ブログ記事一覧

【完全予約制】Tel:04-7197-1235

柏市 ドゥケルバン病の治療

2017-10-26 [記事URL]

手首の腱鞘と腱に炎症が発生した状態がドゥケルバン

手首の母指側にある腱鞘とそこを通る腱に炎症が発生した状態がドゥケルバン病です。
発症すると腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなりますし、母指を広げたり動かしたりすると手首の母指側に強い疼痛が走ります。
主な原因として考えられることは、手を使いすぎるスポーツや指を良く使う仕事をする人に多い特徴があるので手の使いすぎです。
また、妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じるので、ホルモンバランスの乱れも関係していると言えます。

このドゥケルバン病の治療は、症状・進行状況・痛みなどによって、自然治癒力による保存治療、湿布・薬の服用・注射による薬物治療、手術による根治治療の3つがあります。
保存治療ですが、いくら自然治癒力によると言っても、何もしないで放置するわけではなくて、安静治療・冷感治療・温感治療・マッサージ・テーピングなどをします。
まず一番の治療となるのが安静で、手首の痛みを感じる時には刺激を与えずに動かさないことが最も大切です。
また、腫れている・熱があるといった場合には患部を冷やしますし、腫れや熱が引いたら温めることで血行を改善します。
それから正しい方法でのマッサージ治療を実施することは大変有効な治療法になるので、整形外科や整体院・整骨院での正しいプログラムを理解して実施すると良いです。
適切なテーピングも治療の基本となります。

薬物治療は、軽度から中程度の症状で手術までは決心できない方に適した治療です。
湿布には冷感と温感の2種類があって、冷感治療・温感治療と同様に痛みや症状によって使い分ける必要があります。
先にも触れましたが腫れている・熱を持っている場合は冷感湿布を使用して、それ以外では温感湿布で患部を温めることが良い治療となります。
薬剤の服用ですが一時的に手首の痛みを軽減する消炎鎮痛剤くらいしかなくて、効果がある治療薬は現段階ではありません。
注射による治療ですが、患部に直接ステロイド注射を打つことで症状が劇的に改善すると言われていますが、効果は数日から数週間で注射により完全治癒することは難しいです。

ドゥケルバン病は、先に紹介した保存治療や薬物治療で回復することが多いので、手術による治療は最終手段と考えておくべきです。
ただ保存療法や薬物治療でも痛みが改善されないとか、日常生活や仕事に支障をきたす場合には手術による治療を検討しなくてはならないです。
現在の手術方法としては、腱鞘切開手術と内視鏡手術の2つで、腱鞘の切開及び靭帯性腱鞘の一部切除を行います。
術後100%の日常生活に復帰できるのには、個人差もありますが約3~6ヶ月程度必要で、術後の腫れや痛みで辛い思いをするケースも稀にあります。
手術自体は比較的簡単なので失敗する危険性はほとんどゼロに近いですが、執刀医の技量によって治療効果には大きな差が生じてしまいます。
また、どんなに簡単な手術であってもリスクのない手術はないので、その点を理解した上で手術を受ける必要もあります。

 

柏市 ドゥケルバン病の治療なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


今日は青空、秋晴れ!

2017-10-26 [記事URL]

皆さんこんにちは。

柏市重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

柏は、昨日は一日しとしと雨が降っていて気温も上がりませんでした。

今日は朝から青空が広がり、久しぶりの秋晴れです。

ようやく日差しが見れた!

台風一過後の火曜日も薄日は指すものの雲が多かったし、

昨日は雨だし、台風前はずっと雨でしたし。

今年はずっと天候不順ですね。雨ばかりで梅雨のように肌寒い8月.

9月に入ってもぐずついたお天気続き。

10月も半分以上雨でした。

今週末には次の台風がやってくるようです。

いい天気が続かないなあ。

腰痛で来院していて、ほとんどよくなってきたOさん。

今いらしたときはロボットのように体が固まっていて、

「どうしたんですか?」と先生と二人でびっくりしてしまいました。

今度は首を痛めてしまったそうです。

台風が来る前にいつもは使わない木の大きな雨戸を閉める作業をしたり、

台風後の片づけをしたりして

手や腕、背中の筋肉に負担がかかりすぎてしまったのでしょう。

思いがけない動きで身体を痛めてしまうことがあります。

このところ気温も低かった影響もあると思います。

今週末も低気圧、台風が通過しそうですし、

くれぐれも無理をしないように気を付けてくださいね。

今日もお体健やかにお過ごしください。

良い一日となりますように。

 

 

 

 


柏市 オーバーユース症候群

2017-10-21 [記事URL]

アキレス腱の炎症にはアキレス腱炎など様々なものがある

一口にアキレス腱の炎症といっても、大きく分けてアキレス腱付着部炎・アキレス腱周囲炎・アキレス腱炎の3つがあります。
1つ目のアキレス腱付着部炎は、ふくらはぎの筋肉が硬くなることで、踵とアキレス腱の付着部が痛み炎症を引き起こしてしまうものです。
特に、朝の寝起き・走り始め・練習後に痛むことが多くて、酷くなってしまうとアキレス腱が太く変形してしまいます。
2つ目のアキレス腱周囲炎は、アキレス腱の下を通る様々な筋肉や腱が擦れ合って炎症を起こし痛みを感じものです。
3つ目のアキレス腱炎は、アキレス腱自体に痛みが生じるもので、腓腹筋とヒラメ筋が固まりすぎることで、アキレス腱にかかる負荷が強まって炎症や痛みを起こしてしまうのです。

アキレス腱に異常が起きた状態のアキレス腱炎は、ランニング・サッカー・テニスなど走ることが多いスポーツに多く発症します。
アキレス腱は、腓腹筋とヒラメ筋の合同の腱で、非常に負荷がかかりやすい構造になっているため、アキレス腱に負荷がかかると発症してしまうのです。
その為、一般的に使いすぎ症候群やオーバーユース症候群と言われていますが、負荷に応じて痛みが出やすくてスポーツした時にのみ痛みが生じるので、通常は日常生活に支障がない場合が多いです。
しかし慢性化もしやすいですし、アキレス腱が変形するケースもあるので注意が必要です。
また、アキレス腱まわりの痛み・熱感・腫れが起こりますし、痛みが酷くなると歩行障害など生活動作に支障が発生してしまう可能性もあるので、安易に考えない方が良いです。

アキレス腱に何らかの違和感がある場合には、アキレス腱やかかとを揉んで他の部分より触れた感覚が鋭い時には発症を疑ってみる必要があります。
また、アキレス腱と踵の付着している部分に腫れが見られたり、運動した直後や起床時の一歩目で痛みを感じたりする場合も発症している可能性が高いです。
もし発症している場合には、患部に触らない・痛みが出るような動作は極力避けることが大切で、ランニングや自転車など膝関節を反復運動させる運動はできる限り避けて安静にすることです。
そして、早い段階で病院を受診して適切な対処をするように心がけることです。

また病院での治療以外に整体院や整骨院での治療もおすすめで、治療院では原因となる下腿三頭筋を正常化して、アキレス腱にかかるストレスを軽減してくれます。
それから発症により傾いた体の軸を調整して、アキレス腱への負荷を軽くして回復を促すと共に再発を防ぎます。
このようにアキレス腱の問題だけではなくて、体の筋肉のクセと重心のバランスも治療してくれるので根本的な改善も期待できます。
アキレス腱のトラブルは複数の観点から治療する必要があるので、病院での治療だけではなくて整体院や整骨院での治療も検討してみると良いです。
また、病院と治療院を併用して治療することを、考えてみるのもひとつの選択肢として考えられます。

 

柏市 オーバーユース症候群なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


開脚ベターに挑戦しませんか?

2017-10-20 [記事URL]

皆さんこんにちは。

柏市重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

雨の金曜日、皆さんいかがお過ごしですか?

60年ぶりの低い気温だそうで、

今年は記録的な天候不順年なんだなと思います。

春がなくなったなあ、と思っていたら秋もなくなったのか、とがっかり。

 

雨続きで運動不足にならないように気をつけましょう。

特に気温が下がると体が硬くなります。

筋トレ・柔軟じゃなくても、足踏みだって立派な運動です。

動くことは重要です。

 

さて、当院で行っているトレーニングの一つに

開脚メゾットがあります。

腰痛の方は皆さん骨盤を立てた状態ができないんですね。

この開脚メゾットをすることで骨盤を立てる状態を作ることができ、

腰痛を起こさない身体になっていきます。

今日来ていただいたMさん。

すべり症と診断され、腰の痛みと足のしびれに悩まれて来院されました。

週に一回の施術を続けられ痛みは改善、体重も落とし、

あとは予防!ということで開脚メゾットを現在されています。

始めは90度くらいの開脚がどんどん開くようになり、

骨盤が立つようになり、身体も前に伸びるようになりました。

この開脚メゾットもすごいんですが、

きちんと通って続けているMさんがすごい!

 

腰痛に悩んでいる方にお勧めの開脚メゾット!

興味を持たれた方はお電話のお問合せ、大歓迎です。

どうぞお電話ください。

 

今日もお体健やかにお過ごしください。

良い一日となりますように。

 

 


筋トレのすすめ(バックブリッジ)

2017-10-19 [記事URL]

皆さんこんにちは。

柏市重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

昨日だけ いいお天気で、今日からまた雨模様。

気温も12月中旬の12℃が最高気温だそうで、

今年は8月も9月も雨ばかりだったのに、10月もか!!と怒りたいような気分。

こんな鬱々とした気分も吹き飛ばす筋トレ、今日も取り組みます。

 

今日の筋トレは<バックブリッジ>です。

この運動は骨盤を持ち上げ、背中の筋肉を鍛える運動です。

大臀筋と脊柱起立筋を鍛えます。

 

まず、仰向けに寝て脚を骨盤に幅に開いて膝を立てます。

腕は体の横に軽く開いておきます。

ドローインを意識して息をゆっくり吐きながらお尻を浮かせていきます。

背中からお尻までまっすぐな板みたいにぴんと伸ばします。

腰が反りすぎたり、下がりすぎないように気をつけます。

3秒かけてお尻を上げていき、3秒かけて下ろします。

5回で1セット、3セットを目安に行いましょう。

 

雨で、家で過ごす時間が長くなると体を動かさなくなります。

寒くなると体を縮めてしまいます。

少し体を動かして、筋トレをしていきましょうね。

今日もお体健やかにお過ごしください。

今日も良い一日となりますように。


冬のような寒さ、冷たい雨。体を冷やさない対策を!

2017-10-17 [記事URL]

皆さんこんにちは。

柏市重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

関東は先週から雨続き。昨日・今日と12月中旬の陽気です。

少し前まで暑かったのが嘘のよう。

寒暖差が激しいので、体調を崩している方が多いようです。

出来るだけ体を冷やさないように、暖かくしてお過ごしください。

 

こんな時に皆さんにご利用いただくのが、

「あったか姫」という機器です。

これは、機器の中にお湯が循環していて、

お腹と足元をじんわりと温めてくれます。

濡れない足湯に入っているような感じです。

電気の熱ではなくお湯の熱で体を温めるので、

ポカポカが長く継続します。

寒い季節は大活躍ですが、

冷え性を気にしている方は夏の間も入っていらっしゃいます。

 

身体を冷やさない事、基礎体温を高く保つことは

お体の痛みを出さないためにも重要です。

特に女性は男性よりも脂肪が多く、それだけでも冷えやすい。

そして筋肉量が低下すると、ますます発熱量が少なくなってしまいます。

「冷やさない」の次のステップは「筋力アップ」です。

外から温めるだけでなく、自分で自分を温められるような身体作りも重要です。

 

今日もお体健やかにお過ごしください。

良い一日となりますように。

 


時間がたってしまった怪我の、ぶり返した痛みは消えるのか?

2017-10-13 [記事URL]

皆さんこんにちは。柏市重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

予報通り雨。予報は一週間降ったりやんだりの雨ということで、

夏に続き雨ばかりの関東です。雨も必要ですが、雨続きは気持ちが落ちます。

部屋干しの洗濯物を考えただけでも、気持ちが萎えます。

せめて2~3日で晴れてほしい。

 

当院にいらしている70代の女性の患者さん。

3年前に手首を骨折して手術されたそうです。

手術後から腕・指の痺れがあり、1年半前からは痛みも伴うようになって

常に痛み止めを飲んで生活されていたそうです。

大きい病院をいくつも周り、レントゲンもMRIも撮っても問題なく、

どこに行っても治らないと半ばあきらめていたそうです。

当院では筋膜リリース「ファズブレード」の施術を行いました。

一回目の施術の後、手首の可動域がぐっと広がり、動くようになりました。

施術後は痛みが出たようです。

2回目、3回目と施術をすると、しびれが軽減し、手首が良く動くようになり、

夜中に目が覚め眠れなかったという痛みの症状もほぼ無くなりました。

 

以前の怪我による不快な症状は、ダメだろうとあきらめている方が多いです。

病院に行っても「仕方がない」という対応ですし、痛み止めのお薬や注射以外の処置はありません。

でも、あきらめる前に「ファズブレード」を試してみる価値はあります。

2年も前の足首の捻挫から膝の痛みを発症した女性の方も

この施術で足首・膝ともに良くなった症例があります。

少しでも改善出来たら、生活の質はぐんと向上します。

時間がたってしまったお怪我もあきらめないでください。

ぶり返してしまった痛みもあきらめないでください。

 

今日も良い一日となりますように。

お体健やかにお過ごしください。

 

 


ぎっくり腰、なってから治す?なる前に予防する?

2017-10-12 [記事URL]

皆さんこんにちは。

柏市の重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

今日までお天気が良い予報の柏市です。

明日以降はまとまった雨が続くようなので

今日の晴れを有効活用したいですね。

 

患者さんと先生の会話

患「知り合いで、年に2回ぐらいぎっくり腰をする人がいるんですが、そんな人も治りますか?」

榎「そういう方は常に状態が良くないんですね。ケアを月一回していくだけで

ぎっくり腰は予防できますよ。」

患「紹介するよって言ってるんですが、ぎっくり腰になったら来たいそうなんです。」

 

そんな会話を聞いていて、

患者さんの中で接骨院や整骨院は痛いときや怪我をしたときに来る場所というイメージがまだまだ強いんだなと感じました。

痛くなって、痛い状態から体を良くしていくのは大変です。

ぎっくり腰の状態や種類によって治るまでの期間は変わってきますが、

人によっては2週間から1か月も痛みが長引く方もいらっしゃいます。

そして、ぎっくり腰は痛くて辛くて、生活に支障が出て不便ですよね。

そうなる前の簡単なケアでならなくて済むのなら予防的措置を取るべきです。

 

最近の子どもは虫歯が少ないそうです。虫歯にならない予防やケアが浸透しているのでしょう。

虫歯になって治療するよりも、定期的に歯のお手入れをすることが重要ですね。

ケアに歯医者さんに通うことが当たり前になってきました。

 

整骨院に通うこともそれと同様で、ひどくなるのを待っていないで

常に身体のコンディションを最良に保つことを考えるべきではないかと思います。

ケアなので当然自費診療ですが、自分の身体のためです。

 

私は、自分の身体のお手入れが悪くて肩こり・腰痛を引き起こしているのに

整形に行って保険で診療はどうなのかなと思います。

保険診療は自分で出す金額が少ないですが、

残りの金額はみんなで出し合った保険料から払われています。

整骨院は肩こり・慢性痛は保険対象外です。

でもぎっくり腰や寝違えなど急性の症状は保険対象です。

当院でも保険診療いたします。

でも、一番大事なことはぎっくり腰にならないような予防です。

疲労がたまっている筋肉を緩め、骨格を調整し、

必要に応じて筋トレや生活を見直す宿題をしてもらえば、

体は快調で不安なく生活していけますよ!

 

これから寒くなるとぎっくり腰の方が増えてきます。

なってから治すか、なる前に予防するか。

なる前に予防したい方、大歓迎です。

どうぞお電話でご予約ください。

 

今日もお体健やかにお過ごしください。

良い一日となりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 


柏市 上腕骨外側上顆が炎症

2017-10-11 [記事URL]

上腕骨外側上顆が炎症を起こすテニス肘

テニスで肘が痛む場所は外側・内側・肘頭(肘の先)の3ヵ所です。
テニスのラケットの振り方にはフォアハンドとバックハンドがあって、フォアハンドは肘の内側に負担をかけますし、バックハンドは肘の外側へ負担をかけます。
実はテニスで肘を痛めるケースでは、フォアハンドよりもバックハンドの方が圧倒的に多くて、そのため肘の外側(上腕骨外側上顆)の痛みのことをテニス肘と呼ぶのです。
つまり、上腕骨外側上顆が炎症を起こすことで痛くなる症状と言えます。

では、どのような原因によって炎症を起こしてしまうのかというと、手首を使い過ぎているからで、手首を使い過ぎると肘に負担がかかってしまうからです。
肘の外側には、長橈側手根伸筋・短橈側手根伸筋・指伸筋・小指伸筋・尺側手根伸筋など、たくさんの筋肉がくっついていて、これらの筋肉はまとめて伸筋群と呼びます。
手を開いたり手首をクイッと反らしたりするような動きをする時に使用する筋肉で、特に手首を反らす動作がポイントになります。
この手首を反らす動作は伸筋群を結構使うため、それにより伸筋群が疲労してその負担が肘の外側にかかってくるのです。

手首を反らすような動作は日常生活で頻繁にやってないし、テニスもしていないので発症することはないと考えてしまう方もいます。
しかし日常で手首を反らすような動きはあふれている動作で、字を書く・PCを操作する・洗い物をする・草を抜く・鍋を振る・洗濯物を干すなどたくさんあるのです。
その為、仕事や家事が忙しい人も発症する可能性がありますし、実際テニスをしていなくてもテニス肘で悩んでいる人が少なくありません。

テニス肘になってしまったらどうすれば良いのかというと、治し方には保存療法・アイシング・ストレッチ・痛み止めの注射などが主なものとしてあります。
まず、できる限り肘に痛みが出ないように生活することが一番大事なことで、その為には腕をなるべく使わないといった保存療法が大切です。
痛みが生じてしまう動きは肘にダメージを与えていることなので、そのような時は安静にして体の回復を高めてあげることを心がけると良いです。
炎症で肘に熱を感じるような場合には、患部を氷などで冷やすアイシングをするのが一番で、10~15分を目安に1日3~5回程度やると効果的です。
ただ注意が必要なことは、冷湿布はアイシングとしての効果がないことを理解しておくことです。

手首を反らして手首を酷使すると腕の筋肉が硬くなって、肘に負担をかけて発症する原因になるので、硬くなった筋肉をストレッチで伸ばしてやると良くなります。
病院で痛み止めの注射をしてもらうことも対処方法として考えられますし、鎮痛剤や湿布を処方してもらうことも悪くはありません。
ただ根本原因となる腕の筋肉は放置されているため根本的な解決にならない可能性が高いので、痛み止めの注射などはあくまでも対処療法と理解しておくことが大事です。
ただ発症しないことが最も大事なので、手首を使い過ぎないように工夫することは、治療につながる最善策とも言えます。

 

柏市 上腕骨外側上顆が炎症なら、「ほっと整骨院」にお任せください。


まるで夏のような暑さ!

2017-10-10 [記事URL]

皆さんこんにちは。

重症腰痛専門院、ほっと整体院・整骨院のあそです。

土曜日の雨が止んでから、気温がぐんぐん上がりましたね。

昨日も暑かったけれど、今日はさらに暑い!30度に届くかなという気温。

日差しも眩しく、夏が戻ってきたみたい。

寒いよりは暖かいほうが身体が楽ですよね。

つかの間の「夏のような日」を楽しみたい気分です。

 

金曜日からは天気が崩れ、雨になるようです。

気温もぐっと下がり、最高気温が20度に届かないそうです。

暑いからと言って体を冷やさないように気をつけましょうね。

 

皆さん、筋トレしてますか?

榎本先生は身体を鍛え始めました。

当院でもマンツーマントレーニングや、

アスリートの方のための「アスリートボディプログラム」もあります。

私(あそ)も筋肉を増やしたくて筋トレ始めました。

今後も筋トレメニューの紹介をしていきますね。

 

今日もお体健やかにお過ごしください。

良い一日となりますように。

 

 

 


初めてお越しいただくあなた様への特別なキャンペーンのご案内

特別なキャンペーンはこちら

「ほっと整体院・整骨院」では、初めてお越しいただくお客様への「特別なキャンペーン」をご用意しております。

ホームページ特典

GL整体は体の姿勢や筋肉の張りなどからお体を整えていく整体施術です。
特に重症腰痛の方にお勧めしています。

お申し込みはこちら

電話・メール・LINEでのお問合せ

「ほっと整体院・整骨院」は完全予約制となっておりますので、事前のご予約をお願い致します。

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

LINEでの予約・お問合せ

柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体「ほっと整体院・整骨院」の詳細情報

住所 〒277-0861 千葉県柏市高田601-3
電話番号 04-7197-1235 (完全予約制)
FAX番号 04-7197-1236
営業時間 9:00~12:30 15:00~19:30
定休日 日曜・祝祭日
駐車場 駐車場5台分完備

PAGE TOP



柏市の腰痛・ヘルニア・しびれの整体なら
「ほっと整体院・整骨院」

住所:〒277-0861
千葉県柏市高田601-3

04-7197-1235




MENU

MAIL

TEL
HOME