柏市 腰痛整体情報

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 変形性腰椎症

 [記事URL]

高齢者に多く見られる症状の一つに「変形性腰椎症」があります。

ただ、「歳のせいだから」と治療を諦めている方が多いのも事実です。

しかし、対処次第では、痛みやしびれを緩和することもできますので、症状がひどくなる前に正しいケアを取り入れてください。

【変形性腰椎症の原因と症状について】

主な原因は加齢です。

私たち人間の体の動きをスムーズにしている機能の一つに、椎間板というものがあります。

椎間板とは、骨と骨の間に存在し、硬いものがぶつかることで発生するさまざまなトラブルを回避するとともに、動きの円滑化をはかっています。

しかし、水分により弾力性を保っている椎間板は、加齢とともに劣化し、水分が抜けてしまいます。

すると、弾力性が失われ、本来の働きがなくなります。

このような状態が起こると、骨の変形によって、周りの神経や神経根を傷つけたり、働きを阻害することで、あらゆる症状を発症させます。

主な症状は、腰痛や腰のこわばり、痺れなどがあります。

特徴としては、寝返りの際や立ち上がるときに強い痛みが起こります。

また動作の始まりに強い痛みを感じますが、次第に症状が緩和されるのも変形性腰椎症の特徴の一つです。

レントゲンなどの検査で、骨が棘のようになっている事が確認できます。

【変形性腰椎症の治療方法は?】

強い痛みを感じる場合は、お薬で痛みを抑える事もできます。

この場合、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などが一般的です。

その他、痛みがある部分に直接注射を行うことで瞬間的に痛みを取り除く事もできます。

また、コルセットや固定器具を使って、腰部を安定させて、痛みを軽減する方法もあります。

ただし、コルセット等による治療は、変形性腰椎症の症状を軽減するだけであって、治すものではありませんので、注意が必要です。

整体や接骨院の施術によっても痛みを軽減できる場合もありますので、お気軽に相談してください。

軽度の症状の場合は、次のストレッチがおススメです。

1・体幹を安定させる

変形性腰椎症などの腰痛には、体幹を鍛える事が効果的です。

ただし、痛みが強い場合は、無理は禁物です。

仰向けになって、両膝を軽く立てましょう。

足裏をしっかりと床につけたら、両手をおへその部分におきます。

体を伸ばしながら、お腹をへこませます。

10秒キープしたら、今度は、首を持ち上げて10秒キープしましょう。

この動作を繰り返し20回続けます。

2・正しい姿勢を作る

すでに変形性腰椎症がある場合は、正しい姿勢を取り入れて痛みを和らげるストレッチを取り入れましょう。

背中にあてるタオル、クッションなどを準備してください。

仰向けになって、背中にタオルやクッションをはさみいれます。

両膝を立てて、おなかに力を入れながら、両手を左右に大きくのばし、胸を開きます。

10秒キープしたら元の位置に戻り、繰り返し10回続けましょう。

3・ウォーキング

若いうちから適度な運動を取り入れることで変形性腰椎症を予防できます。

中でもおススメなのが、ウォーキングです。

腰に負担をかけず、筋力アップが期待できます。

1日30分から1時間程度、早歩き程度のスピードで毎日楽しく続けるようにしてください。

柏市 変形性腰椎症なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 変形性股関節症

 [記事URL]

変形性股関節症とは、関節への負担で、軟骨が磨り減ったり、ケガなどの影響で骨が変形することで発症する病気をいいます。

【変形性股関節症の原因って?】

変形性股関節症の原因は大きく2つあります。

一つは、原因がはっきりせず、加齢にともなう一次性の場合、もう一つは、何らかの原因で生じる二次性の場合です。

変形性股関節症の8割以上が二次性で、生まれつき股関節の骨が小さい臼蓋形成不全、発育性股間節脱臼、大腿骨頭すべり症、ベルテス病といった子供の病気、骨折や脱臼などの外傷、通風や関節炎などの炎症、などがあります。

軟骨の破壊、および軟骨の変形をきたすことから関節リウマチと間違えられやすい事も特徴です。

症状が進行すると、関節の変形や運動痛、可動域制限等の影響で、歩いたり、立つのが難しくなり、生活の質低下を招きます。

【どれくらいの人が変形性股関節症になっているの?】

現在、多くの方が変形性股間節症の症状に悩まされており、中でも男性に比べて、女性のほうがかかりやすい傾向にあるといわれています。

殆どの場合、先天性股間節脱臼や先天性臼蓋形成不全が原因で、時間をかけて変形性股関節症を発症するケースが多く、先天性股間節脱臼の場合、おしめのやり方が原因となる事もあるようです。

一次性の場合、中高年以上に多く見られ、二次性の場合は、原因がはっきりしないため、幅広い年齢に発症のリスクがあります。

また、高齢者に起こるものを老人性変形性股間節症とよび、高度の肥満でも発症のリスクが高まります。

その他、股間節や腰に極度の負担をかける肥満以外にも運動習慣の無い方の筋力低下も原因の一つとされています。

【変形性股関節症の症状は?】

初期の段階で、長時間歩いたり、立ちっぱなしで痛みが発生します。

また健康な股間節と比べ、変形性股関節症になっている側の股関節の動きが悪くなります。

痛みは足の付け根部分から始まり、お尻、太もも、膝、まで広がりますが数日で徐々に回復します。

進行すると、動作のスタート時に強い痛みを感じ、鼠径部、股関節の外側で特に強い痛みが起こります。

痛みによって体を動かさないでいると、筋肉が徐々に硬くなることから、屈伸運動が難しくなったり、さらに動きが鈍くなります。

またこの時期から足が短くなったような感覚があります。

最終的には、安静時でも痛みが強くなり、寝ているときも痛みで起きてしまうほどの状態になります。

【早く改善するには?】

病院で治療を続けているけど、あまり効果が得られない、痛みが改善できない、という場合は、ぜひ一度整体院等にご相談ください。

レントゲンで変形が見られても、変形自体が痛みに直接関係しているとは限りません。

変形性股関節症の治療では、股間節周辺の固まった筋肉を柔らかくほぐす、さらに、関節をスムーズに動かす際に必要な機能の痛みを取り除く、歪んだ骨盤による股間節への負担を軽減する、体全体のバランスを整えて、負荷を均等にする、という事を考えることも重要です。

整体では、それぞれの体に直接触れ、痛みの原因を特定するとともに、痛みを少しでも軽減できるよう施術を実施します。

さらにこれ以上の進行を防ぎ、日常生活に支障をきたすことがないような体を取り戻す事が期待できます。

また変形性股関節症の症状だけでなく、体全体の歪みを整えることによって、その他の体調不良も改善できるので、お気軽に相談してみてください。

柏市 変形性股関節症なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 椎間板ヘルニア

 [記事URL]

椎間板ヘルニアって知っていますか?

肩こりや腰痛、坐骨神経痛と密接に関係している症状のひとつです。

そのため、なかなか治らない腰痛や肩こり、足のしびれやお尻の痛みなどは、椎間板ヘルニアが原因かもしれません。

今回は、椎間板ヘルニアの原因と主な症状等を紹介します。

【椎間板とは】

人間の上体は、脊椎(背骨)で支えています。

脊椎は、その部位によって名称が異なり、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨と呼ばれる5つの骨で構成されています。

さらに脊椎には、椎体があって、椎体と椎体の間に椎間板というゼリー状の組織がサンドされています。

椎間板をサンドすることで、体は、スムーズな動きを可能にしています。

イメージしてください。

硬い石と石を直接ぶつけるよりも、その間にゼリーを挟むことで、すべりが良くなり、石と石の動きがよくなりますよね。

また硬いもの同士を直接ぶつけると、摩擦などで損傷したり、形が変わったりと大変危険です。

これと同じ事が脊椎でも起こりうる可能性があるのです。

【ヘルニアとは】

続いて「ヘルニア」ってなんだと思いますか?

椎間板ヘルニア以外にもさまざまな「ヘルニア」という病名がありますよね。

例えば、鼠径ヘルニアや食道裂孔ヘルニアなど・・・。

これらの「ヘルニア」とは、体の中のある臓器が正常な位置から「脱出、突出」する状態を意味します。

椎間板ヘルニアの場合は、椎体と椎体の間にサンドされている椎間板(ゼリー状の組織)が飛びし、近くを通る神経を傷つけたり、圧迫することがあります。

【椎間板ヘルニアになるのはなぜ?】

では、なぜ、本来あるべき位置から椎間板が突出、脱出してしまうのでしょうか?

原因は、2つあります。

1・加齢による変形

ゼリー状の組織、椎間板は、骨と骨がぶつかるのを阻止し、スムーズな体の動きをサポートする役割りがあります。

その椎間板は、ゼラチン状の髄核をコラーゲンを含む繊維輪と呼ばれる部分から作られており、優れた弾力性があります。

この弾力性によって、さまざまな負荷による衝撃を和らげてくれます。

しかし、髄核の水分量は、加齢によって年々低下減少します。

そのため、弾力性が失われ、硬くなってくると負荷に耐え切れず、繊維輪に亀裂が入ります。

すると中のゼリー状の髄核が外に脱出し、ヘルニアを引き起こします。

2・遺伝

最近の研究によると遺伝による椎間板ヘルニアもあることが分かっています。

そのため、ご家族に椎間板ヘルニアの症状を抱えている方は、早めに対処する事が重要です。

【症状は?】

椎間板ヘルニアの主な症状は、腰痛としびれです。

脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが発生しているかによって、トラブルが出現する部位は異なります。

少しでもいつもとは違う腰痛、なかなか改善できない腰痛に心当りのある方は、一度詳しい検査を受け、少しでも痛みを緩和できるようにしてください。

また病院の治療経過が思わしくない、手術をしたのに一向に痛みが緩和できない、という場合は、接骨院、整骨院等の施術で症状がかなり緩和されることもあるので、諦めずにお近くの整体院で相談するようにしましょう。

柏市 椎間板ヘルニアなら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 側弯症

 [記事URL]

ここでは、側弯症について紹介します。

【側弯症って何?どんな病気?】

私たちの体は、7つの頚椎、12個の胸椎、そして5つの腰椎で背中の骨が構成されています。

健康な場合、前から見るとまっすぐで、横から見ると背中は、適度にカーブしています。

このカーブによって、あらゆる衝撃を緩やかに受け止め、体を守る事ができます。

しかし、側弯症の場合、そのカーブが前ならみて10度以上曲がっている状態です。

神経や筋肉の病気、外傷や腫瘍など、原因についてはいろいろとありますが、殆どが不明とされる特発性側弯症となります。

また、成人に比べて、成長期のお子様の発症リスクが高く、自覚症状がないことから発見が遅れる事も。

外見で判断できるまでになったら、症状はかなり進行しているので、治療のタイミングを見逃さないためにも、この機会に側弯症について理解しておくようにしましょう。

【側弯症の原因って?】

殆どの場合が、原因不明の「特発性」側弯症です。

原因が分からないため、予防が難しいのが現状。

ただ、機能性側弯症の場合は、外的要因による変形が考えられるので、要因を取り除くことで予防に繋がります。

例えば、不良姿勢を改善する、骨盤の歪みを引き起こす要因を取り除くなどがあります。

不良姿勢や骨盤の矯正については、日常生活の注意喚起と接骨院や整体院等プロのお力を活用することで大幅な予防になるでしょう。

一方、構築性側弯症の場合は、脊椎自体の異常を疑い、詳しい検査を行う必要があります。

症状が進行している場合は、装具を活用して成長期を過す事もありますので、早めに専門病院を受診しましょう。

【側弯症の予防、改善ストレッチ】

成長期のお子様に限らず、どなたでも側弯症になる可能性があるので、簡単にできる予防法などを覚えておくようにしましょう。

最も簡単な方法は、猫ちゃんポーズストレッチです。

猫のようなポーズをとって、四つんばいになりましょう。

おへそを覗き込むように首を下げて、背中を丸めるよう持ち上げます。

10秒キープしたら、今度は、両腕を伸ばし、背中を落としヒップを突き上げます。

猫が背伸びをしているイメージで20秒キープします。

この動作を繰り返し10回続けてください。

特に、デスクワークや長時間の立ち仕事など、筋肉の疲労や血行不良等が気になるライフスタイルにおかれている方におススメです。

この運動で血液の流れを促進し、筋肉の疲労が少しずつ改善できます。

その他、週に2,3回の半身浴、湯につかることもおススメです。

湯につかることで、血行を促進し、疲労回復効果がグッと高まります。

いつもより少しぬるめの湯に30分程度つかるのがおススメです。

シャワーだけでお風呂を済ませている方は、是非、側弯症予防のためにも、湯につかる習慣を取り入れてください。

お風呂の後に効果的なストレッチは、体の重心を右左に交互に変えながら、ゆらゆら動かす運動です。

まっすぐリラックスして立ったら、左足を軽く曲げ、全体の負荷を左におきます。

そのとき右側の筋肉が伸びるのを意識してください。

頭を左に曲げると自然な力が加わります。

左右同じように繰り返し10回ずつ行いましょう。

体が温まっているお風呂上りに行うとより効果的です。

柏市 腰痛症なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 仙腸関節障害

 [記事URL]

仙腸関節障害とは、仙腸関節に何かしらのトラブルが発生する事をいいます。

【仙腸関節ってどこ?】

仙腸関節とは、骨盤の中央にあって、脊椎を刺させる関節の事を言います。

仙骨と腸骨を結合し、その部分にトラブルが発生すると腰痛などの症状が現れます。

仙腸間接は、仙骨の両側にある腸骨をじん帯で強く結んでいます。

この状態が正常に維持される事で、体をしっかりと支える事ができます。

ただし、中腰で重量のある荷物を持ち上げたりする動作で、仙腸関節に強い負荷がかかり、機能障害になることがあります。

仙腸関節障害になると、腰痛以外にも全身の痛み、しびれ、コリなどが発生します。

特に、妊娠出産を経験した女性に多く見られる症状の一つなので、注意が必要です。

【仙腸関節障害の症状は?】

仙腸関節障害になると、仰向けで眠れないほどの痛みを感じます。

また、長時間同じ動作を続けるのが難しく、椅子に座れない、じっとできないなど腰痛を中心とした痛みに悩まされます。

さらに、お尻や足のつけね部分に痛みが広がる場合もあるなど、人によって症状の出方が異なります。

症状を放置すると、慢性的な腰痛から精神的なトラブルに発展することもあるので、早めに改善しましょう。

症状が脊柱管狭窄症やヘルニアと酷似していることもありますので、気になる症状がある場合は、詳しい検査を受けるようにしてください。

【仙腸関節障害の原因は?】

妊娠から出産にかけて、特に腰に負担がかかることから仙腸関節障害になりやすい傾向にあります。

それ以外の原因としては、腰を強打した、強くひねった、不良姿勢が長く続いている、などがあります。

また、仙腸関節障害の発生のきっかけとして、長時間座り続けた後に痛みが出た。

引越しなどで重たい荷物を大量に運んだ、大掃除を長時間続けたなど普段しないような事をした後などに発生します。

以上のように、腰に必要以上に負荷をかけた場合などをきっかけに仙腸関節障害になる事が多々あるので、ライフスタイルなどで気になる場合は、速やかに改善を試みましょう。

【仙腸関節障害の予防ってできるの?】

腰に必要以上に負担をかけたという場合は、その日の疲れを速やかに改善する事が予防の第一歩です。

また、定期的に治療院等でメンテナンスを受けることによって、発症のリスクを軽減することができます。

特に不良姿勢や長時間のデスクワーク、立ち仕事などの場合は、筋肉疲労などから体の歪みを発生さえ、仙腸関節障害になる可能性が高いので、定期的に治療院で筋肉をほぐし、血行不良等を改善するようにしましょう。

すでに仙腸関節に異常がある場合でも、治療院は有効です。

その他の方法としては、適度な運動がおススメです。

この場合、体に負担をかけず、高齢者でも実践できるのがウォーキングです。

だらだらと歩くのではなく、歩幅を大きくとることで、仙腸関節周辺の筋肉等を動かし、スムーズな動きを整える事ができます。

ただし、少しでも異常を感じる場合は、運動を中断し、すぐに治療院等でプロのアドバイスを受けるようにしましょう。

柏市 仙腸関節障害なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 AKA療法

 [記事URL]

AKA療法って知っていますか?

辛い腰痛の症状を抱えている方にとっておススメの療法なので、この機会にAKA療法を知っておくといいでしょう。

【AKA療法とは】

関節運動学的アプローチのことをAKAといいます。

Arthrokinematic Approachの略で、関節運動学に基づき、関節の動き、関節面のすべりや回転など関節運動の異常を治療するのが目的な方法である、と定義されています。

このAKA療法は、関節機能障害の治療で、博田先生によって開発された治療法です。

先生は、1979年頃から関節の働きによる研究開発を行い、その過程において、関節の働きを治療することで、体の痛みが改善できる、軽くなる事を発見。

現在では、日本AKA医学会専門医、指導医として認めた医師のみが的確な治療を行う事ができます。

【AKA療法ってどんな事を行うの?】

具体的には、個々の患者さんの体を詳しく調べ、レントゲンや血液検査の結果等も参考にしながら施術を行います。

施術は、腰、背骨を中心とし、ソフトな施術で行われます。

動かす範囲は、ごくわずかなので、施術中の強い痛み等は、殆ど感じないのが特徴的です。

個々の症状によって、施術にかかる時間も異なりますが、早い人では、半年程度で、確実に腰痛等の症状が落ち着く事もあります。

施術頻度は、半年に1度の受診だけでも驚くほどの効果が期待できます。

【どんな症状にもAKA療法は有効?】

AKA療法は、関節が原因となる痛みを取り除くのが目的なので、関節機能障害等による痛み、しびれ、関節の動きの悪さなどが対象となります。

逆にAKA療法では、まったく効果が得られないのが、内臓疾患や神経系の異常、関節炎や悪性腫瘍等です。

また女性の場合は、女性ホルモンの乱れが著しい生理前後、妊娠中等は避けるようにしましょう。

その他、発熱の場合もあまりおススメできません。

中でも、腰椎椎間板ヘルニア等を抱えている方で、手術が必要と診断された場合など、AKA療法を取り入れることによって、症状が良くなる事もあります。

ただし、すでに病院に通院している場合は、AKA療法を好ましく思わない医師も多いので、事前に相談した上で利用するようにしましょう。

【AKA療法はどこで受けられますか?】

現在AKA療法は、日本AKA医学会が認定する指導医のいる病院で受けられます。

全国どこででも受けることができますので、AKA療法専門のサイトからご確認ください。

ただ、治療費用については、各病院等によって異なります。

さらに、予約等についても事前に行う必要がある病院もありますので、お近くの施設等でご確認ください。

さらに現在、AKA療法を掲げる施設も数多く増えていますが、正規の教育試験等を受けずにAKA療法を実施するところも少なくありません。

その場合、AKA療法の効果を実感できないどころか、症状が悪化したりと患者さんに不利益をもたらす事もありますので、信頼できる施設を見極めるようにしてください。

AKA療法は、正規に学会の試験を合格し、専門医師、指導医師と認定されたものだけができる技術です。

【AKA療法の評判は?】

AKA療法による評判は、賛否あります。

現在、科学的な根拠がないことから、「効果が期待できない」と判断している方が多い事も事実です。

しかし、実際にAKA療法を利用された腰痛で悩む方の殆どが、3ヶ月から半年利用すると、ほぼ痛みが改善された、日常生活になんら支障が無い程度にまで回復したと喜びの声なども多く確認できます。

そのため、ネット等の悪い評判を鵜呑みにするのではなく、実際に体験することでその良し悪しを判断するのが賢明です。

薬の副作用を避けたい、症状の悪化を少しでも軽減したい、手術は回避したい、病院の治療では改善できない、など辛い腰痛の症状で悩んでいる方は、ぜひAKA療法をお試しください。

柏市 腰痛なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 仙骨のゆがみ

 [記事URL]

腰の辺りが痛い、けど腰痛でもなさそう、という場合は、「仙骨のゆがみ」が原因かもしれません。

今回は、「仙骨のゆがみ」と対処法を紹介します。

【仙骨って?】

仙骨とは、骨盤を構成する骨の一つです。

骨盤の中心にあるのが仙骨で、その下には、尾骨、そして左右には腸骨や坐骨、恥骨などがあります。

骨盤は、上半身と下半身のちょうど真ん中にあって、それぞれのバランスを保つとても重要な役割りがあります。

その中でも中心に位置する仙骨は、背骨を安定させるためにとても重要な部分となりいます。

また仙骨には、脳脊髄液を循環させる働きもあるため、自律神経のバランスにも深く関わっています。

腰の痛みに加えて、最近なんとなくイライラする、倦怠感がとれない、原因が分からない体調不良があるという場合も、仙骨のゆがみを疑いましょう。

【仙骨のゆがみってどうやって分かるの?】

仙骨のゆがみをチェックする方法は、次の通りです。

足の裏を鏡にうつすように仰向けになりましょう。

力を抜きリラックスしてください。

このとき、足のつま先はどのような形になっていますか?

つま先の角度が、左右でキレイなV字になれば、仙骨のゆがみはありません。

しかし、片方に崩れれている、V字にならないという場合は、仙骨のゆがみが疑われます。

次に膝を立てて、座ります。

両膝をつけたまま左右いずれかに倒してみます。

倒しにくい、倒すと痛い場合は、いずれかに仙骨がゆがんでいる証拠です。

【仙骨のゆがみによるトラブルは?】

・体全体のゆがみ

体の中心にある骨盤のさらに中心に位置する仙骨が歪むと、体全体のバランスが崩れます。

そのため、頭がい骨のゆがみ、顔のゆがみ、頬のたるみ、左右のパーツの崩れなどが起こります。

頭がい骨のゆがみや顔の歪みは、老化の原因となるので、美を意識する女性にとっては、大きなトラブルの一つになります。

・腰痛、肩こり

仙骨が歪むと背骨をしっかり支えることができないため、腰痛が肩こりがひどくなります。

さらに症状が進むと、背中全体の痛みとなってしまうので、早めに改善するようにしましょう。

・便秘

仙骨が歪むと内臓を圧迫し、血管、リンパの流れを阻害します。

そのため、便秘だけでなく、冷え性や整理不順、更年期障害など女性特有の疾患のリスクも高まります。

【仙骨のゆがみを改善するには?】

もっともベストな方法は、専門知識や技術を持つ整体院、整骨院等の施術をうけることです。

特に、腰痛の症状がひどい方や、早めに効果を実感したい方は、1日でも早く相談するようにしましょう。

仙骨のゆがみを矯正してくれる治療院では、妊婦さんの施術にも対応できるほど、優しく安全な施術が特徴です。

施術中の痛みは殆どありませんので、初めての方でも安心です。

また施術後は、セルフケアの方法、日常生活への指導等もトータル的に行うので、大変人気です。

日常生活でできる事は、仙骨を意識することです。

例えば、片方に負荷がかかるような動作、姿勢をとらないなどの意識も重要。

モノを食べる時は、左右の歯を上手に使う、バックを左右交互に持つ、かけるなどちょっとした工夫が必要です。

その他、適度の運動を行うことで、仙骨を含む骨盤全体を筋肉で支える事ができるので、歪みが起きにくくなります。

上記の方法を参考に仙骨のゆがみができないようにしてください。

柏市 仙骨のゆがみなら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 脊柱管狭窄症

 [記事URL]

脊柱管狭窄症には、大きく分けて3つのタイプがあります。

タイプ別に痛みや対処法も異なりますので、自分の症状がどのタイプなのか、チェックしてみましょう。

【脊柱管狭窄症のタイプ別症状について】

1・神経根タイプ

背骨から腰部、お尻、足に繋がる神経の一番根元(神経根)が圧迫されているのが、神経根タイプの脊柱管狭窄症で、圧迫されている側の足、片方だけがしびれ、痛みを出現させます。

2・馬尾タイプ

脊柱管の中には、脊髄神経が通っています。

脊髄神経は、第一腰椎から何本もに枝分かれしています。

その様がまるで馬の尻尾に似ていることから馬尾神経といわれています。

その神経が脊柱管の狭窄によって圧迫されていることから両足全体にピリピリとした痛み、痺れ、麻痺などが出現します。

この神経は、腸や膀胱の機能にまで影響しているため、症状が進行すると排尿、排便トラブルも起こります。

3・混合タイプ

神経根タイプと馬尾タイプの両方を併せ持つ混合タイプもあります。

【脊柱管狭窄症の主な症状について】

症状は、狭窄が起こる場所によって異なります。

1・頸部脊柱管狭窄の場合

腕から手の指先にかけて、強い痺れ、痛みが現れます。

また腕が重く力が入らないため、思うように家事や仕事ができなくなります。

2・腰部脊柱管狭窄の場合

腰周辺の重だるさ痛み、などで腰痛と勘違いすることもあります。

さらに足全体に広がる痛み、しびれ、間欠跛行など長く歩くと痛いけど、少し休むと再び歩けるといった症状も特徴的。

神経が圧迫されるので、日常生活や仕事に大きな支障をきたすほどの体調不良を発生することもあります。

【どんな人が脊柱管狭窄症になりやすいの?】

脊柱管狭窄症になりやすい方は、

・首や腰に負担がかかる仕事、運動

重い荷物を持つ作業に従事している方、首などに負担のかかるスポーツを長期にわたり行っている方

・首や腰を必要以上にひねる、曲げる動作が多い方

主に、テニス、ラグビー、柔道など。

・不良姿勢、座りっぱなし、長時間の同姿勢

デスクワーク、立ち仕事、長距離運転手など、同じ姿勢を長時間にわたり続ける方。

上記の場合、首や腰周辺の筋肉のこり、疲労から血行不良を発生させ、脊柱管狭窄症になりやすい傾向にあります。

さらに、発症のリスクを高めるのが、加齢による骨、組織の劣化、さらに、不規則な生活習慣、ストレス、飲酒喫煙、甘いものを食べるなどに心当りのある方も、大変危険です。

【治し方は?】

脊柱管狭窄症の症状に少しでも気づいたら、早めに専門病院やお近くの整骨院等に相談するのが一番の方法です。

加齢によるものだ、歳のせいだ、などと放置していると、症状は知らない間に悪化し、取り返しのつかないことになります。

また安静時に両方の足にしびれや痛みがある場合は、すでに症状が悪化していると予想できるので、一刻も早く治療をはじめてください。

必ずしも、手術が必要ということではありませんので、自分にぴったりの治療法を見つめ、早めに辛い症状から脱しましょう。

さらに、毎日のちょっとしたストレッチでも脊柱管狭窄症を予防する事ができます。

おススメの方法は、タオルを使ったトレーニングです。

仰向けになり、右足90度曲げます。

その足にタオルを引っ掛けて、ゆっくりと膝を伸ばし、脚を上げます。

このとき、太ももの裏、背中、お尻などの筋肉が伸びるのを意識してください。

20秒キープしたら元の位置に戻り、左も同じようにします。

左右交互に5回ずつの2セット毎日続けてください。

特に血行不良による筋肉疲労が気になるデスクワークや立ち仕事、長距離運転手の場合は、この方法が断然おススメです。

柏市 脊柱管狭窄症なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 坐骨神経痛

 [記事URL]

坐骨神経痛は、年齢に限らず、多くの方が抱える症状の一つです。

ただの腰痛と思って放置していたのに、なんとなく足までしびれが広がっている、なんて心当りはありませんか?

その症状は、もしかすると坐骨神経痛かもしれません。

早めに対処し、辛い症状を改善しましょう。

【坐骨神経痛とは】

お尻や腰の痛み、しびれなどの症状によって、立っている事も難しいのが、坐骨神経痛の主な症状です。

放置すると、日常生活にも支障をきたす場合もあります。

坐骨神経とは、腰を構成する5つの骨腰椎の第4番目、そして5番目の神経と、仙骨神経の1番目から3番目からはじまって、お尻の筋肉の下のほうを通り、太ももの裏、膝の裏側で2つに分かれている神経をいいます。

体の中で、もっとも太く長い神経なので、この神経にトラブルが発生すると広範囲にわたる辛い痛みが起こるのが特徴的。

また、腰椎の4番目から伸びているため、坐骨神経痛を単なる腰痛だと思い込んでいる方がいるのも仕方ありません。

【坐骨神経痛の主な原因は?】

最も多いのが、腰椎椎間板ヘルニアによるものです。

脊椎と脊椎の間に椎間板というゼリー状の組織があります。

椎間板は、骨と骨がぶつかるのを防ぎ、スムーズな動きをサポートするのに欠かせないクッションの役割りを担っていますが、この椎間板が何かしらのトラブルによって、本来の位置からはみ出してしまうと、その周辺を通る坐骨神経に触れたり、神経の通り道を防いだりして坐骨神経痛を発症させます。

続いて腰部脊柱管狭窄症によるものです。

文字通り、腰部の脊柱管が狭くなることで、中にある神経を圧迫するのが原因です。

脊柱管が狭くなるので、不良姿勢、筋肉の衰え、などが原因とされています。

【坐骨神経痛の主な症状は?】

原因が異なるように、症状もまったく違います。

腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合は、腰からお尻、足にかけて広範囲の痛みが特徴的。

特に足に力が入らないため、歩行時のトラブルが目立ちます。

腰部脊柱管狭窄症の場合は、安静時は、特別大きな痛みはありませんが、歩き出すとお尻や太もも、足先に強い痺れ、痛みが現れます。

中には、知覚障害、膀胱のトラブルなどが併発することもあります。

【あなたの症状は大丈夫?】

自分の症状が坐骨神経通によるものか、それとも単なる腰痛なのか今すぐチェックしてみましょう。

例えば、坐骨神経痛の場合は、通常の腰痛とは違い、足全体にも痛みが広がります。

そして、しびれやチリチリとした焼けるような痛みを感じる事もあります。

その他にも、足が火照っている、逆に冷えている、足全体がむくんでいる、足に力が入らない、触れると感覚が鈍いような気がする、歩くと痛いけど少し休むとまた歩ける、トイレで違和感がある、頻尿や失禁が気になる、などに該当する場合は、坐骨神経痛を疑いましょう。

【坐骨神経痛って治る?】

早期に対処することで、症状の悪化を防ぎ、上手に付き合う事もできます。

何よりも早めに対処することで、あの辛い症状を和らげることができるのが、一番嬉しいことですよね。

逆に、症状を放置することで、治療に時間がかかったり、場合によっては、手術を検討することもあるので、注意が必要です。

ここでは、初期の段階におススメの坐骨神経痛に効果的なツボを紹介します。

お尻と足の付け根の部分に「坐骨点(ざこつてん)」というツボがあります。

さわると、骨の出っ張りを感じるはずです。

この部分を握ったこぶしでぐりぐり刺激しましょう。

テニスボールやゴルフボールの上にすわり、お尻をぐりぐり動かすだけでも効果的ですよ。

それでも改善が期待できない場合は、早めにお近くの整体院等で相談してください。

柏市 坐骨神経痛なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 骨盤矯正

 [記事URL]

骨盤矯正は、いまや美容やダイエットには、欠かせない方法ですよね。

しかし、まだ一度も経験したことがない、という方もいると思うので、改めて骨盤矯正について紹介します。

【骨盤矯正って?】

芸能人のブログ等SNSでもよく話題になるほど欠かせない美容法が骨盤矯正です。

特に、出産後の体型を維持するためにと取り入れているモデルさんやママタレさんはすごく多いですよね。

出産後わずかな期間で見事なプロポーションで公の場に登場する女優さんの殆どが、骨盤矯正を行っているといわれています。

また美しいスタイルを維持するためだけでなく、産後の腰痛対策や産後うつなどのトラブル対策としてもなくてはならない方法です。

骨盤矯正とは、妊娠から出産にかけて歪んだ骨盤を元の状態に整える施術を言います。

また妊娠や出産以外にも、骨盤は大きくゆがみます。

例えば、不良姿勢や何気なく行っている行動等でも少しずつ歪んでしまうので、次のような症状に心当たりのある方は、骨盤矯正を検討してください。

【こんな方は骨盤矯正が必要かも!】

・運動をしているのになかなか痩せられない

・腰が痛い

・肩こりがひどい

・生理痛がひどい

・左右の肩の高さが違い

・目や口など左右でパーツの位置が違う

・更年期障害がひどい

・なんとなくイライラする

・ウエスト周りが太っている

・お腹がポッコリしている

・お尻だけが左右に広がっている

・下半身が太い

・むくみやすい

・便秘

・冷え性

以上で該当する項目が多いほど骨盤が歪んでいる可能性が高いと思われます。

さらに、詳しく確認する方法としては、目を閉じて、その場で足踏みしてください。

50数えて、最初の位置から大きく位置がずれている場合は、骨盤が歪んでいる証拠です。

【骨盤矯正の方法は?】

確かな効果を実感するには、整体師などプロの施術を受けることが必要です。

数回程度の施術で、大きく歪んだ骨盤を元の位置に戻し、さまざまな不調を取り除く事が期待できます。

しかし、すぐに整体院を利用する事ができない場合や、整体師の施術効果を長く持続させたい場合などは、自宅でもできるセルフケアの方法を覚えておくといいでしょう。

簡単なやり方をいくつか紹介します。

1.ヒップ歩き

足をまっすぐ前に伸ばし、床に座ります。

手を胸の前でクロスして、お尻の筋肉だけで前進します。

足の力を使わず、骨盤の動きを意識しながらゆっくり前に30歩進みます。

今度は、バックしましょう。

前と後ろの30歩ずつの2セット行ってください。

2・ゆらゆら運動

仰向けになり、膝を90度に曲げます。

両膝をつけたままつま先を持ち上げます。

そのまま上体を動かさないように、足だけを左にゆっくり倒します。

3秒キープしたら、今度は右にゆっくり倒します。

左右にゆらゆらと繰り返し10回の2セット行いましょう。

3・就寝前の1セット

仰向けになり左右のつま先をハの字にくっつけます。

両手で体を支えて、ゆっくりとつま先を床から10センチほど持ち上げます。

この状態で20秒キープします。

ゆっくりと元の位置に戻し繰り返し10回行います。

深く息を吸い呼吸を整えたら、終了です。

以上の骨盤矯正を毎日続けることで腰痛だけでなく、ダイエット効果やその他さまざまな美容効果が実感できます。

柏市 骨盤矯正なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 腰痛 名医

 [記事URL]

多くの方が悩まされている腰痛。

程度の差はあれど、腰痛は、日常生活や仕事にも支障をきたすほどの不調の原因にもなる大変厄介な症状の一つです。

そのため、少しでも症状を治したい、という思いから、あらゆる病院を受診したり、ストレッチなどを取り入れている方も少なくありません。

しかし、どんな治療を受けても、改善できない腰痛の症状に悩んでいる場合は、腰痛 名医などを調べてみてはどうでしょうか。

【病院等の診断にも限界がある?】

辛い腰痛の症状を抱えているのに、病院の検査でもあまり異常がなく、シップとお薬だけの処方で終わってしまった。

という方も珍しくありません。

自覚症状があって、辛い症状に本気で悩んでいるのに、異常がないなんて診断されたら少しショックですよね。

しかし、残念ながらレントゲンや血液検査などの検査を受けても病院では、数値や画像等で判断してしまうので、はっきりとした異常がなければ、それ以上治療のしようがないのが現状なんです。

特にぎっくり腰や慢性的な腰痛等については、病院ではほとんどの場合「異常がありません」と診断せざる得ないのです。

その場合は、腰痛 名医と呼ばれる医師や腰痛を専門としている病院を探し、さらに詳しく調べるほか仕方ありません。

【効果的に治療してくれる施設はないの?】

現在腰痛 名医として注目されている療法があります。

それは、AKA療法とよばれている治療法で、日本関節運動学的アプローチ医学会というところが認定する医師や認定医師の行う施術の事を言います。

この療法によって、椎間板ヘルニアの手術が必要と診断された方も、症状が驚くほど改善した、という症例もあるなど大変注目されています。

この治療法は、博田先生が開発したもので、あらゆる試行錯誤を繰り返し、およそ20年の歳月を経てようやく誕生した治療技術です。

しかし、この療法を行う技術の修得はとても難しく、簡単ではありません。

また腰痛に対する正しい診断と適切な技術に基づいて治療をしなければ、症状が悪化するリスクも高いのも事実です。

そのような事からも現在AKA治医学会専門の医師として認定されている方を腰痛 名医として高く評価されています。

全国各地に腰痛 名医と呼ばれるAKA認定医が在籍している施設がありますので、気軽に相談してみるといいでしょう。

【腰痛 名医と呼ばれるAKA治療の特徴は?】

何よりも、お薬などに頼る事はないので、副作用等の心配がありません。

その他、手術などをすることもないので、体を切ることに対する不安等も回避できます。

治療時間は、およそ5分前後の短い時間内で終了するため、ストレスを感じる事も無いのが人気の理由です。

施術時間、頻度等によっては、個人差がありますが、1回の治療だけで驚くほどの改善効果を得ている方も少なくありません。

また半年に1回程度のペースで治療をうけることによって、改善する場合や月1回の3回程度の通院で完治することもできます。

ただし、症状によって、施術の回数や頻度等は、異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

さらに、体調によっては、治療を受けられない可能性も高いので、利用する前に詳しく確認してください。

さまざまな治療法や腰痛 名医と言われる病院に通ったけど、思うように改善しない辛い腰痛の症状に悩んでいる方は、ぜひ近年注目のAKA治療をご利用ください。

柏市 腰痛 なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


柏市 腰痛

 [記事URL]

一口に腰痛といっても原因は、人それぞれです。

ここでは、腰痛の原因と対処法、その他、腰痛を招く疾患などを紹介します。

【腰痛の原因について】

腰痛を少しでも和らげようとストレッチやマッサージ、シップを貼ったり、コルセットで固定するなどさまざまな方法を取り入れることが多いと思います。

しかし腰痛の原因によっては、マッサージによって痛みが増幅したり、冷シップで症状が悪化する事もあるので、大変危険です。

そこで、腰痛の原因やそれに対する正しい対処法を覚えておくようにしましょう。

腰痛の主な原因は以下の通りです。

1・筋肉の疲労

長時間の立ち仕事、デスクーワークや長距離運転など、同じ姿勢を長時間続けた場合に起こりやすいのが、筋肉の疲労が原因となる腰痛です。

同じ姿勢を続けることによって、背中周辺にある筋肉が凝り固まり、それによって血液の流れが悪化するのが原因です。

筋肉の疲労が原因となる腰痛予防には、長時間同じ姿勢を続けない工夫が必要です。

例えば、デスクワークの場合は、1時間に1回は、椅子から立ち上がり、背伸びをしたりするだけでも効果的です。

長距離運転手などは、1時間毎に休憩をとって、体を伸ばすなどのストレッチを行いましょう。

立ち仕事の場合も同様に、足を動かす、屈伸運動をする、だけでも筋肉のこりをほぐし、血行促進が期待できます。

2・筋力の低下

上体を支える腹筋、背筋の筋力低下も腰痛の原因となります。

腰は、小さな5つの骨で構成されており、腹筋や背筋の力によって、正常な位置で機能しています。

そのため、腹筋や背筋が弱ってしまうとそれぞれの骨が本来の位置からズレ上半身の負荷を上手に受け止める事ができないのが腰痛の主な原因です。

筋力の低下は、運動不足、不良姿勢、加齢等が原因となりますので、適度に運動を取り入れたり、正しい姿勢を意識するなど日常生活の見直しが必要不可欠です。

さらに、不良姿勢が長く続くと、体全体の歪みとなり、セルフケアでは、どうにもならない事もありますのでお近くの整体院に相談し、プロの力で体の歪みを矯正する事もおススメです。

3・ストレス

腰痛とストレスは、まったく無関係のようにもおもわれがちですが、実は、非特異的腰痛のおよそ85%以上がストレスが原因となっています。

ストレス状態に長くされされると、ドーパミンやオピオイドという物質の脳内分泌が低下します。

これらの物質は、痛みを抑制する作用に優れているため、分泌が低下すると些細な痛みに敏感に反応します。

そのため、必要以上に腰痛に敏感になってしまうのです。

またストレスに加え、体に歪みがあると自律神経の乱れを引き起こし、さらに症状は悪化するので、早めに体の歪みを矯正するようにしましょう。

4・睡眠不足

人間の体は、寝ている間に、傷ついた細胞を修復し、新しく強い体を作ります。

そのため、睡眠不足や不規則な生活習慣が続くと、筋肉やその他の組織の健康を維持する事が難しく、当然腰痛も発生します。

さらに、寝不足は、自律神経のバランスも大きく崩すため、ストレスによる腰痛なども引き起こしやすく、症状が悪化する危険性も高くなります。

仕事などで早めに眠る事は難しい現代社会ですが、できる限り規則正しい生活習慣を整え、質の高い睡眠を確保できるよう心がけましょう。

柏市 腰痛なら、「ほっと整体院・整骨院」にお任せください。


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME