柏市 頸椎椎間板ヘルニアの治療

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 頸椎椎間板ヘルニアの治療

脊髄や神経根が圧迫される頚椎椎間板ヘルニア

脳からの指令は、電線のような役割をしている脊髄という神経の束により全身に伝わり、手や足を動かしたり痛い・痺れる・熱いなどを感じたりします。
この脊髄は背骨の中心にある脊柱管という空間を通っていて、それと共に守られるようになっています。
その背骨のうち首の部分を頚椎といって、7つの椎骨と間で衝撃を吸収するクッションのような役割を担う椎間板で構成されています。
この椎間板が後ろに飛び出して脊髄や神経根が圧迫されることで、様々な症状を引き起こすのが頸椎椎間板ヘルニアです。

発症する原因については分からないことが多いですが、加齢による椎間板の変形で飛び出すことや、猫背などの姿勢の悪さ、スポーツが要因で発症することもあります。
特に30~50代に多く見られる症状ですが、頚椎の脱臼など外傷が起因するものもあるので、若い人も注意が必要です。
発生する症状は多岐にわたるもので、首・肩・腕への痛みやしびれ、手先を使用する細かな作業がしづらくなる、力が入りづらくなるなど神経根の障害による症状があります。
また足がもつれて歩行困難になったり、頻尿・残尿・尿や便意の低下といった症状も起こったりする可能性があります。

それから、どの椎間板に異常が起きるかで脊髄や神経根に与える影響が異なるため、それにより症状の現れ方も様々という特徴があります。
頸椎の後ろにある椎間関節に異常が起こると、首の後ろ側から背中また胸の前あたりに、痛み・こり・だるさ・違和感などが発生します。
第四頸椎から下にある神経根が圧迫されると、肩から手先にかけて症状が起こりますし、第三頸椎から上にある神経根が圧迫されると、後頭部や側頭部にかけて痛みが生じます。
痛みが強くなると二次的な症状として、気分が悪くなり吐き気を起こすこともあります。
頸部にある脊髄が圧迫されると上半身だけではなく、足のつっぱり・歩行障害・尿失禁・尿コントロール障害など下半身にも神経障害が現れます。
いずれの症状も日常生活に支障をきたす可能性があるものなので、症状が進行する前に適切な治療を受けることが大事になります。

頸椎椎間板ヘルニアの治療には、保存的治療と手術の2つがあって、基本的には保存的治療で様子を見ることが多いです。
保存的治療には、神経に効果のある薬や消炎鎮痛剤・オピオイド・ビタミン剤などの内服、また頚椎牽引や頚椎カラーを装着する頚椎装具の装着などがあります。
これらを行っても症状が緩和しない時にはブロック注射を施行することもありますが、リスクもあるので熟練した医師に相談する必要があります。
保存的治療でも症状が改善しないで日常生活に支障が出る場合や、運動麻痺・歩行障害・膀胱直腸障害が起こっている場合には手術を考えます。
手術の方法は首の前から行う手術と後ろから行う手術の2つがあって、どちらにするかは脊柱管狭窄の程度や症状を出しているヘルニアの位置・形状などを考慮して医師が判断します。
ただ、手術を受けてもどの程度改善するかは患者で異なるので、そうした点も理解した上で医師と相談し手術を行うかを判断する必要があります。

脊髄や神経根が圧迫される頚椎椎間板ヘルニア

脳からの指令は、電線のような役割をしている脊髄という神経の束により全身に伝わり、手や足を動かしたり痛い・痺れる・熱いなどを感じたりします。
この脊髄は背骨の中心にある脊柱管という空間を通っていて、それと共に守られるようになっています。
その背骨のうち首の部分を頚椎といって、7つの椎骨と間で衝撃を吸収するクッションのような役割を担う椎間板で構成されています。
この椎間板が後ろに飛び出して脊髄や神経根が圧迫されることで、様々な症状を引き起こすのが頸椎椎間板ヘルニアです。

発症する原因については分からないことが多いですが、加齢による椎間板の変形で飛び出すことや、猫背などの姿勢の悪さ、スポーツが要因で発症することもあります。
特に30~50代に多く見られる症状ですが、頚椎の脱臼など外傷が起因するものもあるので、若い人も注意が必要です。
発生する症状は多岐にわたるもので、首・肩・腕への痛みやしびれ、手先を使用する細かな作業がしづらくなる、力が入りづらくなるなど神経根の障害による症状があります。
また足がもつれて歩行困難になったり、頻尿・残尿・尿や便意の低下といった症状も起こったりする可能性があります。

それから、どの椎間板に異常が起きるかで脊髄や神経根に与える影響が異なるため、それにより症状の現れ方も様々という特徴があります。
頸椎の後ろにある椎間関節に異常が起こると、首の後ろ側から背中また胸の前あたりに、痛み・こり・だるさ・違和感などが発生します。
第四頸椎から下にある神経根が圧迫されると、肩から手先にかけて症状が起こりますし、第三頸椎から上にある神経根が圧迫されると、後頭部や側頭部にかけて痛みが生じます。
痛みが強くなると二次的な症状として、気分が悪くなり吐き気を起こすこともあります。
頸部にある脊髄が圧迫されると上半身だけではなく、足のつっぱり・歩行障害・尿失禁・尿コントロール障害など下半身にも神経障害が現れます。
いずれの症状も日常生活に支障をきたす可能性があるものなので、症状が進行する前に適切な治療を受けることが大事になります。

頸椎椎間板ヘルニアの治療には、保存的治療と手術の2つがあって、基本的には保存的治療で様子を見ることが多いです。
保存的治療には、神経に効果のある薬や消炎鎮痛剤・オピオイド・ビタミン剤などの内服、また頚椎牽引や頚椎カラーを装着する頚椎装具の装着などがあります。
これらを行っても症状が緩和しない時にはブロック注射を施行することもありますが、リスクもあるので熟練した医師に相談する必要があります。
保存的治療でも症状が改善しないで日常生活に支障が出る場合や、運動麻痺・歩行障害・膀胱直腸障害が起こっている場合には手術を考えます。
手術の方法は首の前から行う手術と後ろから行う手術の2つがあって、どちらにするかは脊柱管狭窄の程度や症状を出しているヘルニアの位置・形状などを考慮して医師が判断します。
ただ、手術を受けてもどの程度改善するかは患者で異なるので、そうした点も理解した上で医師と相談し手術を行うかを判断する必要があります。

柏市 頸椎椎間板ヘルニアの治療なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME