柏市 腰痛整体情報

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 やせ型の胸郭出口症候群

 [記事URL]

痩せていてなで肩の人に多くみられる胸郭出口症候群

腕のしびれ・だるさ・痛みがあるためにつり革につかまっているのが辛いと感じてしまう方もいますし、逆に手を下げた状態でも同じような症状が出ることもあります。
このような症状だけでなくて、首から肩・背中の肩甲骨周辺にも現れたり、頭痛や手先のしびれとなって現れたりすることもあって、この場合には胸郭出口症候群という病気が疑われます。
この胸郭出口というのは、鎖骨と第一肋骨の間のすき間のことを指しているもので、腕や手指につながる神経の束や血管が通っている場所です。
何らかの原因でこのすき間が狭くなることにより神経や血管が圧迫されると、しびれやだるさ、痛みなどといった症状が起こるのです。

特に痩せていてなで肩の人は、元々このすき間が狭いことから症状が発生しやすいですし、こうした体形の若い女性は首や肩を支える筋肉が弱いため肩こりが起こりやすい傾向にあります。
また、腕を上げていると手が冷たくなってしまう人や、腕や手指の色が青白くなっている人、首・肩・肩甲骨周辺がうずくように痛む人も注意が必要です。
ただ、こうした症状は脊椎の病気や肺の腫瘍などでも起こるので、まずは病院を受診して診断を受けるように心がけると良いです。

この胸郭出口症候群で発生する様々な症状は、長時間悪い姿勢を続けることでさらに悪化する可能性があります。
長時間デスクワークを続けることで、肩こりが酷くなることはよく経験することで、これは首の筋肉の緊張が長く続くためです。
特にパソコン操作している時には、頭が上半身よりも前に突き出た姿勢になりがちで、とてもバランスが悪い姿勢になっています。
このように体の前方に重心が偏ることで、首・肩・背中の筋肉が引っ張られて、強い筋肉の緊張が長く続くことになるのです。
ですから、長時間のデスクワークをする際には、まずは座る姿勢に注意する必要があって、顎だけが前に突き出て重心が前に偏らないようにすることです。
つまり、猫背にならないように顎を引いた姿勢を心がけることです。
またパソコンのキーボードの高さ、書類を置く位置などにも注意し、作業中は腕が下がった状態が続くので、1時間に1回程度の割合で、腕を頭の上に上げたり首を動かしたりする運動を心がけると良いです。

胸郭出口症候群の症状を改善するには、神経と血管の通り道を広げる必要があって、その為には胸郭・肩甲骨などの位置関係や動きを改善する運動をすると良いです。
例えば、肘を曲げたまま腕を大きく回す運動です。
肘を体の前に突き出し、腕を大きく回して肘を外へ開き、そのまま肘を下の方へ回して再び元の位置に戻します。
この運動を5回、反対回しを5回をひとつの目安として、毎日仕事の合間などに行うと良いです。
また、その際に肩甲骨をゆっくり大きく動かすようにすると、刺激が肩周辺の筋肉に伝わってストレッチ効果も大きくなって、胸郭や肩甲骨などの動きの改善にもなります。
これ以外にも、首をゆっくり前・右・後ろ、前・左・後ろと半円に回す運動も効果的で、頭の重みで首の筋肉を伸ばすような感覚で実施すると良いです。

柏市 やせ型の胸郭出口症候群なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 恥骨結合離開の痛み

 [記事URL]

行動に注意し予防法を実践して恥骨結合離開が起こらないようにする

恥骨は繊維と軟骨から構成されていて、骨盤の前側の部分において左右の骨盤をつなぐ役割を果たしています。
通常は骨がしっかりと結合していて体を支えているのですが、妊娠するとリラキシンというホルモンが骨盤周囲の靭帯を緩め、それと共にこの骨盤の結合部分も緩めます。
これは、成長した赤ちゃんの頭が狭い産道を通り抜けるために必要なことで自然なことなのですが、これにより仙腸関節と恥骨結合に痛みが出る人も少なくないです。
特に、臨月になると出産に備えて恥骨結合の緩みが大きくなって、分娩時には緩みが最大となって、中には恥骨結合部が広がりすぎて離開してしまう人もいます。
これが恥骨結合離開というもので、その為分娩直後に恥骨ケアをすることがとても大切なのです。

恥骨結合離開の主な症状は、恥骨部・下腹部・太股・腰・会陰・足などに痛みがあって、その痛みは鋭い痛み・鈍痛・ズキズキするような痛み・きしみなどの激痛です。
そして、産後も痛みが続いたり、さらに強くなる場合もあったりして、前に歩けないけど後ろ向きならぎりぎり歩けるとか、立ち上がり時や起き上がり時に激痛があると言った症状が起こります。
また、寝返りが痛くてできない・階段の昇り降りができない・足に少しでも触れられだけで激痛が起こる・痛みでトイレに10分以上かかるといった症状も起きてしまいます。
このように、日常生活に支障をきたす症状が起こることで、戸惑いと困惑で心身共に辛い思いをする方が多いという特徴もあるのです。

ですから、恥骨結合に緩みや開きがあると自覚した際には、物を持ち上げたり運んだり、また長時間立ったり歩いたりなど負担のかかる行動は避けるべきです。
また、股を開く動作を避ける・良い姿勢を保ち腰を曲げたり捻ったりしない・車の乗り降りの際には膝をくっつけた状態を心がけることです。
それから、頻繁に快適な姿勢で休む・膝を曲げた姿勢で横になる・膝の間に枕を挟み横になる・膝をわずかに開いて座る・足を組まないという行動を心がけることも大事です。
ベッドに横になったり起き上がったりする時には、足を開かないようにして、寝返りの時もできるだけ両足を一緒にすることも大切です。
このようなことに注意して行動することです。

また恥骨結合離開の予防法としては、日常の癖を改めるということがあります。
具体的には、片足荷重をしたりバックの片掛けをしたりしない、足組み・女の子座り・アヒル座りをしないなどで、こうした癖などを意識して改めることです。
また出産前から体の歪みを治すことも大事で、意識することは少ないでしょうが、人間の体は毎日歪んでいるのです。
ただ、体を延ばすなどの動きをすることで、歪みはその日の内にリセットされるので、頻繁に伸びるようにすることを心がけると良いです。
それから体を動かすことも大切で、運動をすることで血流やリンパの流れがよくなって筋肉の固さが改善され予防につながります。
ちなみに、運動と言ってもスポーツやヨガなどを無理にする必要はなくて、単に足首や手首をグルグル回すだけでも血流やリンパの流れはスポーツ時と同じぐらい良くなるのです。

柏市 恥骨結合離開の痛みなら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 仙腸関節炎による腰痛

 [記事URL]

仙腸関節炎による腰痛がなかなか改善しない理由

一般に聞き慣れない仙腸関節とは、そもそもどんな関節なのかというと、骨盤の背骨を受け止める仙骨と一般に腰骨とか骨盤と呼ばれる腸骨で成り立っている関節です。
肩・膝・肘の関節のように大きく動くことはできませんが、わずかに可動性を持っている関節で、歩行する時や座る動作の時に0.5~2mm程の可動範囲で動きます。
上半身からの荷重を支える役割があることから靭帯が発達していて、前仙腸関節靭帯・後仙腸関節靭帯・長後仙腸靭帯・仙結節靭帯・骨間靭帯などがあります。
仙腸関節面の形状は個人差が大きいのですが、荷重を支え伝達する役割があることから、他の関節と比較して関節面の摩擦係数が大きいといった特徴があるのです。

この仙腸関節というところに炎症が発生する症状のことを仙腸関節炎と言います。
なぜ炎症が起こるのかというと、主に仙腸関節のずれと歪みが原因として考えられます。
腰を曲げる動作や前屈・後屈をする時に仙腸関節が起点となって、前屈では仙骨が前傾して前に倒れ 後屈では仙骨が後傾し体を反らしやすいようにします。
また仙腸関節は、上半身の体重を2分にして骨盤の方へと力を分散している部分なので、姿勢や体重のかかり方により仙骨は腸骨に対して歪みが起こってしまいます。
粉の歪みが生じると上半身の体重を均等に分配することができなくなって、仙腸関節へと体重が過剰にかかりすぎてしまい炎症を起こして痛みとして現れるのです。
例えば、地震などで傾いてしまった家のドアを無理やり開けようとしてもあかないですし、開けようとすることで様々な部分に負担がかかります。
これと同様に仙腸関節も歪むことで動きが悪くなったり、動かなくなったりしますし不具合を生じてしまうのです。

その為、発症してしまった場合の治療としては、原因となる骨盤のずれと歪みを治すことで、仮に炎症が取れて痛みが治まっても、根本の歪みが残っていると再発したり慢性的になったりするものです。
しかも、能動的に動かす筋肉が関節になく、腰に関連する様々な筋肉により受動的に動いている関節のために、このような機能不全を起こすと治りにくい特性があります。
その為、患部に対して電気を当てたり、腰の牽引器で引っ張ったり、シップを貼ったりしても、根本原因である仙腸関節の歪みを取り除いてあげないと改善することはありません。
ですから、しっかりと根本から治す必要があると言えるのです。
例えば、先に挙げた例のように倒れかけの家において、壁にヒビが入っている状態で単に壁紙を貼りかえても何の対策にもならないのと同じです。
しっかりと基礎から立て直して修繕する必要があるのと同じく、人間の体も土台となる背骨・骨盤からしっかりと治療しないとダメなのです。
これが仙腸関節炎による腰痛がなかなか改善しない理由として考えられることなので、このことを理解して治療を受ける必要があります。
病院での治療でなかなか症状が改善されない場合には、こうしたことが影響している可能性もあるので、整体院や整骨院での治療も考えてみると良いです。

柏市 仙腸関節炎による腰痛なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 関節運動学

 [記事URL]

関節運動学という医学を応用したAKA腰痛療法

腰痛の約80%~90%は原因がわからないといわれていますが、では一体どこから起こっているのでしょうか?
それは、神経ブロックが一時的にしか効かないと言われる関節にわずかな不適合起きる可能性のある骨盤の後ろの方の関節となる仙腸関節です。
また、もうひとつ背骨の後方にある関節の椎間関節というのもあります。
ただ、椎間関節と異なり仙腸関節はそれを動かす筋肉がついていないので、不適合が発生してしまうと仙腸関節自体が動かして治ることはないのです。
その為、医師などの専門家が直接直さないと、その不適合状態が長く続いて腰痛がなかなか治りにくい原因になってしまうのです。

このようなメカニズムで腰痛が発生してしまうこともあるのですが、仙腸関節が動かない関節であると考えられてきたので、仙腸関節が腰痛の原因として考えられていなかったのです。
つまり、動かない関節は痛みを起こすことはないので、仙腸関節は無関係というのです。
しかし、実際は仙腸関節は動く関節で、それは自分の骨盤を両手で触りながら腰を捻ったり、回したりすることで分かることです。
では、なぜ動かないと信じられてきたのかと言うと、死後硬直した仙腸関節は全く動くことはなく、解剖で学んだ医師としては動かないと信じるしかなかったのです。

そこで、AKA腰痛療法の開発者である博田節夫先生は、腰痛の患者の多くが腰を前後左右に動かすことが困難という点に着目して、どこが動かなくなっているかを考えたのです。
そして実際に触診してみた結果、仙腸関節が影響していることを突き止め、仙腸関節を動くようにすれば腰痛の治療ができるのではないかと考えたのです。
また、関節運動学で関節の動きが悪くなることで、関節の遊びがなくなるということを発見して、それを逆手に関節の遊びを改善することで関節の動きが正常になるのではないかと考えたのです。
このように関節運動学という最新の医学を応用して結論に至った治療方法がAKA腰痛療法といえます。

この療法は、実際5分から10分間程度の治療で、患者は仙腸関節を触れられたと感じる程度で施術中に痛みを感じることもありません。
そして、仙腸関節が本当に動くようになったかを確認するために、下肢部を動かして以前より動きがよくなったかを医師が診察します。
患者は腰がすぐに楽になった感じることができますし、たとえぎっくり腰でも数日のうちに痛みがなくなると言われています。
ただし、この療法は非常に難しい技術が必要になることから、誰でも簡単には習得することはできませんし、治療することもできません。
しかし、今後素晴らしい効果があることから、医学界に普及していくようになると、現在よりも多くの医師が治療できるようになると考えられます。
また、現在は健康保険の適応外になっていますが、治療費の面でも変わってくる可能性はあると言えます。
ちなみに、このような現状なので治療が受けられる病院にいっても混雑している可能性があるので、混雑状況を確認した上での来院を考えると良いです。

柏市 関節運動学なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 顎関節症の全身症状

 [記事URL]

顎関節症は全身に様々な影響を引き起こす可能性もある

顎関節症は、顎の関節周辺において何らかの要因で痛みや口が開かないなどの機能低下が起きる症状のことです。
何ら治療をしなくても治る場合もありますし、治療をしなかったために慢性化したり、その他の症状を引き起こしたりする場合もあります。
また症状が悪化した場合には、口が開けられない・顎に痛みやしびれがある・噛むと痛いなどの症状が起こって、それにより日常生活にも支障をきたします。

主な原因としては、噛み合わせの悪さと言われてきましたが、それだけでなく下顎骨の位置がずれる・咀嚼筋のバランスの悪さ・関節包や靭帯のバランスの悪さなどもあります。
また、関節円盤のずれ・関節の変形・骨盤や背骨など体の歪みなども原因として考えられます。
それから、原因がひとつの場合もあるし、2つ以上の複数の原因が絡み合う場合もあって、悪くなればなるほど多くの原因が関係してくる傾向があります。

先にも少し触れましたが、顎関節症をそのまま放置していると全身に様々な影響を引き起こしてしまうことがあります。
例えば、肩こり・首のこり・めまい・耳鳴り・頭痛・吐き気・不眠症・視野狭窄・内臓機能低下・自律神経失調症やうつ病などです。
実は、顎関節は頭蓋骨と関節をなしていることから、顎関節の歪みが噛む力で頭蓋骨に伝達されて、頭蓋骨まで歪めてしまう可能性が考えられます。
その結果として、自律神経失調症やうつ病の発症につながることも少なくないのです。

このように顎関節症と自律神経失調症・うつ病に深い関係があるのは、顎関節の歪みが頭蓋骨の歪みを引き起こすだけではないのです。
顎関節が歪むことで生活が乱れてくると、正常な人と比較して自律神経失調症やうつ病になりやすくなるのです。
また、逆に頭蓋骨が歪むと顎に歪みが出てきてしまうことも考えられるので、自律神経失調症やうつ病の方は顎の使い方に気を付ける必要もあります。
こうした自律神経失調症やうつ病との関係を知っておくことも大事です。

それから、稀に歯が痛くて歯医者に行ったけど虫歯はないと診断される方もいて、これは顎関節症により神経が誤操作を起こして痛みを感じてしまっているためです。
これは下顎神経と言う三叉神経の枝となる下歯槽神経が、口腔内にある筋などによって締め付けられたり、顎の歪みで下歯槽神経に行っている血管が締め付けられたりするからです。
このように歯の痛みに顎が関係してくることもあるので、そのことも理解しておくと良いです。
ただし、顎に歪みのない人でも起こることがあるので、安易な地診断をするのではなくて、どのような痛みであっても感じる場合には、まず歯医者を受診する必要があります。

顎の関節周辺に痛みや口が開かないなどの機能低下といった症状だけでなく、自律神経失調症やうつ病につながったり、虫歯のような痛みを感じたりと顎以外にも影響します。
そのようなことにならないためにも、また日常生活に支障をきたさないためにも、早めに病院を受診して診断してもらうことです。

柏市 顎関節症の全身症状なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 椎間板ヘルニアの保存療法

 [記事URL]

椎間板ヘルニアは腰痛の原因として最も多い

重いものを持ち上げた時や何らかの拍子に、突然腰の痛みに襲われることもあって、そのような急な腰痛は無理に動かないで安静にすることです。
ただ、下肢にまで響くような痛みやしびれを感じる、排尿・排便ができないなどがある時には、椎間板ヘルニアの心配があるので病院を受診することが大事です。
このように、腰痛の原因として最も多くaみられる椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎骨間でクッションの役割をしている椎間板が変性して組織の一部が飛びだすものです。
そして、飛びだした組織の一部が周辺の神経を圧迫することで、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を引き起こしてしまうのです。
椎間板が変性して組織の一部が飛びだす原因となるのは、姿勢・動作などの環境要因や元々の体質・骨の形などの遺伝要因、そして加齢が影響します。
実は、座る・立ったまま前屈みになるといった姿勢や動作で、椎間板には体重の約2・5倍の圧力がかかるので、こうしたことの繰り返しが、変性をもたらして発症につながるのです。

治療法としては保存療法と手術療法があって、自然治癒することもあるので、まずは保存療法から治療が進められます。
保存療法としては、激しい痛みを抑えるための局所麻酔やステロイド薬を注射する神経ブロック注射があります。
また、非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使用して痛みを抑える薬物療法、筋肉を強化するための体操や専用の器具で体を牽引する理学療法もあります。
このような保存療法を実施しても痛みが改善されない場合や、脚に麻痺がある場合、日常生活に支障があって本人が希望する場合などには手術療法が行われます。
ちなみに、厚生労働省の作成した診療ガイドラインでは、排尿・排便障害がある場合には、48時間以内に手術を受けるように進められています。

手術療法の方法としては、患部を背中側から切開してヘルニアを切除する後方椎間板切除術があります。
また腰痛が酷い場合には、この後方椎間板切除術と同時に、金属などで骨を固定する椎間固定術が行われます。
それから背中を切開しないでヘルニアを切除する新しい手術法として経皮的椎間板療法というのもあります。
ただし、この手術法は適応するヘルニアのタイプが限定されていますし、レーザーを使用する場合には健康保険の適応外になります。

一般的に腰痛を引き起こす原因のほとんどは、日常生活における何気ない姿勢や動作によることが多いです。
ですから、日頃から腰に対する負担を減らすように心がけると共に、いろいろと工夫することが腰の痛みを減らすことになりますし、椎間板ヘルニアの発症を予防することにつながります。
また、そのことはすでに発症して経験した方の再発防止にもつながることです。
具体的に予防・再発防止につながることとしては、ストレッチをしたり・体重の増加に注意したリ・筋力を強化したりすることなどが考えられます。
このようなことを日常生活に反映させて行くことが大事になると理解しておくと良いです。

柏市 椎間板ヘルニアの保存療法なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 変形性腰椎症の完治

 [記事URL]

変形性腰椎症で腰痛に悩まされることもある

腰痛に悩まされていて、単なる疲れと考えている方もいるでしょうが、もしかすると椎間板の劣化で起きてしまう変形性腰椎症かも知れません。
どのような原因で発症するのか、どのような治療法があるのかなどを知っておくと役立ちます。
中高年に多い症状でこれは加齢と共に椎間板が劣化して弾力がなくなってきてしまうからで、先にも触れましたが椎間板の劣化が主な原因です。
椎間板の弾力が失われてしまうと、脊椎骨も変形してきて脊柱も安定しなくなって、周辺の神経などが刺激されるなどの影響が起こります。
また、それを守るために椎骨が作り出す骨棘が痛みを起こしますし、他にも関節や靭帯のせいで腰痛を引き起こす人もいるのです。
このように加齢が主な原因とされていますが、日常的に腰に対し負担がかかるような仕事を継続してきた人も発症しやすいです。
また、更年期障害の女性もかかりやすいと言われているので、このような条件に該当する方も注意が必要です。

発症した場合の主な症状は腰の痛みやこわばりで、椅子から立ち上がる時に痛みが特に強くなります。
また、寝ている時に寝返りをうつと腰が痛くなる人もいますし、最初にズキッと鋭い痛みが走っても、動き続けていると痛みが軽減していくこともあります。
変形性腰椎症の治療法としては、炎症を抑えるための薬や筋肉のこわばりをとる薬を投与する薬物療法があります。
また、お風呂や温泉だけでなく、ホットパックなどを使用して体を温める温熱療法もおすすめの治療法です。
それから痛みを起こしている部位に対して低周波を流すことにより、筋肉のこわばりなどを改善する電気治療法も状態によっては適した治療法となります。

適度な運動を通して基礎体力や筋肉を回復させて、痛みを軽減するといった目的で運動療法に取り組くむことも少なくないです。
では、具体的にどのような運動をすることでリハビリにつながるのかというと、まずは体幹トレーニングです。
痛みが強い人にはおすすめできませんが、体幹を安定させるための筋トレが効果的な人も少なくないです。
また、医師・療法士・整体師・柔道整復師などの専門家の指示で、腰椎を元の位置に戻すストレッチなどもおすすめです。
ですから、病院以外にも整体院や整骨院での治療も検討すると良いです。
ただし、こうした保存療法で改善しない場合や重度の症状に悩まされている場合には、手術も視野に入れる可能性もあります。
具体的には、痛みの原因にもなる骨棘を取り除く手術や、神経圧迫を軽くするために脊柱管を拡げる手術、インプラントなどを埋め込んで腰椎を固定する手術などがあります。

変形性腰椎症による腰の痛みを軽くするために、コルセットやサポーターなどのグッズを使用することもあります。
骨盤の周辺や腰に巻き付けたり固定したりすることにより、動きやすくなる人も多くいるのです。
コルセットやサポーターなどのグッズは、インターネットやドラッグストアでも購入できますが、整形外科や整骨院で相談して購入する方が良いです。
ただコルセットやサポーターは、あくまでもサポートアイテムで完治することはないことを理解しておく必要があります。

柏市 変形性腰椎症の完治なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 側弯症の治療法

 [記事URL]

側弯症の治療の第1歩は原因の解明と診断

側弯症とは、7つの頚椎・12つの胸椎・5つの腰椎で構成される脊椎が、前から見て10度以上曲がる状態です。
成長期の子供に発症しますが、自覚症状が乏しいことから本人も家族を含めた周囲の人も気づかないことが多いです。
ただ、このように成長期の子供に多く見られる病気ですが、中年以降に発症することもあるので、その点を知っておくことも大切です。

発症する原因は100種類以上ありますが、その多くは原因が分からない特発性と言われています。
ただ、大切なことは原因を調べることで、例えば腹痛といっても原因が便秘なのか癌によるものなのかで治療法も異なります。
つまり、治療の第1歩は原因の解明と診断と言えます。
特に、自覚症状や気づきにくいということがあるので、身体診察・X線検査・CT検査・MRI検査・超音波検査・血液検査などの必要な検査を重視する必要があります。
これらの検査によりしっかりとした診断を受けて治療を開始するべきです。

側弯症の治療法としては、定期的な経過観察・装具治療・手術の3つに大きく分けられます。
カーブの大きさがコブ角で25度以下の軽度の場合には、3~6ヶ月毎にレントゲン写真を撮影して進行の具合をチェックする定期的な経過観察となります。
ただ、年齢が15~16歳で骨の成長が止まってきている時は、それ以上の大きさであっても定期的な経過観察で様子を見るケースもあります。
装具療法で用いられる装具も様々あって、腰椎だけ曲がっている場合はボストン型装具が使用しています。
また、側弯装具として有名なミルウォーキー装具、その他にもUWEB(ユーウエッブ)・デュアルジャケット・ジャケット型TLSOなどもあります。

それから、こうした装具で十分な矯正が見られない場合には、矯正力の強いギプスを約1ヶ月~2ヶ月の間程度まいて矯正するギブス療法があります。
また、 首と腰にベルトをして自分の力で背骨を伸ばすコトレル牽引法というのもあります。
このように装具を長期間つけていると体の筋力低下を引き起こすことが考えられるので、装具を徐々にはずしていく時に筋力強化として運動療法も行います。
また、体が硬い場合には弯曲の凹側のストレッチを行いますし、家族や本人が希望する場合にも体操などの運動療法を行うことがあります。

早期に発見して先に触れたような治療を適切にすることにより手術にいたる可能性が少ない病気です。
ただ、症状が進行する場合やすでに進行してしまった場合には、手術が検討されることもあります。
その際は手術を受けることもためらわない方が良いですが、医師としっかりと相談して納得することも大事です。
ちなみに、このような病院での治療以外にも整体院や整骨院での治療もあります。
ただ、整体院や整骨院での治療を受けている場合であっても、最低限病院でレントゲン写真を撮影して、進行の具合をチェックする定期的な経過観察を受けておくことも大切です。

柏市 側弯症の治療法なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 野球肩の予防ストレッチ

 [記事URL]

次の症状に心当りのある方は、もしかすると「野球肩」かもしれません。

・投球などの動作で肩を動かすと痛い

・肩を上げる途中で痛みを感じる

・手のひらを返すと痛い

・腕を90度挙げた状態を長く維持できない

・野球をしており、投球しすぎると痛い

・野球をしており、変化球を多く投げる

野球肩とは、何も野球選手だけに起こる症状ではありません。

水泳、バレーボール、テニス、アメフト、ハンドボール、陸上のやり投げなどの肩を大きく振りかざすスポーツ全般で発症します。

原因については、一概にはいえませんが、肩を繰り返し酷使するもの、そしてフォームの悪さなどが考えられます。

【野球肩を発症しやすい年齢・年代】

どの年代でも発症の可能性はあります。

しかし、その中でも発症しやすい年齢としては、筋肉や腱、その他の組織が成長段階にあって、不完全である幼少期、思春期のお子様に多く発症する傾向があります。

お子様は、あらゆる機能が柔らかく、付着する腱の牽引によって損傷を受けやすいのが原因です。

成人の場合では、肩関節の柔軟性が低くなる事が原因で、加齢や運動不足、ストレス、血行不良などが原因として考えられます。

【野球肩の予防ストレッチ】

野球肩は、一度なってしまうと治療に長い期間を要しますが、毎日の丁寧なストレッチで症状が緩和できることもありますので、この機会に覚えておきましょう。

特に、毎日ハードに運動をしている方、今後も長く運動を続けたい方、運動能力を落としたくない方は、必見です。

・肩を内側にひねる

野球肩の代表的なストレッチで、プロのアスリートも取り入れる方法から紹介します。

まず、正座します。

この状態から、両手を前に伸ばし、上体を倒します。

このとき、肩を内側に入れるようにして、30秒キープします。

次に、腕を斜め45度方向床上に伸ばし、腕を内側にひねり肩を入れながら上体を倒します。

30秒キープしたら左右同じように行ないます。

・上体そらし

上体をそらしたり、胸を張りながら、筋肉の柔軟性を高めることで野球肩の改善に効果的です。

うつ伏せの上体から両手を床につけて、上体だけを持ち上げ、腰をそらします。

腹筋が伸びている事も意識しながら、そのまま30秒キープしましょう。

今度は、まっすぐに立ちます。

両手を後ろで組み、左右の肩甲骨を寄せるように、腕を持ち上げて胸を張ります。

そのまま30秒キープしましょう。

・投球前のストレッチ

次は、運動をする直前にお勧めのストレッチです。

両手を上げ、投球する側の肘を曲げ、反対の手で肘を頭の後ろに引き寄せて、30秒キープします。

そのまま体を横に倒し、わき腹、肩周辺の筋肉をさらに伸ばしましょう。

30秒キープしたら、左右同じように行ないます。

ストレッチは、無理に反動をつけてはいけません。

呼吸を整えながら、ゆっくりとした動作で、筋肉の伸縮に意識することが大事です。

運動前後のストレッチを丁寧に行なうことで、野球肩だけでなく、あらゆるスポーツ障害の予防へと繋がりますよ。

柏市 野球肩の予防ストレッチなら、ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 野球ひじのタイプ

 [記事URL]

野球の送球直後に肘周辺に違和感や痛みを感じる事はありませんか・

その痛みは、時間の経過とともに、強くなり、次第に、腕全体が痛みで動かせない、という場合は、「野球ひじ」を疑いましょう。

一度「野球ひじ」になってしまうと、改善が難しく、大好きな運動を休まざる得ない場合や、運動能力の低下などといった問題に発展するので、放置は大変危険です。

ここでは、「野球ひじ」を早めに改善し、長く運動を楽しめるようなストレッチや対処法などを紹介します。

ただし、自己判断は禁物です。

痛みが出た場合は、まずは、お近くの医療機関で詳しく検査を受けるようにしましょう。

「野球ひじ」と思っていた症状が実は別の病気による痛みだった、という可能性も否定できませんので、必ず詳しい検査を受ける事を優先にしましょう。

【「野球ひじ」のタイプ別特徴】

・肘の内側が痛む

痛みが肘の内側に集中する「内側タイプ」は、「野球ひじ」の中でも最も多い症状です。

手首を曲げる時に動く筋肉が肘を引く力と、手首が内側に入り肘を外へひねる力が反復することで、「野球ひじ」の症状が現われます。

・肘の外側が痛む

成長期のオーバーワークで発症するのが「外側タイプ」で、ボールを投げる時に、外へひねらる強い力によって、肘関節の骨と骨がぶつかるのが原因。

その時、軟骨部位が次第にはがれ、痛みとして現われます。

・肘の裏側が痛む

筋肉が発達した高校生以上に見られる症状で、リリース後、肘関節を伸ばしたとき骨同士がぶつかるのが原因。

身体の成長に伴い、肘にかかる負担も大きくなるので、発症のリスクも高まります。

【「野球ひじ」の改善ストレッチ】

「野球ひじ」の予防、改善、再発防止には、運動前後の丁寧なストレッチが最適です。

・その1

疲労の蓄積を改善し、「野球ひじ」を予防します。

四つんばいになってください。

手指を自分側に向けて、肘を前方に向けます。

肩から腕のラインをまっすぐに伸ばし、重心をやや後方に下げます。

前腕の筋肉が伸びるのを意識しながら、30秒キープしましょう。

・その2

肩周辺の筋肉の緊張をほぐし、肘への負担を軽減します。

ボールを投げる側の肘を反対の手で持ち、頭の後ろに曲げます。

曲げている側の手は、肩甲骨を触るように腕の筋肉を伸ばしましょう。

呼吸を止めずに、30秒キープ、左右同じように行ないましょう。

・その3

ボールを使って肩周辺の筋肉の柔軟性を高めます。

テニスボールや軟式の野球ボールがお勧めです。

肘を軽く曲げて、腕の付け根辺りにボールがあたるようにして、グリグリと圧をかけます。

軽く転がす程度でも十分です。

気持いい程度の圧で、左右同じように筋肉を和らげましょう。

次は、腕を下ろし、腕と肩のつなぎ目辺りにボールを当てて、コロコロしましょう。

左右同じように適度な圧で、ボールを転がしてください。

ボールの上に仰向けになるだけでも適度な圧がかけれます。

あたりが強すぎる場合は、タオルなどを挟んで圧を調整しましょう。

上記のストレッチを毎日の運動前後に行なうだけで、野球肘予防が期待できます。

柏市 野球ひじのタイプなら、ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 変形性膝関節症の原因

 [記事URL]

変形性膝関節症とは、膝関節の骨と骨の間にある軟骨が磨り減り、筋力の低下によって膝に痛みを感じる病気です。

主な症状は、膝が伸ばせない、伸びきらない、伸ばすと痛いなどがあります。

【変形性膝関節症とは】

骨と骨の摩擦を防ぎ、スムーズな動きを実現するため、関節にはクッション性の軟骨があります。

しかし、加齢やその他の要因で、その軟骨が磨り減ったり、筋力が低下すると、骨と骨が直接ぶつかり摩擦によって変形して痛みを生じます。

中高年に多く見られる変形性膝関節症は、中でも女性ホルモンの減少によって、コラーゲンやヒアルロン酸、カルシウム等が激減する更年期の女性で患者数が急増します。

初期の段階では、痛みが長く続かず、しばらく安静にするとまた元通りの状態になるため、「年齢のせいかもしれない」「気のせいかも」と放置する方が多いようです。

そのため、病院を受診する頃には、症状はさらに悪化し、日常生活に大きな支障となることが一般的。

変形性膝関節症は、早めに適切な治療を受けることで、症状の悪化を食い止めることができますので、正しい知識を身につけ、適切に対応できるよう心がけるのが重要です。

【変形性膝関節症の症状は?】

変形性膝関節症といっても現れ方や進行具合は個々で異なります。

例えば、レントゲン写真で、かなり変形が進んでいるのが確認できるのに、自覚症状がほとんどない、というタイプから、ひどい痛みで悩まされているにもかかわらず、レントゲン写真では、なんら異常が確認できない、など、実にさまざまです。

・初期の症状

変形性膝関節症は、膝に違和感を覚えるのが特徴で、その違和感は、朝の第一歩に現われます。

膝に力がかかる動作で痛みを自覚しますが、その痛みは長くは続きません。

しばらく、すると症状が緩和し、また朝だけに感じるため、まさか自分が変形性膝関節症とは疑わない方もいます。

さらに、人によっては、朝だけ違和感を感じつつも、その後症状が進行せず、変形性膝関節症にならないケースも珍しくありません。

・中期の症状

症状は少しずつ進行します。

この段階では、自覚症状がはっきりし、膝は完全に曲がらない、伸ばせない、正座ができない、しゃがめないなどの悩みを抱えるようになります。

もちろん階段の上り下りも難しく、炎症によって膝周辺が腫れたり、熱感、むくみ、張り、重だるさ等があります。

時に、膝に負荷がかかるたびに、ガリガリ、ゴリゴリという音も。

・重度の症状

日常生活にまで支障を及ぼすほどの激しい痛みで、自宅に閉じこもるようになります。

思うように動けないストレスからうつ状態に陥りやすく、特に高齢者の場合は、これを機に寝たきりになる事も。

ここまで進行すると外見からも膝の変形がすぐに分かるようになります。

【変形性膝関節症の原因】

原因は、加齢やホルモンバランスの乱れ、筋肉の衰えや肥満、膝への負担、不良姿勢、適さない靴やケガ、病気などがあります。

女性の場合は、閉経後に変形性膝関節症のリスクが高まるため、生活習慣を見直したり、運動による筋力アップなど、早めの対策が不可欠。

男性の多くは、肥満による膝への負担、重労働による疲労の蓄積等が要因になる事がありますので、早めに問題要因を改善しましょう。

自宅でできる簡単な運動には、膝を上げたり下ろしたりする方法があります。

椅子に深く腰かけて、片足を持ち上げ、モモとひざが水平になるようにします。

そのまま10秒キープを左右繰り返し10回ずつ行ないましょう。

慣れてきたら、足首に重石をつけるのもお勧めです。

柏市 変形性膝関節症の原因なら、ほっと整骨院」にお任せください。


柏市 変形性ひざ関節症の症状

 [記事URL]

変形性ひざ関節症とは、膝が痛い、と訴える方の大半に見られる症状で、怪我をしたわけでもないのに、膝に痛みがある。

病院で詳しく調べてもらったけど、結局原因が見つけられなかった、等が特徴的。

また、いつ膝が痛くなったのか、なぜ痛いのか、その具体的な原因が特定できず、気づいたら膝が痛くなっていた、というのが変形性ひざ関節症です。

変形性ひざ関節症は、膝の痛みの中では最も多く、さらに膝の内側に痛みが出るのが特徴です。

椅子から立ち上がった時や、歩き始めの一歩、次の動作に移ろうとした瞬間などに、膝周辺にズキンズキンと痛みが起こります。

その他にも階段を上がる際に力が入らず、膝がガクッと抜けたようになることもあります。

【男性に比べて女性に多く発症する?】

変形性ひざ関節症は、男性に比べると女性の発症率が高くなっています。

原因としては、女性は男性よりも筋肉量が少なく、かつ関節自体も浅い構造になっているため、負荷を受けやすいのではと考えられています。

その他、女性は、閉経前後に女性ホルモンが激減します。

女性ホルモンは、骨の強度にも深く関わっているため、その減少により骨がもろくなると、変形が進み、変形性ひざ関節症になりやすいとも言われています。

【なぜ膝が変形するの?】

変形性ひざ関節症の原因は、実はいまだによく分かっていません。

ただ、一次性には、次のような事が考えられます。

・遺伝

家族に変形性ひざ関節症の方がいると、発症のリスクが高くなるという報告もあるため、遺伝が関係していると考えられます。

・年齢性別

加齢によって、変形性ひざ関節症の患者は増加。

これは、歳とともに、筋力が低下し、膝関節にかかる負担が大きくなることや、長年酷使し続けてきた膝関節の軟骨が磨り減ってきた事が要因として考えられます。

・肥満

膝にかかる負担は、大きく、体重の10倍以上の負担がかかるとも言われています。

そのため、標準よりも体重がオーバーしている場合、その分膝にかかる負担はさらに大きくなり、変形性ひざ関節症のリスクも高まります。

・ライフスタイル

膝を繰り返し酷使する運動選手、重労働者などの場合は、他の人と比べて、変形性ひざ関節症の発症リスクを高めます。

【変形性ひざ関節症の症状は?】

初期の段階では、あまり強い痛みを感じる事はありせんが、症状が進行すると膝関節にさまざまな症状が出現します。

・痛み

軟骨が磨り減ることで、骨が変形し、炎症が発生。

膝関節周辺の筋肉や腱が炎症によって痛くなります。

関節に負担がかかる動作で痛みを感じますが初期の場合では、しばらく安静にすると症状が緩和強います。

ただし、進行すると安静時でも痛く、治まりにくくなります。

その他、骨の変形によって、神経が圧迫されるので、下肢全体に及ぶ痛み、しびれも伴います。

・腫れ

炎症によって関節液が大量に分泌されるため、膝関節が腫れてきます。

・変形

軟骨が磨り減ると骨と骨がぶつかり、摩擦で骨棘という骨の棘を形成。

その結果、外からでも変形が確認できます。

・筋力の低下

痛みによって、次第に体を動かさなくなるため、筋力は低下。

その結果、膝関節周辺の筋肉が硬く、症状はさらに悪化します。

柏市 変形性ひざ関節症の症状なら、ほっと整骨院」にお任せください。


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME