車の練習で起こることもあります。

また、遊んでいる時に肩から転ぶとか、ボールの投げ過ぎによって起こることもあって、成長期の遊びやスポーツで発症することもあると把握しておく必要もあります。

ちなみに大人の場合は、先に触れたスポーツ以外にもバイク運転中の転倒や衝突、40代以上では階段や高所から飛び降りなどで起こることもあります。

肩鎖関節脱臼の発生を予防するには、激突するスポーツでは防具を付けることや肩を守れるように受け身の練習をすることです。

幼い子供の場合も同様に自転車の練習では、ヘルメット・肩パッド・腕パッドなど防具を装着する必要があります。

また、転倒してもクッションになる場所を選択することや、保護者が付き添い補助するなどの対施策も大事です。

若い頃と同じ感覚で行動することを控えることが40代以上の方の予防対策といえますし、高齢者は動作を慎重にすることが予防対策となります。

一般的な治療方法は痛み止めと三角巾で温感・冷感治療をして自然治癒する方法ですが、日常的な動作は短くても2ヶ月程の影響が出ます。

場合によっては10年以上かけて治療するケースもあるのです。

先にも触れましたが首付近ということもあって手術は危険が伴うため高度な技術を必要としますし、手術をしても3ヶ月以上しないと靭帯は修復できない状態で安静が必要になります。

いずれにしても自転車のハンドル操作や文字を書くなど、長い期間日常生活に大きな支障があります。

こうした病院での治療だけでなく整体や整骨院での治療も考えられるもので、特に整骨院は古くは骨接ぎと呼ばれていたので治療を受けるのに適しているとも考えられます。

柏市 肩鎖関節脱臼なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME